「タグ: エングレービング」の記事一覧

エンジンに彫刻『エングレービング』を施すEFシビック【クロスファイブ2017TOKYO】

1980年代の無限製ホイールやホワイトの内装が渋い魅力を放つ!1980年代後半に一世を風靡した、ホンダ・シビックの4代目EF型。7月17日、味の素スタジアム(東京)で開催された「クロスファイブ」で見つけた注目の一台がこれ...

続きを読む...

エアロパーツにメタル彫刻!? 「エングレービング」がグッと身近に!!

「クールジャパン」がオプション導入そのゴージャス感、ハンパなし!!エングレービングは、ボディやエアロパーツに彫刻とメタルペイントを施す究極のカスタムメニュー。よもや自分のクルマに施そうとは想像もしないほどの大ワザだが、エ.…

続きを読む...

随所にエングレービング塗装を配する「KUHL」のスポーツモデル3種【東京オートサロン2017】

ボディキットを纏い迫力ボディを刺激的なカラーでオールペン東京オートサロン2017の「クールレーシング」ブースは、究極のカスタムペイントとでも呼ぶべき『エングレービング&メタルペイント』を全身に纏うヴェルファイアとスバルW...

続きを読む...

海外でも大人気!「KUHL」がカスタムペイントの極致を披露【東京オートサロン2017】

繊細なデザインのエングレービング塗装日本人の究極の技が世界を圧巻する10台を超えるデモカーを東京オートサロンで展示した「クールレーシング」。そのなかでも特に注目度の高かく、誰もが足を止め見入ったのは全身に究極のカスタムペ.…

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

    アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

  2. トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション落札価格トップ5」

    熱視線が注がれたジャパニーズ・スポーツ  アメリカ・アメリア島で「RM...

  3. 派生モデルも存在した「ルパン三世が愛した旧フィアット500って?」 

    非力でも必要にして十分なパフォーマンス  個人的な趣味趣向を押し付ける...

  4. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

    ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

  5. ETCカードと車載器「エラーの原因とその対策」

    エラーコードの数値には意味がある、 主なトラブル7つはこう対処すべし!...

  6. アバルト好きが高じて、ホンモノそっくりに仕上げられた「ダイハツ・エッセ」

    軽自動車ベースだからこそオモシロイ! 500ルックから跳ね馬の魂が宿っ...

  7. 1969年に起こった衝撃! 日産の名車、フェアレディZとスカイラインGT-R 誕生

    希少な両車をオートモビルカウンシルへ展示  国産車の歴史の中で、パフォ...

  8. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  9. 家族の安全を守る!ブレンボがミニバン用大容量ブレーキキットを発売

    トヨタ・アルファード/ヴェルファイア用を設定  世界を代表するブレーキ...

  10. 最高落札額は53億円! クラシック・フェラーリが超高値で取引されている理由

    クルマの美術的価値は数年前に不動になった  もともとオークションとは絵...