クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • 『GT-R Magazine』

日本が世界に誇る名車「GT-R」だけの唯一の専門誌。すべての世代のGT-Rオーナーのバイブルから、選りすぐりの記事を配信中

エンドレスのR33

1125馬力のR35「GT-R」を日常でも扱いやすく。「GR86」はもうちょっと余裕の過給器プラス仕様。「エンドレス」のチューニング最前線とは

大阪オートメッセに出展していたエンドレス。魅力ある3台のデモカーを展示して注目を集めていた。1000馬力オーバーのR35と、当時の仕様を再現したかのような860馬力のR33、そして過給器付きのGR86だ。ノウハウを注ぎ込み、完成させた珠玉のデモカーを紹介しよう。
R35のMY24

1176馬力の「R35 GT-R」降臨! フェニックスパワーの2024年モデル新作エアロが初披露されました

日産を代表するスポーツカーとして、国内のみならず海外でも人気のR35 GT-R。大阪オートメッセ2024の会場に登場したのが、最新の2024年モデルを早速カスタマイズしたフェニックスパワーのデモカーです。サーキット最速を狙う黒いデモカーとともに紹介します。

φ415の巨大ローター登場! 日産R35「GT-R」の足元を9つの新色キャリパーで飾ってみよう。性能は安心安全の「エンドレス」で心配ご無用

2024年1月12日~14日に開催された東京オートサロン2024。エンドレスのブースには、同社のブースとしておそらく初のトヨタ「ヴェルファイア」が展示されていて驚いた一方で、もちろんスポーツカーユーザーにとって気になる製品もいくつもありました。ここではそれらを紹介します。

「世界一カッコいいハコスカ」を目指した紅白2台の仕上がりが半端ない!「1/1スケールのプラモデルのノリで製作してます」

2024年1月12日から14日まで幕張メッセにて開催された「東京オートサロン2024」で、紅白の1972年式の日産スカイライン 2000GT2台が展示されていました。どこのショップが制作したのか、詳細をお伝えします。

希少! 日産「GT-R LMリミテッド」の誰もが見惚れる美しさの秘密は「新車戻し」にありました

2023年10月22日に熊本県で開催された「九州☆GT-Rミーティング2023」には、R32型からのいわゆる第2世代以降のGT-Rオーナーが大集合。その数ある参加者の中で発見した、1台の青い日産R33型「GT-R」のLMリミテッド。オーナーの河村さんにお話を伺いました。

念願かなって「GT-Rオーテックバージョン」を入手!「ハコスカ」も「マークII」も4ドアだったオーナーのこだわりポイントとは?

2023年10月22日に熊本県で開催された「九州☆GT-Rミーティング2023」において、限定422台が生産された4ドアの日産「スカイライン GT-R」のうち、2台が参加。そのうちの1台のオーナーである松本宗貴さんに、なぜ4ドアを選んだのか? その思いを聞きました。
RZ34のマイスターシリーズ

「東京オートサロン」で公開された「フェアレディZ」のカスマイズプロトもエンジンとセットでミニチュア化! 歴代「GT-R」の新作も登場

実車のオーナーはもちろんモデルカーファンを魅了している日下エンジニアリング。同社の人気シリーズである「マイスターシリーズ」と「エンジンプラスモデル」に、新作アイテムが追加された。日産を代表する「GT-R」と「フェアレディZ」の新作を紹介します。

「スカイラインGT-R」を求めて佐世保から神奈川へ! 米海軍基地で働くカルロスさんが夢のクルマを手に入れるまでの苦労とは

「九州☆GT-Rミーティング2023」で出会った日産「スカイラインGT-R」(R34型)のオーナーは、佐世保基地で勤務するアメリカ人のカルロスさん。「いつかアメリカに戻ってしまう前に、憧れのGT-Rを日本で手に入れる!」という夢を叶えて手に入れたクルマを紹介します。
share:

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

ranking

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS