「ルーチェ」の記事一覧

「ルーチェ」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

当時は価値に気がつかなくてゴメン! いま見たら1960年代の国産セダンは「ドリームカー」だらけだった

この記事をまとめると 1960年代の国産セダンはいま見るとスマートでスタイリッシュだった 海外デザイナーの手を借りて仕立て上げていた 各社の魅力的なセダンを紹介

続きを読む...

トヨタはクラウン! 三菱はランサー! 日産のセドグロを追いかけた「初ターボ」搭載車たち

この記事をまとめると 国産車で初めてターボを採用したのは日産セドリック/グロリア 日産に引き続きターボを採用したのはトヨタ・クラウンだった ここでは各社のターボ初採用モデルを紹介

続きを読む...

偶然にしては似過ぎてない? 意外と多い「あと出しジャンケン」のクルマ達

この記事をまとめると 国内外のクルマでたまに見かける「あれ、なんか他のクルマに似てない?」の特集 ライバルを意識しすぎるあまり「似ちゃった」クルマもある!? デザインだけでなくトータルの実力がモノを言う

続きを読む...

マツダの「伝家の宝刀」! 名機の誉高い「13Bロータリーエンジン」進化の足跡

日本を代表する技術「ロータリーエンジン」の活躍 マツダが世界で唯一の量産化に成功し、RX-7などに採用したロータリーエンジン。とくにFC3SやFD3Sの心臓部として名高い「13B」は、日産スカイラインGT-Rに搭載された...

続きを読む...

オーラがハンパない! 「セリカ」「フェアレディZ」「117」など70年代クーペが「神車」すぎる

70年代にはクーペはまさに百花繚乱 国内経済が高度成長期から安定成長期へと切り替わっていった1970年代。それまでの高度成長期に蓄えられた資本と、磨かれた技術を活かして後世に語り継がれるような名車、今振り返っても惚れ惚れ...

続きを読む...

100周年のマツダの旧車8台があまりに名車揃いすぎて改めて驚く!

マツダ創業100周年で振り返りたい個性派車 マツダといえば、ユニークで独自色の強いクルマ作りを行なってきたメーカーだ。そもそも広島発というのも他メーカーとは一線を画している。ルーツは1920年にできた東洋コルク工業という...

続きを読む...

ルーチェからコスモAPまで、マツダ・ロータリーエンジン搭載車の歴史に迫る

RXシリーズの歴史を振り返る 2年に一度のモーターショーが近づいてきました。この時期になると必ずと言っていいほど噂が聞こえてくるのがロータリー・エンジン(以下:RE)の復活。近年では、REならではのコンパクトさを活かした...

続きを読む...

マツダの飽くなき挑戦「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー(国内編 Part 2)」

コンパクトからアッパーミドルへ。拡大化したロータリー・エンジン搭載車ファミリア・ロータリークーペに始まりサバンナ、カペラと展開。マツダのロータリー・エンジン拡大プロジェクトは70年代中盤からは、より上級レンジへとシフトし.…

続きを読む...

100万円台で買える!これから激アツな旧車「3代目コスモ/4代目ルーチェ編」

エンジンのバリエーションも多彩だった数少ないマツダのスペシャリティカーもはや時すでに遅し、というのが実際のところかもしれません。けれども「100万円台で買える激アツな旧車」のテーマにおいて、このモデルを挙げないわけにはい...

続きを読む...