クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • TAG
  • 事前情報

「事前情報」の記事一覧

スズキ「ジムニー」と日産「NV200」が角目USスタイルに!「東京オートサロン2024」と「アルパインスタイル」6店舗で予約受付はじめます

クラシカルな80年代のUS的なデザイン要素を巧みに取り込み、大いに話題となったアルパインスタイルのカスタマイズカー「Carica(カリカ)」と「Havana(ハバナ)」が登場してはや一年。2024年もカーカスタム界隈の始まりは同社からでした。最新の「Sonova(ソノバ)」、「Beas(ベアス)」、「Beas+(ベアスプラス)」を紹介します。

未来の三菱「デリカ」がモビリティショーに登場!「D:X Concept」より話題は498万円からの新型「トライトン」!?

2023年10月28日から一般公開されるジャパンモビリティショー。三菱自動車は未来の「デリカ」のコンセプトカー「MITSUBISHI D:X Concept」を世界初披露。ここでは、冒険心を呼び覚ます三菱らしい電動クロスオーバーMPVのコンセプトカーの全貌に迫ります。話題の新型「トライトン」が日本で初めてお披露目されます。

幻に消えたコンセプトカー、トヨタ「S-FR」を覚えてますか?モビリティショーで注目のダイハツ「ビジョン・コペン」が期待されるワケ

ジャパンモビリティショー(JMS)で、注目しておきたいクルマがダイハツ「VISION COPEN(ビジョン・コペン)」で、FFレイアウトのコペンとは違うスポーツ性を打ち出したクルマです。そこで思い出すのが、かつてトヨタが市販に向けた開発直前までつくり込んだ「S-FR」。東京モーターショーにも出展したクルマを振り返り、ビジョン・コペンについて解説します。

ランボルギーニ新型スーパーカー「LB744」追加情報解禁! カーボンモノコックのねじり剛性は「アヴェンタドール」より25%アップ

ランボルギーニが、「LB744」の社内コードで開発を進めてきた「アヴェンタドール」の後継車──新世代のフラッグシップ・シリーズモデルは、アヴェタドールと同じくカーボン製のモノコックを基本構造体とするスーパースポーツとなります。そのモノコックに新たに加えられた技術を解説します。

「アヴェンタドール」後継モデルは12気筒搭載決定! 電動モーター3基で出力合計は1015馬力に!

ランボルギーニは、自らの創立60周年というアニバーサリー・イヤーに、ニュー・ジェネレーションの12気筒ミッドシップの誕生で祝うという最高の話題を用意しました。コードネーム「LB744」の次期フラッグシップに搭載されるパワートレインについて速報をお届けします。
share:

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

ranking

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS