『GT-R Magazine』

さらにカテゴリーで絞り込む

NEWS - 2ページ目

発売前の「Zプロト」も展示! 世界一GT-Rが集まるイベント「R’s Meeting 2021」開催

この記事をまとめると GT-Rマガジン主催のイベントが富士スピードウェイで10/24(日)開催 有観客で、豪華ゲストのトークショーも開催予定 日産ファンなら気になる「Zプロト」も展示する

続きを読む...

「信号待ちのたびに話しかけられるね」オーストラリアに渡っても愛され続ける幸福なR32GT-Rとオーナーの物語

この記事をまとめると 写真家からR32GT-Rを譲り受けたオーストラリア人 元々R32スカイラインに乗っていたが「やはりGT-Rは別物」 オーストラリアでもR32GT-Rは価格高騰中

続きを読む...

「チューニング=壊れやすい」は間違っていた! GT-Rのプロが語る「末長く楽しく乗り続けられる」方法とは?

「チューニング=壊れやすい」の常識は誤解 チューニングすれば寿命は短くなる。よく耳にする世間での「常識」だ。フルノーマルに比べれば、パフォーマンスを上げたぶん、劣化はシビアに考えなければいけないように感じる。しかしGT-...

続きを読む...

今、GT-Rが狙われている! 巧妙な窃盗団を撃退する「最終手段」とは何か

GT-Rだけじゃない! 希少車も油断大敵! 純正部品の製造廃止、経年劣化、25年ルールを含めた海外への流出。R32、R33、R34スカイラインGT-R、いわゆる「第2世代GT-R」を取り巻く環境は年々厳しくなっている。さ...

続きを読む...

人気のGT-Rを現代流にアップデート! 第2世代Rに流用できる「R35純正部品」4選

第2世代GT-Rに流用可能なR35純正部品とは 第2世代GT-Rの最終モデルであるBNR34の生産終了から18年。BNR32の鮮烈なデビューからはすでに32年が経過している。それほど時間が経っているのに第2世代の人気は少...

続きを読む...

これぞ長寿の秘訣! 低走行・極上旧車の「運動不足」を解消する「準備体操」とは

この記事をまとめると 旧車は動かさないがゆえに起きるトラブルもある 走っていなくてもエンジンオイルはできれば半年ごとに換えたほうがいい 久々に動かすときはクルマ全体をしっかりとウォームアップさせることが大切

続きを読む...

これが最後のGT-Rか? 8月発表「2022年モデル」の詳細は? 価格も大胆予想!

GT-Rのさらなる「深化」! 開発陣の想いとは 去る4月14日、突如R35GT-R NISMO 2022年モデルがお披露目された。まだ正式発表ではなく、あくまでも先行公開だった。しかし、そこに開発陣の「GT-Rの深化」に...

続きを読む...

最新のRをカモる「マインズR34GT-R」! 伝説のチューニングカーを分解してわかった「速さの秘密」

マインズが記録を作りまくったR34GT-R がレストアで見せた裏側 R32の登場以来、いくつもの金字塔を打ち立て、常にGT‒Rチューンの王者として君臨し続ける神奈川県横須賀市のチューニングショップ「マインズ」。ショップと...

続きを読む...

2 / 1712345...»