「日産」の記事一覧

「日産」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

日産R32「スカイラインGT-R」は使いこなせるパワーがコツ。セッティング能力の高い「緑整備センター」の目指したデモカーの全容とは

チューナーの心に残る厳選の1台を語る【緑整備センター 内永 豊会長】 数え切れないGT-Rを手掛けてきたチューナーが、今でも忘れられない1台について語る。『緑整備センター』の内永 豊会長には思い出深いBNR32がある。デ...

続きを読む...

1000万円オーバーは当たり前! 日産「R34GT-R」の高騰が止まらない理由とは? 「25年ルール」が関係してる?

ネオクラ国産スポーツモデルの代表格「R34GT-R」 日本を代表するスポーツカーであり、第2世代GT-Rの最終型でもあるBNR34。代名詞ともいえる名機RB26DETTを搭載し、1999~2002年に約1万1000台が生...

続きを読む...

913万円の「コンプリートエンジン」も受注絶えず! いまチューニングメーカーで組んだエンジンが引っ張りだこの理由とは

ちょっと高価でも受注が絶えないほどの人気ぶり HKSやNISMOなどから販売されている「コンプリートエンジン」。メーカーでチューニング済みのエンジンは、ユーザーが普通にチューニングするのと何が違うのだろうか。コンプリート...

続きを読む...

昭和名車の合体「ハコトラ」復活! 「ハコスカ」顔の「サニトラ」のエンジンは伝説のチューナーが手掛けていました

いま、再び愛される昭和車の魅力 現在、懐かしの昭和車をベースにノスタルジックな雰囲気を再現しつつ、スポーティなモディファイを施すネオクラシックな旧車カスタムが流行っている。その中でもとくに熱いのが1970年代から80年代...

続きを読む...

17歳で日産「R33GT-R」オーナーになった女子高生の「いま」とは? D1ドライバーを目指してただいま修行中!

札幌から岐阜に引っ越しD1ドライバーを目指す! R’s Meeting2022の会場で見つけた女性GT-Rオーナーを紹介。今回はソーシャルメディアインフルエンサーで、来シーズン、岐阜県の「SHIBATA DR...

続きを読む...

日本が誇る高級サルーン! トヨタ「クラウン」を抜いた日産「セドリック・グロリア」を振り返ろう

いまなおファンが多い1台 日産セドリックは、1960年(昭和35年)に誕生した。私事ではあるが、5歳になったクルマ好きの私にとって、初代セドリックは忘れがたい一台である。上下にふたつヘッドライトを並べた4灯の顔つきが独特...

続きを読む...

R33「スカイラインGT-R」のおかげで「フェニックスパワー」の今がある! 最高速アタックでエンジンブローしながら得たセッティング術とは

チューナーの心に残る厳選の1台を語る【フェニックスパワー 横山耕治代表】 今でこそ理論に基づくチューニングに定評のある横山耕治代表だが、若いころは闇雲に突っ走っていた時期もあった。狙いがずれていては頑張っても的には当たら.…

続きを読む...

R32「スカイラインGT-R」の800馬力オーバーで見えたこととは? 「アートテック花塚」が語る「ターボ車だからこそハードに仕立てなければ意味がない」

チューナーの心に残る厳選の1台を語る【アートテック花塚 花塚芳美代表】 物心がついたころにはさまざまな乗り物に囲まれていて、しかもクルマをイジるための工具も揃っていた。恵まれた環境で育ったのだからチューナーになるのは自然.…

続きを読む...

「4WDは曲がらない」は今や昔のハナシ。日産R32「GT-R」から「GRヤリス」に続く国産4WDスポーツの進化の歴史を解説します

ひと昔前は「重くて曲がらない」というイメージだった 4WDはトラクション性能こそ優れているものの、重いうえにアンダーステアが強く曲がりにくい。1980年代までの4WDはこう評価されることが多く、ステアリングを握る多くの人...

続きを読む...

1 / 5612345...»