4月1日施行!「ナンバーカバー装着」は50万円以下の罰金


ナンバープレートのカバーは外しましたか?

明後日、4月1日(金曜日)から自動車のナンバープレートの表示義務が明確化される。
簡単に説明すれば「カバーなどでナンバープレートを覆うと罰金!」ということだ。
もともと「ナンバープレートが判別しやすいようにする」ということは決まっていたが、今回の法改正では「カバーなどはナンバープレートに被覆禁止」と細かい部分まで制定化された。
もちろん罰則もあり、違反すると50万円以下の罰金となる。ナンバープレート

ナンバープレート一番厳しいのは、色など関係なくナンバープレートカバーは一切禁止される。
フレームについては、文字にかかるのはNG。厳密にいえば、そのサイズも明確化されている。さらにナンバープレートの汚れ、回転(縦向き)、折り曲げも禁止だ。ボルトのカバーについても直径28mm以下、厚さ9mm以下と細かく制限が付けられている。
これに違反すると50万円以下の罰金となるそうだ(道路運送車両法第109条第1項)。

・ナンバープレートカバーは透明でも装着不可

写真のように無色であってもナンバーにカバーを取り付けると罰則される

・文字が隠れるフレームはNG!サイズも明確に

角度や取り付け位置も明確に。フレームは、おそらくディーラーオプションなどに設定されているサイズがベースになっているようで、ナンバープレートの大きさ内での規定と思われる。
もし、ナンバープレートより大きな(はみ出た)フレームの場合は、どうなんだろうか?

名称未設定 2名称未設定 3

 

【関連記事】