クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 軽自動車から高級ミニバンまで! ウェッズの「レオニス」「ノヴァリス」ブランドの最新作がエモい理由とは〈PR〉
CUSTOM
share:

軽自動車から高級ミニバンまで! ウェッズの「レオニス」「ノヴァリス」ブランドの最新作がエモい理由とは〈PR〉

投稿日:

TEXT: AMW  PHOTO: weds

  • ノヴァリス「アセットD1」ガンメタ/リムポリッシュ
  • ノヴァリス「アセットD1」ブラック/リムポリッシュ
  • ノヴァリス「アセットD1」ブラック/ゴールドピアス
  • 足元にドッシリとした雰囲気を与えるディッシュデザインだから、エレガントな高価格帯のセダンやミニバンにベストマッチ。現行アルファード&ヴェルファイアやハイエース、軽自動車にもジャストなサイズも用意している
  • 足元にドッシリとした雰囲気を与えるディッシュデザインだから、エレガントな高価格帯のセダンやミニバンにベストマッチ。現行アルファード&ヴェルファイアやハイエース、軽自動車にもジャストなサイズも用意している
  • 足元にドッシリとした雰囲気を与えるディッシュデザインだから、エレガントな高価格帯のセダンやミニバンにベストマッチ。現行アルファード&ヴェルファイアやハイエース、軽自動車にもジャストなサイズも用意している
  • 写真の軽自動車用サイズでもリム深度をしっかりと確保することで力強さも演出される。リム奥に打ち込まれたビアスボルトも高級感に華を添えるアイコン。ディッシュでは難しいとされる視覚的な奥行きも備わる
  • 主張し過ぎないようにセンターを落とし込むことで、抑揚と陰影を付けた点も見逃せない
  • スポークのエンド部を落とし込み、リムの深さを強調。カラーはゴールドピアスが映えるブラックを筆頭に3色を展開。ブラック/ゴールドピアスはリムやオーナメントの縁取りまでブラックと徹底している
  • ダミーピアスにくわえ、リムは段を付けたノーマルリム風の形状を再現してマルチピースのイメージを具現化
  • ノヴァリス「アセットD1」
  • 愛車の格を上げる手間をかけたフィニッシュ。ミラーカットの透明感を高める「高膜厚液体クリア仕上げ」もレオニスのアドバンテージだ。軽自動車やセダン、新型アル&ヴェルを含むミニバン、SUVで、華麗な足元を創造する
  • 愛車の格を上げる手間をかけたフィニッシュ。ミラーカットの透明感を高める「高膜厚液体クリア仕上げ」もレオニスのアドバンテージだ。軽自動車やセダン、新型アル&ヴェルを含むミニバン、SUVで、華麗な足元を創造する
  • 愛車の格を上げる手間をかけたフィニッシュ。ミラーカットの透明感を高める「高膜厚液体クリア仕上げ」もレオニスのアドバンテージだ。軽自動車やセダン、新型アル&ヴェルを含むミニバン、SUVで、華麗な足元を創造する
  • 愛車の格を上げる手間をかけたフィニッシュ。ミラーカットの透明感を高める「高膜厚液体クリア仕上げ」もレオニスのアドバンテージだ。軽自動車やセダン、新型アル&ヴェルを含むミニバン、SUVで、華麗な足元を創造する
  • ふたつのV字スポークを段違いに重ねたフェイス造形。鋭い天面と緩やかなラインが織りなすメッシュ形状は、レオニスならではのコダワリをカタチにした
  • 軽自動車やコンパクトカー用のサイズで立体感を獲得するリム形状。華やかなエンブレムも絶好のアクセントに
  • ふたつのV字スポークを段違いに重ねたフェイス造形。鋭い天面と緩やかなラインが織りなすメッシュ形状は、レオニスならではのコダワリをカタチにした
  • レオニス「MV」パールブラック/ミラーカット
  • レオニス「MV」ブラックメタルコート/ミラーカット
  • レオニス「MV」
  • アウディやメルセデス、ボルボ、BMW、MINIなど、輸入車にも引けを取らないデザイン性とポテンシャルを確保。バネ下重量の軽減に効果を発揮する鍛造ゆえ、テスラ・モデル3のようなEVの軽快な走りにも貢献してくれる
  • サイズ変更(P.C.D.120)に伴い、既存のホイールから選択しにくい新型アルファードとヴェルファイア。そんな状況を打破すべく、「FZ-1」と「FZ-2」へ専用の21インチを投入。最高峰に相応しい、スポーティで高品位な装いが手に入る
  • レオニス「FR」
  • レオニス「FR」ブラックメタルコート/ミラーカット
  • レオニス「FR」パールブラック/ミラーカット
  • カラーは個性豊かな質感を持つ2色。写真はメインスポーク天面を透明感あふれるミラーカットで仕上げ、それ以外を妖艶なパールブラックに染め上げたPBMC
  • リム部にレーザー加工で刻まれたホイール名。主張し過ぎることなく、ワンポイントとして貢献する
  • 鍛造ホイールを彷彿とする鋭いフィンは、センターから大きく立ち上がってリムフランジまで伸ばすことで、物理的にも視覚的にも大口径感を演出
  • 軽自動車からコンパクトカーやハイブリッド車、さらにミニバンまでをカバー。高貴な印象のBMCMC、スポーティな色気を醸し出すPBMCと、ライバルに差をつける美しいフィニッシュもレオニスの優位性だ
  • 軽自動車からコンパクトカーやハイブリッド車、さらにミニバンまでをカバー。高貴な印象のBMCMC、スポーティな色気を醸し出すPBMCと、ライバルに差をつける美しいフィニッシュもレオニスの優位性だ
  • 軽自動車からコンパクトカーやハイブリッド車、さらにミニバンまでをカバー。高貴な印象のBMCMC、スポーティな色気を醸し出すPBMCと、ライバルに差をつける美しいフィニッシュもレオニスの優位性だ
  • 軽自動車からコンパクトカーやハイブリッド車、さらにミニバンまでをカバー。高貴な印象のBMCMC、スポーティな色気を醸し出すPBMCと、ライバルに差をつける美しいフィニッシュもレオニスの優位性だ

