『GT-R Magazine』

さらにカテゴリーで絞り込む

NEWS - 3ページ目

最新のRをカモる「マインズR34GT-R」! 伝説のチューニングカーを分解してわかった「速さの秘密」

マインズが記録を作りまくったR34GT-R がレストアで見せた裏側 R32の登場以来、いくつもの金字塔を打ち立て、常にGT‒Rチューンの王者として君臨し続ける神奈川県横須賀市のチューニングショップ「マインズ」。ショップと...

続きを読む...

ディーラーで重整備を断られる?「スカイラインGT-R」とオーナーが直面する「安心して乗り続けられないシビアな現状」とは

この記事をまとめると 専門誌「GT-Rマガジン」がイベントで集計したオーナーアンケートを紹介 エンジンオーバーホールの有無などGT-Rオーナーの「現在地」がよくわかる 旧車ゆえにディーラーで作業を断れられているオーナーも存…

続きを読む...

オーストラリアを強襲! 伝説のドライバーが語るGT-R「ゴジラ伝説」とは

ドイツ人写真家が出会ったオーストラリアの伝説 世界中を旅して、各国のGT-Rを写真集「GT-R THE JOURNEY」に収めたアレキサンダー・キューレテム氏。彼は写真家でありながら、自らもGT-Rオーナーであるドイツ人...

続きを読む...

124日間の珍道中! R32GT-Rで「車中泊」しながら「下道」で日本一周した夫婦

この記事をまとめると 日産のR32スカイラインGT-Rで車中泊&下道で日本一周を実現 2ドアのGT-Rで快適に車中泊する方法を伝授 旅先で夫婦のブログを見た読者とも交流

続きを読む...

「R32GT-Rの皮を被ったR35」生みの親! 破天荒すぎる「伝説のチューナー」が語る「R」の魅力とその半生

この記事をまとめると■事故車のR32との出会いがスタート■チューニング全盛期の相棒はR33■1200ps仕様のR35ですべてを理解愛車として付き合うことでRを知り尽くす チューニングやドレスアップをせずとも、愛車と楽しく...

続きを読む...

走り去る「丸テール」「直6サウンド」に一目惚れ! 「ワンオーナーのR32」を手に入れたアメリカ人が語る「GT-R」 愛

サンフランシスコで幸せな日々を送るBNR32 GT-Rオーナーであり写真家のアレキサンダー・キューレテム氏が母国ドイツだけでなく世界中を巡り、各国のGT-Rオーナーをファインダーに収めてきた。彼が自費出版した写真集「GT...

続きを読む...

10年前の奇跡的な出会い! ドイツ人マニアが「ポルシェ」より「R32GT-R」に取り憑かれた理由とは

GT-Rを愛する写真家が出会った世界の愛すべきマニアたち 自らもGT-Rオーナーであるドイツ人写真家のアレキサンダー・キューレテム氏が世界中を回り、各国のGT-R乗りと親交を深めてきた。写真集「GT-R THE JOUR...

続きを読む...

GT-Rの復刻パーツに手が出せない! 値上げせざるを得ない4つの理由

製造廃止の純正部品復活は苦労の連続 2017年からニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(以下ニスモ)が展開している「ニスモ・ヘリテージ」。R32スカイラインGT-R向けから始まった純正部品の復刻やリプレイス品販...

続きを読む...

ドバイの「GT-R」マニアがR34を左ハンドル化! 情熱が凄すぎる

ドイツ人写真家が出会った世界のGT-R乗り 自らもGT-Rオーナーであるドイツ人写真家、アレキサンダー・キューレテム氏が世界中を旅して出会った各国のGT-Rオーナーたち。彼らは日本の名車に対する想いが強い。写真集「GT-...

続きを読む...

GT-R好きが高じて日本語習得! オーストラリア人を「虜」にしたR34の魔力

海外流出したGT-Rは幸せに暮らしているのか?アメリカの法律で「生産から25年経過したクルマはクラシックカーもしくは骨董品として扱われ輸入が解禁される」いわゆる『25年ルール』もあり、海外にGT-Rが流出している。かなり...

続きを読む...

3 / 1712345...»