『GT-R Magazine』

GT-R Magazine 月額払い購読ご案内 〜 買い忘れナシ!!送料無料!! 1,300円〜 購読キャンペーン実施中

1200馬力の魔改造なフェラーリ! 日産GT-Rエンジン搭載で暴れ馬へと変貌

高級グランツーリスモが右ハン仕様のドリフトマシンへ 大阪オートメッセ2019の会場で注目を浴びていた、ライムグリーンカラーに彩られたフェラーリ550マラネロ。ドリフト競技「D1グランプリ」に参戦すべく、広島県の「MMM」...

続きを読む...

自動車用のスポーツシートが温もりのあるインテリア家具へ

ブリッドと家具工房がコラボ製作した木製の脚 大阪オートメッセ2019で、自動車用シートの製造販売メーカー「ブリッド」ブースに展示してあったのが『プレミアムウッドレグ』。この商品は、自動車用シートをリビングルームなどで使用...

続きを読む...

ポン付けで日産スカイラインGT-Rの低速トルクがアップするサージタンク登場!

純正の6連スロットルが使える! 第2世代GT-Rと言われる日産R32型/R33型/R34型スカイラインGT-Rの人気はまだまだ衰えを知らない。そしてR32型スカイラインGT-Rが誕生して30年となる今でも、新しいパーツが...

続きを読む...

日産GT-Rをほどよくパワーアップ!ブリッツが純正交換タービンを公開

純正タービンと置き換えするだけ チューニングパーツメーカー「ブリッツ」が提案する日産R35型GT-R用ボルトオンターボシステムに注目。純正ターボと交換するだけで、ノーマルよりも20〜25%のパワーアップを実現するという。...

続きを読む...

実車のエンジン音と振動を体感!! 「トミカ4D」は大人も楽しめるミニカーだ

観賞する、走らせるだけでなく振動とサウンドも与えられた実力派 手のひらサイズのミニカーとして48年の長い歴史を持つ「トミカ」。そんなミニカー業界の巨人『TAKARATOMY』が昨年末に「TOMICA 4D」を投入...

続きを読む...

負け知らずの怪鳥「オートギャラリー横浜・スカイラインGT-R」が富士に凱旋

2.8ℓとビッグシングルが放つRB26のサウンドが響き渡るかつてドイツ・ニュルブルクリンク24時間耐久レースを戦ったボディを使った「オートギャラリー横浜」の日産スカイラインGT-R(BNR34)。ワイドボディ化で参戦した...

続きを読む...

日産スカイラインGT-Rが蝕まれていく恐怖「過走行トラブルと劣化のポイント」

貴重な愛車と向き合うための秘訣とは?20万km/30万kmでの消耗部位を知る日本を代表するスポーツカー、スカイラインGT-R。いまや非常に貴重となってきたR32/R33/R34という第2世代GT-Rはすでに旧車の領域て...

続きを読む...

高級スポーツカーの乗り味を実現するスポーツタイヤ「ミシュラン・パイロットスポーツ4」

モータースポーツで培った設計・技術の応用で天候や路面に影響されない高バランスを実現「ミシュラン」の『パイロットスポーツ4』は、コンパウンドとケース剛性のマッチングを重視した設計により、良好な乗り心地とシチュエーションや天.…

続きを読む...

1 / 13123...10...»

ウィークリーランキング

  1. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

    アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

  2. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

    ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

  3. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  4. ETCカードと車載器「エラーの原因とその対策」

    エラーコードの数値には意味がある、 主なトラブル7つはこう対処すべし!...

  5. 自動車のハイパワー化は悪だった「馬力規制で飛躍した昭和のクルマたち」

    規制突破に満ちた高度経済成長期  日本では、2004年まで国産車には「...

  6. バブルの象徴!ハイソカーブームなど20世紀を牽引したトヨタ車3選

    50代以上の人たちが青春時代に憧れたクルマ  4月5日に千葉県の幕張メ...

  7. 嗚呼、懐かしのクルマ文化「昭和に流行ったカスタム&スタイル」6選

    現代では新鮮に映る当時モノ  クルマに限らず、ファッション、髪型、食べ...

  8. セリカLBやサバンナRX-3! クルマ好きを熱くさせた昭和を代表する国産スポーツカー3選

    70年代のヒーロートリオ  幕張メッセで4月7日(日曜日)まで開催され...

  9. インチアップしたクルマのタイヤバースト事故が多い理由

    低偏平タイヤは空気の量が少ない タイヤバースト事故の原因で、ランキング...

  10. トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション落札価格トップ5」

    熱視線が注がれたジャパニーズ・スポーツ  アメリカ・アメリア島で「RM...