ウェッズの2大ブランドの最新作が登場

モータースポーツやカスタムシーンで多彩なホイールを常にカスタマーに提案してきたウェッズは、2024年に創業60周年という記念すべき年を迎えました。アニバーサリーイヤーということもあって新作が次々とリリースされていますが、今回はLEONIS(レオニス)とNOVARIS(ノヴァリス)の2ブランドのニューカマーを紹介します。

2つのデザインが融合したようなレオニス

「レオニス」は1ピース専門のトレンドをいち早く取り入れた多彩なデザインで常に注目を集めるブランドだ。そのレオニスからは「FR」と「MV」のキャラクターの異なる2作が同時にリリースされた。今話題のトヨタ「クラウン スポーツ」やスポーティさが増した「プリウス」などの足元にマッチするデザインの2作を紹介しよう。

まず極細のスポークの20本フィンデザインが、実際のサイズよりも大口径に見せる効果があるのが「FR」だ。しかし単に20本のスポークが同レベルに並ぶのではなく、10本をオフセットさせることで複雑で躍動感ある表情を生み出している。

>>>レオニスFRの詳しい情報はこちら

いっぽうの「MV」はさらに複雑に見えるデザインを採用している。5本ツインスポークと、星型の5本ツインスポークがクロスしているようなデザインなのである。異なる2つのフェイスが融合したかのようなスポークは、スポークエンドをラウンドさせた上でリムにミラーカットが施されているため、マルチピースデザインの様相を帯びている。

>>>レオニスMVの詳しい情報はこちら

FRもMVもカラーは「PBMC」と「BMCMC」の2種類。このうちPBMC(PEARL BLACK MIRROR CUT)は、パール粒子を加えたベースカラーのブラックと天面のミラーカット(鏡面切削)とのコンビネーションで、さらに繊細な雰囲気を演出することがき、どちらとも2つのデザインの違うフェイスをより強調することに成功している。BMCMC(BMC MIRROR CUT)は、スポークの側面にBMC(ブラックメタルコート:スパッタ系)が施され、天面がすべてミラーカットされているので、スポークの細さと多さが強調されている。

どちらも17インチ以上のサイズはリム成型技術AMF製法が採用されており、鍛造ホイールにも負けない優れた材料強度を実現している。リムに小さく、しかしワンポイントとなる真っ赤なエンブレムがこだわりを象徴しているかのようだ。

サイズは15インチから21インチまで幅広いのも特徴。軽自動車や国産セダン、ミニバン、ハッチバック……と、豊富な車種に装着することができる。フルエアロにローダウンしたカスタムカーはもちろんのこと、ノーマルのままの最新のクルマでも違和感なくバッチリ決まってしまうところが、レオニスのデザインがトレンドの最先端をいっていることの証拠である。

 

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS