『WAGONIST』

次号を予約するとず〜っと25%OFF! 今ならWAGONISTオリジナルマグネット付き3WAYライトがついてくる! 購読キャンペーン実施中

熱い日差しを効果的にカットするサンシェード!メッシュタイプで車中泊中の換気も可能

工具なしでワンタッチ着脱可能 ダズフェローズが発売を開始した「ワンタッチサンシェード」は、何と言ってもそのリーズナブルなプライスが魅力。フロントガラス以外のすべての窓をカバーするセット品でありな…

続きを読む...

独創性に富んだアルミホイール、似て非なるスポークとディッシュの新作2モデル

意外な関係性を持つグノーシスの新作2モデル!日本のホイールメーカー、WORKの「GNOSIS(グノーシス)」ブランドから、『CVX』と『CVD』という注目すべき2本のホイールが登場した。大まかに言うと、基本デザインは同一...

続きを読む...

日本の精度と開発力だから実現したホイールデザイン!「レイズ」が新作4モデルを発表

軽量化と繊細なデザインのハイクオリティ インテックス大阪で開催された大阪オートメッセ2019の会場で、ホイールメーカー「レイズ」からNEWモデルが4本お披露目となった。いずれも高いデザイン性と技術力を結集させたモデルとな...

続きを読む...

取付カンタン!高級車のように光源が流れるシーケンシャルLEDウインカー

コントロールボックス不要!昼間でも明るい!「Gファクトリー」から発売されている、シーケンシャル(流れる)ウインカーを後付けできるテープLED。ヘッドライトやテールランプのスキ間に差し込んで装着するタイプで、とにかく人気が...

続きを読む...

タイヤの空気圧不足をモニタリングして事故を抑制!軽自動車にも装着可能

軽自動車からキャンピングカーまで対応 どんなにクルマが進化したとしても、クルマと地面を繋いでいるのはタイヤのみ。そのため、タイヤにトラブルが発生すると走行不能になるだけでなく、場合によっては大事故になる恐れも少なくない…

続きを読む...

濡れたボディにスポンジで伸ばすだけ!手軽で撥水効果バツグンのコーティング剤とは

ハイブリッド素材でプロ並みの仕上がり 洗車する感覚で使えるコーティング剤として、今ネットなどを騒がせているスパシャン。毎年効果を格段にアップさせてNEWモデルを発表しているのだが、2019年のモデルが相当スゴイらしい。 ...

続きを読む...

あえてアンティークさをアピール!レザー生地を使った最新シートカバー登場

シート列単位でオーダーできるのでオトク シートカバーを自分仕様にカスタムオーダーできるブランド「グレイス」は、大阪オートメッセ2019の会場で2019年イチ押しモデル、アンティーク生地を採用した「アンティーク・デザインS...

続きを読む...

高級車のフロアマットを彷彿させる長い毛足『エグゼクティブフロアマット』

コインが立つほど長い毛足のフロアマット 自動車系アクセサリーをリリースする「D.A.D」が新たに発表した『エグゼクティブフロアマット』は、とにかく毛足が長いのが特徴的。フカフカで足を置いた際の心地よさはバツグンで、ワンラ...

続きを読む...

1 / 31123...102030...»

ウィークリーランキング

  1. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

    アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

  2. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

    ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

  3. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  4. ETCカードと車載器「エラーの原因とその対策」

    エラーコードの数値には意味がある、 主なトラブル7つはこう対処すべし!...

  5. 自動車のハイパワー化は悪だった「馬力規制で飛躍した昭和のクルマたち」

    規制突破に満ちた高度経済成長期  日本では、2004年まで国産車には「...

  6. バブルの象徴!ハイソカーブームなど20世紀を牽引したトヨタ車3選

    50代以上の人たちが青春時代に憧れたクルマ  4月5日に千葉県の幕張メ...

  7. 嗚呼、懐かしのクルマ文化「昭和に流行ったカスタム&スタイル」6選

    現代では新鮮に映る当時モノ  クルマに限らず、ファッション、髪型、食べ...

  8. セリカLBやサバンナRX-3! クルマ好きを熱くさせた昭和を代表する国産スポーツカー3選

    70年代のヒーロートリオ  幕張メッセで4月7日(日曜日)まで開催され...

  9. インチアップしたクルマのタイヤバースト事故が多い理由

    低偏平タイヤは空気の量が少ない タイヤバースト事故の原因で、ランキング...

  10. トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション落札価格トップ5」

    熱視線が注がれたジャパニーズ・スポーツ  アメリカ・アメリア島で「RM...