「タグ: ヴァレンティ」の記事一覧

「流れるウインカー」が純正バルブと交換するだけで実現可能に

独自の設計で保安基準にも適合、トヨタ・アルファードやノアなどに設定 法改正によって国産車にも採用が増えた「シーケンシャルウインカー」は、カスタマイズでも定番となりつつある。しかし、この”流れるウインカー...

続きを読む...

点灯パターンが選べちゃう、進化した「ウインカーポジションキット」が登場

ウインカーの点灯パターンは7種類バルブの色温度も2タイプを用意ポジションを点けた時に、ウインカー部分もポジションとして点灯する「ウインカーポジション化(以後:ウイポジ化)」。USメイクを中心に、人気を高めるカスタム手法だ...

続きを読む...

ハリアーとプリウスのブレーキ点灯を増やして安全性を確保する方法

カプラーオンで点灯面積を倍増、車検にも対応するキットが登場トヨタの60系ハリアーと50系プリウスの純正テールレンズ内に備わる、ブレーキランプの面積は意外と小さい。これでも後続車へのアピールは充分といえるが、両車にはポジシ...

続きを読む...

アルファード&ヴェルファイアへ、個性的に華やぐ”流れるウインカー”搭載のテールランプ

全15色の豊富なバリエーションで色彩豊かなリアビューを創り出す2月にデリバリーを予定する「ヴァレンティ」のアルファード&ヴェルファイア用テールランプ『ジュエルLEDテールランプ・REVO』。スリット状のLEDライトバーを...

続きを読む...

スバル車のカスタマイズで押さえておきたいのは”ヒカリモノ”【大阪オートメッセ2018】

それぞれ個性的なヒカリものパーツを使ってスタイルアップカスタマイズのトレンド最前線をチェックできる「大阪オートメッセ2018(大阪・南港インテックス大阪で2月10〜12日開催)」。今年のSUBARU車のカスタマイズでぜひ...

続きを読む...

レヴォーグへ最新モードを与える、注目すべきLEDアイテムが続々!【ヴァレンティジャパン】

流れるウインカー搭載のテールランプほか、実用的にも使えるLEDパーツが続々!2014年にデビューし、いまだに高い人気を誇るスバルのステーションワゴン、レヴォーグ。 そんなレヴォーグのスタイリングを崩すことなく、スマートな...

続きを読む...

発売決定!! R35 GT-R用ヘッドライトには「ヴァレンティ」流儀の最新モードが宿る

後期ルックのテイストを確保しつつ“フルLED化+α”で目元を引き締め交換用バルブから内装部品、そしてテールからヘッドランプに至るまで多彩なLEDパーツの開発、販売を行なう「ヴァレンティ・ジャパン」...

続きを読む...

1 / 212

ウィークリーランキング

  1. スマートキー車の盗難が増加!?「リレーアタック」から愛車を守る方法とは

    所有者を尾行してスマートキーの電波を傍受 電波を転送して盗難する「リレ...

  2. 大阪オートメッセ2019「キャンギャル&コンパニオン・その3 画像ギャラリー200枚」

    キュート系からセクシー系まで、彼女たちに大接近!  インテックス大阪で...

  3. 「オイルの交換サイクル」が1万km以上に延びた理由

    メーカー推奨のオイル交換サイクルは ターボ車でも1万5000km毎にな...

  4. ミニバン最強のブレーキ性能! 日産GT-R化されたエルグランドを披露

    注目はオレンジのボディカラーはGT-R専用色  2月9日からインテック...

  5. 自衛隊で活躍する最も身近な「高機動車」【働くクルマ】

    交通機動隊…の交機じゃない もう一つの“高機”に注目! 地域によって...

  6. 新しいアウトドアを楽しむ!驚きの今どきキャンピングカー5選

    クルマ旅こそベース車選びにもこだわりたい!!  3日間で6万7848人...

  7. 国産長寿モデル4種!モデルチェンジしないで20年超

    昭和に誕生してから平成まで 基本スタイルを変えずに生産 2017年1...

  8. 「流れるウインカー」が純正バルブと交換するだけで実現可能に

    独自の設計で保安基準にも適合、 トヨタ・アルファードやノアなどに設定 ...

  9. 最高落札価格は3.6億円! レクサスLFAは新車価格の2倍以上で落札

    フォードGT40の"キッズカー"は328万円 海外オークションで有名な...

  10. 90年代の国産スポーツカーがアメリカで大ブームな理由

    90年代のジャパニーズスポーツが 全米最大のカスタムカーショーを席巻!...