『WAGONIST』

トヨタ・ヴォクシーへフラップ系エアロパーツを与えて躍動感を打ち出す

「AMS」の新作エアロは塗装済みも用意ちょい足しで個性をブラッシュアップする純正にほんの少しの+αで、純正感を損なわずに差別化を図れるのが「AMS スマートライン」のコンセプト。新作のトヨタ・ヴォクシー(ZSグレード)用...

続きを読む...

アルファード&ヴェルファイアの走りに効く、ボディの剛性アップパーツ

ローダウン車のきしみやねじれを抑制。実用性を犠牲にせず装着OKトヨタのアルファード&ヴェルファイアは、ミニバンゆえ走行時にボディがねじれやすく、特に車高を落としたときは顕著になるようだ。そんな走行時の不満を解消できるアイ.…

続きを読む...

ヘッドライトに最適なLEDバルブは、ファンレス仕様で照射カラーも変更OK

ハロゲンバルブを手軽にLED化へ高性能を追求したスタンダードモデルLEDヘッドライトを純正装備する車両が増えるなか、一部の車種や廉価グレードのクルマはまだまだハロゲンバルブが主役だ。そんなハロゲン車を手軽にLED化できる...

続きを読む...

異様だけど面白い!ヴェルファイアをアパレルブランドがカスタマイズ

ディバイナーが最新ミニバンに投入した「過去、現在、未来」という新提案アパレルブランドでありながらカー用品も積極的に提案、走り続けてきた「ディヴァイナー」が掲げたコンセプト「ビルド・オウン・ルーツ」。過去から現在、そして…

続きを読む...

ファミリーも納得!! 「HKS」の車高調がさらに上質な乗り心地に進化

ふらつきと突き上げを解消するPVSの投入でダンパーを大幅改良美しいローダウンフォルムはもちろん、走りの良さにもこだわった車高調として人気を集める『HKSハイパーマックスS スタイルL』。ダンパーにはリニアな減衰力を発揮す...

続きを読む...

「ヘッドライトの輝き」が取り戻せる、話題のフィルムに車種別カットタイプがいい感じ!

「リバイバルシート」に車種専用タイプ面倒なカット不要で貼りやすさが向上した小キズやくすみなどで劣化したヘッドライトに貼るだけで、表面の小傷を埋めて透明感を甦らせる話題の『マジカルアートリバイバルシート』。復元だけでなく…

続きを読む...

点灯パターンが選べちゃう、進化した「ウインカーポジションキット」が登場

ウインカーの点灯パターンは7種類バルブの色温度も2タイプを用意ポジションを点けた時に、ウインカー部分もポジションとして点灯する「ウインカーポジション化(以後:ウイポジ化)」。USメイクを中心に、人気を高めるカスタム手法だ...

続きを読む...

ハリアー乗り必見!! 「貼るだけ」で室内の高級感アップが実現可能に

純正ライクに後付け感を解消したレザー張りのインテリアパネルトヨタ・ハリアーの室内には、上質感たっぷりなレザー張り仕様が採用される。しかし、ダッシュボードまわりにこそ与えられるが、その下にあるインテリアパネルにレザーは採…

続きを読む...

「後期型ハリアー」へ待望のボディキット、プレミアム感と重厚感を静かに高める

プレミアムスポーツに仕立てられるハーフタイプがWALDから発進!ハリアーは、トヨタブランドの誇る高級SUVである。「WALD(ヴァルド)」が、マイナーチェンジ後のハリアーに与えたプログラムを見ていると、そんな言葉がアタマ...

続きを読む...

ルームランプも魅せる時代へ、明るさとインパクトを兼ね備えた次世代モデル

リモコン操作で切り替え&明るさ調整も可能まずはアルファードとヴェルファイア用からトヨタ・30系アルファード&ヴェルファイア前期型の純正LEDルームランプは暗いうえ、基板とユニットが一体型のため社外品への交換が難しかった。...

続きを読む...

車高短プリウスに激オシ!! 「脚のスペシャリスト」が手がけた超薄型ボディキット

“USストリート的”遊びゴコロを根ざす求めた最適解は「純正プラスアルファ」トヨタ・プリウスに特化したブランドで知られる「スペジール(speziell)」は、USストリート系に特化しているわけではな...

続きを読む...

「コーティング剤に求めるのは光沢 or 撥水?」洗車も自分好みにカスタムできる時代に

オプション感覚な1本を加えるとスパシャンの威力がさらにパワーアップカンタンな施工で圧倒的な撥水性とツヤ感を獲得できる「スパシャン2018」。いま話題のDIYコーティング剤に、新感覚な”オプション”...

続きを読む...

エルグランドとプリウスPHVへ、旬のフラップ系エアロパーツが登場

「アヴァンツァーレ」から待望の2車種!薄型で使いやすく、アグレッシブに薫るエアロパーツメーカー「アヴァンツァーレ」といえば、薄型リップの各種スポイラーを軸としたボディキットを展開。まさに、いまのトレンドといえるフラップ形…

続きを読む...

ホンダのワークスが新意匠を採用、ホンダ・オデッセイとフリードに充実のラインアップ

実用性や機能性を高めるアイテムで「無限」の薫りを解き放つメーカーワークスの「無限」が放つ、ニューコスチューム。1台は咋秋にマイナーチェンジしたホンダ・オデッセイで、ベース車のフェイスリフトに合わせてフロントアンダースポイ…

続きを読む...

【工場見学】強靭さの秘密はココにあり! 「鍛造ホイール」の製品開発から完成まで

最先端を走る鍛造の総合ブランド「TWS」、その技術力と手間がかかる開発現場へレースの世界やスポーツモデルなどのアルミホイールで、耳にする言葉として鍛造がある。 鍛造とは、高い圧力によってアルミ素材を変形させる高度な技法。...

続きを読む...

3 / 18«...234...10...»
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『K STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧

ウィークリーランキング