『only Mercedes』

半額キャンペーン! 3号連続50%OFF 〜 4号目以降も毎号20%OFFで購入できます 購読キャンペーン実施中

ベンツGクラスの車高をさらに12.5cmアップ! 北米のトレンドを薫らせた至高の1台へ

高速域の安定感を確保する足まわりアイテム アメリカ発のカスタマイズ手法は、10年ほど前から大きな流行の波となって日本市場を押し寄せている。今ではすっかりメルセデスユーザーにも浸透、定着しているといっても過言ではないだろう.…

続きを読む...

【R230型メルセデス・ベンツSL】電動格納式ハードトップを初採用したスポーツカブリオレ

歴代モデルとバリオルーフ採用の5代目に迫る“SL”はメルセデス・ベンツのモデルラインアップとしてはオープンエアというキャラクターゆえに本流ではないものの、ブランドの価値を高めて多くのファンから愛さ...

続きを読む...

W140型 Sクラスというメルセデスが威信をかけた至高のベンツ

巨大化した威風堂々のボディサイズでバブル末期の日本で評価された第三世代プレミアムサルーンのベンチマーク的な存在として、メルセデス・ベンツのSクラスは先進的な技術を搭載。常に時代の先端を歩んできた。その歴史において1991...

続きを読む...

その名もthe final!スマートBRABUS最後のメーカーカスタムの特別仕様 409万円〜

テーラーメードを採用した特別モデル、フォーツー&カブリオを各10台の限定販売に「スマート」の誕生20周年を記念した限定モデルの第2弾が登場した。しかもスポーティさを追求したアーバンスポーツカー「スマートBRABUS」の最...

続きを読む...

AMG43GLE&クーペのフォルムを際立たせるホイールでコーデとは

個性的なクーペフォルムにはあえてシンプルデザインの24インチ大径ホイールでクルマのスタイルアップにアメリカの空気感を巧みに取り入れてカタチにするのが得意とするのが、香川県高松市にある「アビスオートブティック」。今回題材に.…

続きを読む...

名車W124の魅力「コストを徹底的にかけた」と語り継がれるメルセデス・ベンツ

派生モデルの誕生でラインアップも充実、「最善か無か」の哲学で生まれた歴史と進化1886年以来、世界最古の自動車メーカーとして数々の名車を輩出してきたメルセデス・ベンツの名を飛躍的に高めた量産モデルが1985年にデビューし...

続きを読む...

オシャレは足元から!! AMG GTの美を追究した絶品なるUSメイク&セッティング

特殊研磨や塗装で際立たせたホイールを各部のブラックアウト化で注目度アップレースシーンをルーツにもつメルセデス・AMG GTは、クラシカルなデザインテイストを反映させたスペシャリティカーとして2014年に登場。伸びやかなボ...

続きを読む...

「MERCEDES-BENZ 300SL」レースを制するために生まれた美しきオールドクーペ

斬新なスタイルと最新技術の投入で高級スポーツを伝説化させたSL初代モデル100年を超えるメルセデス・ベンツの長いヒストリーのなかで様々なモデルが世に輩出され逸話や伝説と共に語り継がれてきた。「メルセデス・アーカイブ」の第...

続きを読む...

3000万円のAMG G65をローダウンさせる専用スプリングを開発

快適なローダウンを実現する専用モデルは全長式ダンパーとの併用がオススメ重心の高いメルセデス・ベンツ Gクラスは、コーナリングなどにおいてアンダーステアの傾向が見受けられる。それらを解決するべく「ボンドショップ浦和」が研究.…

続きを読む...

1 / 9123...»

ウィークリーランキング

  1. 「オイルの交換サイクル」が1万km以上に延びた理由

    メーカー推奨のオイル交換サイクルは ターボ車でも1万5000km毎にな...

  2. トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション落札価格トップ5」

    熱視線が注がれたジャパニーズ・スポーツ  アメリカ・アメリア島で「RM...

  3. 40万円で愛車がキャンピングカーに早変わり!! 車中泊も可能とする「ルーフテント」とは

    カンタン設置で極上の"車上泊"を楽しめる  ルーフテントは、愛車の屋根...

  4. 中身はR32型、外身はケンメリ。旧車生活の概念を覆す”スーパーGT-R”の勇姿

    クラッシックカーを身近に、快適に楽しむべく 一石を投じた「ロッキーオー...

  5. 46万kmスカイラインGT-R「特殊ヒューズ」で電通快適化【BNR32不定期連載8】

    高性能なヒューズに換装するだけで コンピュータの信号レスポンスがアップ...

  6. トヨタが新型ハイエースを発表!次期モデル300系として国内投入に期待!

    大幅に大型化したセミボンネットボディを採用  トヨタは、2月18日に、...

  7. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  8. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  9. ハイスペック故にリッター10km以下! 乗って楽しい「悪燃費な国産車」5選

    乗ると踏みたくなる名機の持ち主たち  ここのところハイブリッド車が一般...

  10. 懐かしく新しい! 「ダサかっこいい」復刻ホイールのススメ

    往年の名作が復活ラッシュ!! いまのクルマに履くべき"古き良き"5本 ...