クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • ついに最後!? 日産「GT-R」が17年の歴史の終止符を打つ2025年モデル登場。MY25の変更点とは
CAR
share:

ついに最後!? 日産「GT-R」が17年の歴史の終止符を打つ2025年モデル登場。MY25の変更点とは

投稿日:

TEXT: iconic  PHOTO: NISSAN

  • ニスモとニスモ スペシャル エディション(写真)に変更点はない
  • ニスモは2024年モデルで、空力性能の向上、フロントメカニカルLSDの追加、4WDの前後トルク配分の最適などを行うことで「GT-R史上最高のパフォーマンス」を備えたという
  • 2025年8月の生産終了を前に、おそらく最後のモデルイヤーとなる2025年モデル
  • 発表された2025年モデル。外観は2024年モデルと同様となる
  • 青を基調とした専用特別内装色「ブルーヘブン」
  • 高精度重量バランス部品を採用したTスペックには、匠の名が赤で刻まれるアルミ製ネームプレートが備わる
  • エンジンルーム内にはゴールドのモデルナンバープレートが
  • プレミアム エディション Tスペックには専用内装色も設定されている
  • 2025年モデルは「GT-Rの集大成」と謳われた2024年モデルとほぼ同様の仕様
  • プレミアム エディションの専用特別内装色「ブルーヘブン」
  • 発表された2025年モデル。外観は2024年モデルと同様となる

2025年8月に生産終了

日産自動車のハイパフォーマンスモデル「GT-R」が2025年モデルに進化しました。生産終了となる2025年8月を前に、おそらく内燃機関のみでは最後となるR35のポイントや変更点、価格などを紹介します。2024年モデルと同様に抽選となるそうなので、気なる方は日産へお問い合わせを! まだ間に合うかも。

Tスペックはさらにパフォーマンスが向上

日産自動車は2024年3月、GT-Rの2025年モデルを発表した。2007年の登場以来、モデルイヤー制を導入し弛まぬ進化を続けるGT-R。今回の2025年モデルでは、ポイントは2つとなる。

まずは、プレミアム エディションに青を基調とした専用特別内装色「ブルーヘブン」を新たに設定した。2つめはプレミアム エディション Tスペックとトラック エディション エンジニアード バイ ニスモ Tスペックの性能向上。これまでニスモ スペシャルエディションのみに用いられていたピストンリング、コンロッド、クランクシャフトなどの高精度重量バランス部品を、この2モデルにも採用している。

2024年モデルでニスモ スペシャルエディションのみに採用されたこの高精度重量バランス部品により、エンジンレスポンスの精度が高められるという。また、この2モデルにはエンジンを組んだ匠の名が赤で刻まれるアルミ製ネームプレートと、ゴールドのモデルナンバープレートがエンジンルーム内に配される。

なお、高精度重量バランス部品を採用したTスペック2モデル以外では、2024年モデルと基本的なパフォーマンスの違いはない。2025年モデルの価格は以下の通り(消費税込)。

ピュア エディション 1444万3000円
ブラック エディション 1611万5000円
プレミアム エディション 1558万7000円
プレミアム エディション Tスペック 2035万円
トラック エディション エンジニアード バイ ニスモ 1853万5000円
トラック エディション エンジニアード バイ ニスモ Tスペック 2289万1000円
ニスモ 3008万5000円
ニスモ スペシャル エディション 3061万3000円

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS