【工場見学】3Dプリンターでエアロパーツを作るってマジ!? (3/3ページ)

03.いよいよ3Dプリンターで出力エアロパーツ 3Dプリンター エムズスピード

12分割されたフロントバンパーのデータを、ひとつずつ積み重ねるように配置してスイッチをON。
「エムズスピード」が導入しているのは、粉末焼結方式の3Dプリンターだ。エアロパーツ 3Dプリンター エムズスピード

樹脂の元になる粉末にレーザーを当てて熱で固めていく方式で、レーザーが当たるのは0.1mmの粉末層。1cmを成型するのに約1時間かかるため、12分割したフロントバンパーでは60時間ほど待機することになる。盛り上がっている部分はプリンターヘッド部。周囲はナイロン樹脂の元となる粉末

 

04.成型されたパーツを取り出すエアロパーツ 3Dプリンター エムズスピード

3Dプリンターによる作業を終えると、製品を取り出すためのブレイクアウトステーションへと移動。
白い粉末を取り除いていくと、ナイロン樹脂製の12分割された各パートが出てくる。この時点で初めて実物大のパートが再現されるわけだ。

 

05.パーツをつなぎ合わせて一体化エアロパーツ 3Dプリンター エムズスピード

写真は8分割となるプリウスのリヤバンパー。
ブレイクアウトステーションから取り出した各パートは、ボルトで締めながら接着。この完成形がクレイモデルと同じ型となり、マスター型→本製品が生産されるのだ。

 

「エムズスピード」では当初、3D-CADによる設計だけを先行させていたが、2年ほど前に3Dプリンターを導入したことで、完全デジタル化を図った。
こうやって発売されたばかりのニューモデルに素早く対応。完成度の高いエムズスピードのエアロパーツができるというわけだ。

M’z SPEEDのエアロラインアップはコチラ

取材協力:エムズスピード TEL06-6745-0200
http://www.mzspeed.co.jp/


画像ギャラリー