クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 日産R35「GT-R」全年式を最新・過激スタイルにアップデート可能! 片側30ミリワイドのKUHL JAPANのボディキットとは
CUSTOM
share:

日産R35「GT-R」全年式を最新・過激スタイルにアップデート可能! 片側30ミリワイドのKUHL JAPANのボディキットとは

投稿日:

TEXT: 勝村大輔(KATSUMURA Daisuke)  PHOTO: 勝村大輔(KATSUMURA Daisuke)

  • 大阪オートメッセ2024に登場したKUHL JAPANのコンセプトモデル、「R35GT-R KUHLRACING 2024EDITION WIDE BODY」
  • デイライトが装着された2024年モデル独特のフロントフェイスとすることで、古いモデルにも新しいテイストを吹き込むことができる
  • プロトタイプながら、今後のリリースを見越した作りとなっている
  • 21×12J -40というサイズの自社ホイールを装着し、エアサスでフェンダー内に収めている
  • まだコンセプトモデルなので、市販仕様ではサイドのカナードなどが若干おとなしくなる可能性があるそうだ
  • 全年式に装着可能となっているそうだが、2017年にボンネットに続くプレスラインが変更となっているため、プレスラインの違いで2種類のフロントバンパーとボンネットをラインアップ
  • エアロパーツはこれから本格的に市販化を目指して開発予定
  • まだコンセプトモデルなので、市販仕様ではサイドのカナードなどが若干おとなしくなる可能性があるそうだ
  • フェンダーは拡幅されており、より太いタイヤを装着可能
  • ワイド幅は前後ともに片側30mmとしている
  • リアウイングもこれから本格的に開発
  • 中央に寄った4本出しのマフラーが目を引く
  • ワイド幅は前後ともに片側30mmとすることで、フェンダーをカットすることなくホイール&タイヤの装着が可能
  • まだコンセプトモデルなので、市販仕様ではサイドのカナードなどが若干おとなしくなる可能性があるそうだ

KUHL JAPANが大阪オートメッセに展示したド迫力のGT-Rデモカー

2024年2月10~12日にインテックス大阪で開催された「大阪オートメッセ(OAM)2024」には、過去最高660台ものカスタムカーが集結。会場内でもひときわ巨大なKUHL JAPANのブースには、同じゴールドでペイントされた新作がずらりと並んで展示されていました。中でもとくに目立っていたのが日産「GT-R」をベースとした新作コンセプトモデルで、クルマの周囲にはつねに人だかりができていて大盛況でした。

徹底的にこだわった細部にも注目

話を伺ったところ、この展示車両は「R35GT-R KUHLRACING 2024EDITION WIDE BODY」という車両で、まだプロトタイプながら、今後のリリースを見越した作りとなっているそうだ。

なんと言っても気になるのは、その名前の由来にもなった2024年モデルを彷彿させるフロントバンパーの形状だ。デイライトが装着された2024年モデル独特のフロントフェイスとすることで、古いモデルにも新しいテイストを吹き込むことができるのだ。

ちなみにR35の最初期モデルから2024年モデルまで全年式に装着可能となっているそうだが、2017年にボンネットに続くプレスラインが変更となっているため、プレスラインの違いで2種類のフロントバンパーとボンネットをラインアップしているそうだ。もちろんボンネットと同時に交換すれば、2016年以前のモデルを2017年以降のプレスラインに変更することも可能だ。

リアに回ると、中央に寄った4本出しのマフラーが目を引くが、バンパーもこれに合わせたデザインとなっており、巨大なディフューザーが備わるのが特徴だ。

片側30mmワイドのボディの着地はエアサスで実現

ワイドボディという名前の通り、フェンダーは拡幅されており、より太いタイヤを装着可能。フロントはフェンダー交換タイプで、リアは貼り付けタイプとなっている。ワイド幅は前後ともに片側30mmとすることで、フェンダーをカットすることなくホイール&タイヤの装着が可能だ。ちなみにこのフェンダーに21×12J -40というサイズの自社ホイールを装着し、エアサスでフェンダー内に収めているそうだ。

ちなみにまだコンセプトモデルなので、市販仕様ではサイドのカナードなどが若干おとなしくなる可能性があるそうだが、実際に見るとそのシルエットは迫力満点。早くもリリースを待ち望む声も多いようだ。

すべて表示

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS