『WAGONIST』

次号を予約するとず〜っと25%OFF! 今ならWAGONISTオリジナルマグネット付き3WAYライトがついてくる! 購読キャンペーン実施中

D.A.Dのラバーマットは分割式なので置きやすく、汚れや水にも強いのです!

車内の足元をオシャレに美しく!車種を問わない汎用タイプを設定ミニバンなどに多い後席足元のスライドレールって、どうしてもゴミが溜まりやすいもの。ここを保護し、汚れや水に強くゴミもしっかりとキャッチできるのが「D.A.D」の...

続きを読む...

抜群のフィット感とドレスアップ性を両立したシートクッション

汎用タイプで車種を問わずに取り付けOK!見た目もインパクト大の9色を用意まるでコンセプトカーの室内空間。その正体は「トリコローレ・エクスチェンジ」が開発したシートクッション『ドライビングサポートクッション・エウロス』.…

続きを読む...

「前車との接近&発進の遅れをアラートする」後付け運転支援システム

レーザーで前のクルマとの車間距離を測定!電源はシガーソケットに接続するだけ前方車両との車間が詰まりすぎたり、信号待ちで前方車が発進したのに気付かず、離れすぎたり……。運転していれば誰もが経験したことがあるだろう。そんな状.…

続きを読む...

「ワークス・チューニング」だからこそ可能になる走行性能&ルックスの向上

家族が乗るクルマで安心して走りを楽しむ、ディーラーで買える最新アイテム事情自動車メーカー直系のワークスブランド。トヨタならTRD、日産ならNISMO、ホンダなら無限、スバルなら STIと、それぞれが車両にふさわしいチュー...

続きを読む...

純正HIDからLEDへ「手軽な交換を可能としたヘッドライト専用バルブ」

弱点だった明るさを確保した省電力で高寿命なLEDバルブHIDは、高電圧が必要でヘッドライトの点灯・消灯を繰り返すのが苦手。LEDと比べて、寿命・消費電力・消灯時の立ち上がりの速さ(明るくなるまでの時間)が劣るとも言われ、...

続きを読む...

面発光のLEDチューブに極細仕様が登場!カスタマイズの幅が広がる!!

厚み7mmでスキ間への装着も可能にLEDメイクの可能性がさらに広がる!クルマへのアレンジに最適な「ジュナック」のLEDシリーズに極細仕様タイプの『リザード・タイプGY7』が追加された。チューブ本体の厚みは、面発光タイプで...

続きを読む...

後期型アルファード&ヴェルファイアオーナー必見!最新エアロパーツ情報

ロェン・アイム・シックスセンス・L.D.Jが後期用ボディキットを続々とリリース開始!昨年末にマイナーチェンジを実施し、さらに高級ミニバンとしての素質に磨きをかけたトヨタ・アルファード&ヴェルファイア。同時にカスタムベース...

続きを読む...

車高調の基礎知識「全長調整、減衰力、バネレートってなに?」

用語を知っておけば選び方も変わる!車高調に関する7つの基本をおさらい「車高調」は、乗り心地重視の街乗り仕様からサーキットスペックまで、豊富なバリエーションで販売されている。カスタマイズ派や走りにこだわる人にとっては欠かせ…

続きを読む...

2 / 29123...1020...»

ウィークリーランキング

  1. FC3S型 RX-7の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    日本を代表するスポーツカーに昇華したRX-7。 SA22Cの後継、FC...

  2. 日産スカイラインGT-Rが蝕まれていく恐怖「過走行トラブルと劣化のポイント」

    貴重な愛車と向き合うための秘訣とは? 20万km/...

  3. 大切なホイールをガード!! 複雑な造形に対応する「スプレー式プロテクションフィルム」

    ボディコーティング&内装リペアのプロが施工、 複雑な曲面のホイールやボ...

  4. 「チームタイサン」がスカイラインGT-Rなど往年の名マシンをオークションに出展

    鈴鹿サーキットでオークションを開催 マニア垂涎のパーツやグッズも出展さ...

  5. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

    長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

  6. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  7. 【歴代ジムニー大全・2代目編】18年間の積み重ねで乗用車としての質を向上させた

    オンロード性能を両立させてファンを獲得、 2代目は快適性が大きくアップ...

  8. 【歴代ジムニー大全・3代目 JB23編】大ヒットとなった新規格のロングセラーモデル

    軽自動車規格の改定に伴ってモデルチェンジ、 ボディと室内の寸法が大きく...

  9. 車中泊と仮眠は大違い!道の駅やSA/PAに宿泊する無法者が増殖中

    駐車できるスペースならばどこでもOK?? 意外と知らていないタブーな場...

  10. FD3S型 RX-7 & RX-8の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    パワーよりもハンドリングにこだわった マツダのピュアスポーツモデルへ ...