『GT-R Magazine』

about 『GT-R Magazine』...

D1グランプリに参戦する異端児「R35GT-R」に迫る【GReddy 35RX SPEC-D】

「6速MT+FR駆動」で得た戦闘力 R35GT-Rの良さを活かす怪物とは モータースポーツというカテゴリーの中で、ドリフトは異彩を放った存在である。しかし今やFIA公認の大会まで開催されるほど発展してきた。 ここに、速さ...

続きを読む...

事故だけじゃない!「遊べる」360°丸見えドライブレコーダーに注目

ドライブレコーダーとアクションカメラを業界初MIX だから名前も「d’Action(ダクション)360」 クルマの走行状態を記録し、映像と音声で交通事故時の状況再現と証拠能力が注目され、最近人気が高まっているドライブレコ...

続きを読む...

13代目「スカイライン」が約3年ぶりに進化、内外装に磨きをかける

12月20日、後期モデルの誕生へ 東京モーターショーでひっそりと発表 日産伝統の「スカイライン」。現在ではV37型が13代目としてリリースされているが、ついにマイナーチェンジが敢行される。東京モーターショーではひと足早く...

続きを読む...

エコに貢献! 軽量化の波はついにタイヤへ到達か【東京モーターショー】

燃費や走行性能の向上に期待できる!? 横浜ゴムが25%の軽量化を実現 東京モーターショー2017は、サプライヤーのブースもおもしろい。 そのひとつ、「横浜ゴム」のブースで発見したのは軽量化設計の『BluEarth-air...

続きを読む...

路面状況に合わせて変形&空気不要で走行可能。タイヤの常識がこれから変わる!?

さまざまな条件に合わせてタイヤ特性を 最適な状態に変化する”未来系タイヤ” 「コンチネンタルタイヤ」が東京モーターショー2017に持ち込んだ『コンチセンス』と『コンチアダプト』は来る自動運転の時代...

続きを読む...

【東京モーターショー】日本らしさに拘った、新たな純和風ドレスアップの提案

日本伝統の”漆塗り”の技術が進化 彩り豊かな漆芸デザインと外装パネルの融合が可能に 東京モーターショーの部品・機械器具関係で気になったのが「漆塗り」。 漆を使った蒔絵装飾は美しく、日本の匠技術の象徴と言えるもの。こうした...

続きを読む...

【東京モーターショー】日本の新たなスーパースポーツ、公道に降臨!

イケヤフォーミュラのスーパーカー 「IF-02RDS」がナンバーを取得した 2013年の東京モーターショーに出展し、話題をさらった純国産スーパースポーツ『IF-02RDS』。ルックスではル・マン24時間レースで戦うプロト...

続きを読む...

【東京モーターショー】もはやクルマじゃない? 全身エアバッグで車体ごと守る”もこもこ”モビリティ

2030年の自動運転時代を想定した 小型乗用車「Flesby(フレスビー)II」に迫る! 世界18カ国・67のグループ会社を持つトヨタ自動車グループのメーカー「豊田合成」は、エアバッグを中心としたゴム・樹脂の高分子技術と...

続きを読む...

エンジンダイキャストの製造過程が見られるファクトリー完成

貴重な純国産のスケールモデルを製作する 『日下エンジニアリング』が新社屋に移転 日産のスカイラインGT-R/R35 GT-Rを中心にさまざまなオリジナルグッズを製作する「日下エンジニアリング(鳥取県米子市)」。このたび、...

続きを読む...

1 / 6123...»
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『K STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • IMPORT
  • SPORTS
  • SEDAN
  • WAGON