ドライブレコーダーとカーナビが一体化!大切な記録データを確実に残せるわけ

ドライブレコーダーとカーナビが一体化!大切な記録データを確実に残せるわけ

本体ユニットは衝撃を受けにくいインパネ内

「イクリプス」の〝録ナビ〞『AVN‒D9W/AVN‒D9』は、ドライブレコーダーの本体を内蔵したカーナビゲーションだ。ドライブレコーダーを内蔵するメリットは、衝撃を受けてもカーナビがインパネ内にあるため録画データが破損しにくいこと。さらに直射日光が当たり続けてシステムが熱暴走する可能性が低くなる。万一のときに必要となる録画データを確実に残し、操作性の高さも見逃せない。

 危険運転による痛ましい事故、事件の報道により、爆発的に普及率が増えているドライブレコーダー。万が一の事故の際の重要な記録になるのはもちろんのこと、〝自衛〞のためにも、ぜひ装着しておきたいアイテムである。しかし、カー用品店などで膨大な数のドライブレコーダーが並ぶ光景を前に「どれにしたらいいのかわからない……」と悩んでしまう人も少なくない。

 ドライブレコーダーを本体に内蔵したカーナビ、イクリプス〝録ナビ〞『AVN‒D9W/AVN‒D9』は、「単に合体させただけでしょう?」と思う人もいるかもしれない。しかし、そのメリットは計り知れないのだ。

 ドライブレコーダーは大きく分けて「撮る」、「記録する」、「見る」の3つの機能が必要になる。録ナビは「記録する」と「見る」をナビ本体に集約。フロントウインドウには「撮る」で必要なカメラだけ装着すればよい。

 現在主流となっている、これらの機能を一体化したドライブレコーダーは、横幅は100mm前後、高さは50〜70mm程度のモデルが多い。ところが『録ナビ』はカメラだけなので、横幅26mm、高さ26mmと圧倒的にコンパクト。ドライバーはもちろん、助手席からの視界も遮らない。

 ちなみにカメラは、200万画素と業界最大級の1/2.7型CMOSイメージセンサーによるフルHD映像に加え、HDR(ハイダイナミックレンジ)合成技術によって夜間の視認性を向上し、鮮明な映像を記録することができる。

 また、フロントウインドウにドライブレコーダー本体が装着されていると、事故の際に衝撃を受けて破損したり、また普段使いで直射日光を浴び続けることで熱暴走が起こる可能性が高くなる。

 しかし録ナビはナビが装着されるインパネ内に本体ユニットが装着されているため、衝撃や直射日光からの影響を受けにくい。またナビとしてノウハウが蓄積された同製品は、振動や温度変化、湿度など車載機としての品質も備えている。結果として、ドライブレコーダーの安定した動作、確実な録画にも繋がるわけだ。

 そして「見る」はナビの7型ワイド画面が対応。一般的なドライブレコーダーは3インチ前後が主流だから、映像の見やすさは圧倒的で、操作性も抜群。

 地図画面の位置情報から録画記録を選べるのは、録ナビならではの機能だ。

 さらにオプションでバックアイカメラ『BEC113』を追加することで、近年、人気の機能となっている後方録画にも対応。あおり運転対策としても期待できるだろう。

 カーナビとしての機能も最新。イクリプス自慢の“つながるサービス”では、スマホのWi-Fi機能を活用し、新規開通道路の差分情報を無料更新できる。

 新車購入を考えている人はもちろん、古くなったナビの買い替えにもおススメしたい。価格はオープン(実勢価格11万円・税込み)。

【詳しくはこちら】

デンソーテン TEL0120-022210 

https://www.denso-ten.com/jp/eclipse/


画像ギャラリー