クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

CAR
スーパーカーからSUV、セダン、ミニバン、コンパクトカーまで、世界のメーカー&ブランドの最新・現行モデルの「いま」を発信

ヒョンデの最新EV「IONIQ 5」が大阪オートメッセに登場! WRCラリージャパン優勝マシンも必見です【OAM 2023】

2023年2月10日(金)~12日(日)に開催される「大阪オートメッセ」は、西日本最大級のクルマの祭典。今年は6A号館に「EVゾーン」が特設されるのもトピックです。今回はヒョンデ モビリティ ジャパンの出展内容をお伝えしましょう。

シボレー「コルベット」がAWDになった! 2024年モデルにはハイブリッドの「E-RAY」が加わります

8世代目でミッドシップレイアウトを採用したアメリカンスポーツの雄「シボレー コルベット」の2024年モデルが登場しました。今回はなんと、初の電動化AWDモデル「コルベット E-Ray」が新たに加わりました。どのようなシステム構成なのか、解説します。

64万6800円! 「大阪オートメッセ」に身近なEVを見に行こう! 「オフロードEVミニカー」と「折りたたみ電動バイク」は必見です【OAM 2023】

関西最大級のビッグな自動車イベント「大阪オートメッセ」は2023年も2月10日(金)~12日(日)の3日間にわたって開催されます。今回の新たな見どころとして、EVゾーンも要チェックです。「ブレイズ」の小さなEVモビリティを予習しておきましょう。

【電動化の前に買うべき1台】ポルシェ「718ケイマンGT4 RS」の軽快感とダイレクト感はレーシングカーそのものでした

718ケイマンGT4 RSは、718ケイマンシリーズでもっともハイパフォーマンスなサーキット仕様です。レーシングカー由来のエンジンを搭載、徹底した軽量化と空力の最適化が図られた只者でないスタイルのRSと、街中とワインディングで一日を過ごしてみました。

【1充電576km走行可能】599万円からのアウディの電気自動車「Q4 e-tron」の運転が楽しいヒミツとは?

アウディQ4e-tronは、スタートプライスを599万円〜に設定したコンパクトSUVスタイルの電気自動車です。BEV専用プラットフォームを採用し、航続距離や室内スペースなど高い実用性を得ています。今回は同車の試乗レポートをお伝えします。

【15万円の不動車を再生】80年代ポップな3輪車はヤバすぎでした。光岡自動車の「BUBU501」とは

三角牛乳パックのようなクルマが、1980年代に登場しました。「光岡自動車」が販売したマイクロカー「BUBU501」です。レトロフューチャー感たっぷりの3輪車のオーナーの愛情を紹介します。

「GRスープラ」は紳士と野獣の「キャラ変」が激しくて笑った! 6速MTをワインディングで試してみました【AMWリレーインプレ】

AMW編集部員がリレー形式で1台のクルマを試乗する「AMWリレーインプレ」。今回はトヨタGRスープラのRZ 6速MTです。試乗歴がやたら輸入車に偏っている編集部・竹内がスープラを地元のワインディングに持ち込んでみました。

BMW初代「1シリーズ」は実用性より走り重視!? 新時代を開拓したコンパクトハッチバックを振り返ろう

2004年にデビューした初代BMW 1シリーズ。現行の3代目ではFFとなりましたが、初代と2台目ではFRで走りに妥協しないコンパクトハッチバックとして多くのファンに愛されました。今回は初代E87型を当時物のカタログで振り返ってみましょう。

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

ranking

MEDIA CONTENTS