『GT-R Magazine』

GT-R Magazine 月額払い購読ご案内 〜 買い忘れナシ!!送料無料!! 1,300円〜 購読キャンペーン実施中

R35型GT-Rのドリフト世界王者マシン降臨!【大阪オートメッセ2018】

FIAインターナショナルDRIFTING CUPで優勝した「GReddy 35RX SPEC-D」登場!日本発祥のモータースポーツ、ドリフトは今や世界的な人気を誇っている。大阪オートメッセ(2018年2月10〜12日・イ...

続きを読む...

NISMO FESTIVAL 20th anniversary『ニスモフェスティバルの20年史を振り返る2011~2016』

日産/NISMOを身近に感じる感謝祭としてスタートした「ニスモフェスティバル」その20年の歴史を振り返る自動車メーカー系が主催するモータースポーツファン感謝イベントとして最も古い歴史を持ち、熱いファンが大挙する「NISM...

続きを読む...

R35GT-Rへ速さのみを追求した、妥協なき本格派エアロパーツ

『ウエストスポーツ』が開発したのは機能最優先のドライカーボン製だったIHI製をベースとしたオリジナルタービン「VN7.5」や純正インジェクター×12本仕様など、他店とは一線を画すチューニングにトライする『ウエストスポーツ...

続きを読む...

NISMO FESTIVAL 20th anniversary『ニスモフェスティバルの20年史を振り返る2006~2010』

開催10周年を迎えた2006年から“NISSAN RACING DNA”を掲げた2010年までを振り返る自動車メーカー系が主催するモータースポーツファン感謝イベントとして最も古い歴史を持ち、熱いファンが大挙する「NISM...

続きを読む...

第2世代GT-Rの泣き所を交換不要で再生できる『窓枠の救世主』

ウェザーストリップリテーナーの純正部品は約18万円、これを7980円で補修可能に!旧車用再生ゴムパーツを製作・販売する『ダイコーゴム』がついに第2世代のスカイラインGT-R用に着手。その第1弾で手掛るのは「ウェザーストリ...

続きを読む...

NISMO FESTIVAL 20th anniversary『ニスモフェスティバルの20年史を振り返る2001~2005』

日産/NISMOを身近に感じる感謝祭がスタート20年の歴史を振り返る自動車メーカー系が主催するモータースポーツファン感謝イベントとして最も古い歴史を持ち、熱いファンが大挙する「NISMO FESTIVAL」が2017年で...

続きを読む...

隅々まで精巧に作られた「TRUST R32GT-R」の熱き息吹を感じる逸品

3台それぞれの個性が蘇るマニアックさ抜群のR32型ダイキャストこれまで輸入車やF1などを中心にモデル化してきたホビーメーカーの『Make Up』が、 国産モデルにも力を入れている。その中心となるのが、スカイラインGT-R...

続きを読む...

NISMO FESTIVAL 20th anniversary 『ニスモフェスティバルの20年史を振り返る1997~2000y』

日産/NISMOを身近に感じる感謝祭がスタート20年の歴史を振り返る自動車メーカー系が主催するモータースポーツファン感謝イベントとして最も古い歴史を持ち、熱いファンが大挙する「NISMO FESTIVAL」が2017年で...

続きを読む...

R35GT-Rへユーロテイストの煌めきで高級感をプラス【JEWEL LED TAIL LAMP REVO】

LED球を直接見せない最新のデザインを新採用【ヴァレンティ・ジュエルLEDテールランプ REVO】「VALENTI JAPAN(ヴァレンティジャパン)」の名前をGT-Rオーナー、アフター業界に知らしめたのは、2015年に...

続きを読む...

D1グランプリに参戦する異端児「R35GT-R」に迫る【GReddy 35RX SPEC-D】

「6速MT+FR駆動」で得た戦闘力R35GT-Rの良さを活かす怪物とはモータースポーツというカテゴリーの中で、ドリフトは異彩を放った存在である。しかし今やFIA公認の大会まで開催されるほど発展してきた。ここに、速さだけで...

続きを読む...

事故だけじゃない!「遊べる」360°丸見えドライブレコーダーに注目

ドライブレコーダーとアクションカメラを業界初MIXだから名前も「d’Action(ダクション)360」クルマの走行状態を記録し、映像と音声で交通事故時の状況再現と証拠能力が注目され、最近人気が高まっているドライブレコーダ...

続きを読む...

13代目「スカイライン」が約3年ぶりに進化、内外装に磨きをかける

12月20日、後期モデルの誕生へ東京モーターショーでひっそりと発表日産伝統の「スカイライン」。現在ではV37型が13代目としてリリースされているが、ついにマイナーチェンジが敢行される。東京モーターショーではひと足早く、そ...

続きを読む...

エコに貢献! 軽量化の波はついにタイヤへ到達か【東京モーターショー】

燃費や走行性能の向上に期待できる!?横浜ゴムが25%の軽量化を実現東京モーターショー2017は、サプライヤーのブースもおもしろい。そのひとつ、「横浜ゴム」のブースで発見したのは軽量化設計の『BluEarth-air EF...

続きを読む...

路面状況に合わせて変形&空気不要で走行可能。タイヤの常識がこれから変わる!?

さまざまな条件に合わせてタイヤ特性を最適な状態に変化する”未来系タイヤ”「コンチネンタルタイヤ」が東京モーターショー2017に持ち込んだ『コンチセンス』と『コンチアダプト』は来る自動運転の時代に向...

続きを読む...

【東京モーターショー】日本らしさに拘った、新たな純和風ドレスアップの提案

日本伝統の”漆塗り”の技術が進化彩り豊かな漆芸デザインと外装パネルの融合が可能に東京モーターショーの部品・機械器具関係で気になったのが「漆塗り」。漆を使った蒔絵装飾は美しく、日本の匠技術の象徴と言えるもの。こうした技術を.…

続きを読む...

【東京モーターショー】日本の新たなスーパースポーツ、公道に降臨!

イケヤフォーミュラのスーパーカー「IF-02RDS」がナンバーを取得した2013年の東京モーターショーに出展し、話題をさらった純国産スーパースポーツ『IF-02RDS』。ルックスではル・マン24時間レースで戦うプロトタイ...

続きを読む...

3 / 8«...234...»
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『K STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧

ウィークリーランキング

  1. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

    長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

  2. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  3. マツダの飽くなき挑戦「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー(国内編 Part 1)」

    マツダが育て、日本の技術で完成した 名機"ロータリー・エンジンの歴史"...

  4. 極細「ごんた屋」&スケスケ「AIWA」 両巨頭ブースのキャンギャル夢の競演!【東京オートサロン2017】

    スケスケと超露出で話題の エロコス2ブースが集結! カスタムカーの祭...

  5. SUPER GT レースクイーンの「セクシーすぎる夏コスチューム 大公開・前編」

    さらに色気がパワーアップした 夏コスな彼女たちに大接近!! SUPE...

  6. 見逃し注意!セクシーコスチューム「キャンギャル」大特集

    透けているだけでも十分! V字にカットされた胸元が眩しい 東京オート...

  7. SUPER GT レースクイーンの「セクシーすぎる夏コスチューム 大公開・後編」

    まもなく見納め? 全14人の夏コス大公開! SUPER GTを彩るレー...

  8. 本物の”SUPER GT”ボディを纏うナンバー付きRX-7【クロスファイブ】

    構造や設計が全く異なるボディキットを 1年がかりでマイカーへ移植手術 ...

  9. クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

    40代〜50代にとっては懐かしいはず? いまや見かけなくなった絶滅危惧...

  10. 「スバル360誕生 60周年」アメリカの地を激走した”サブロク”の中身をチェック

    あのグレートレースを走破した 60年前誕生のサブロクに乗ってみた♪ ...