SUVとハイエースは”黒”が似合う「令和時代に履きたい最新ブラックホイール5選」

SUVとハイエースは”黒”が似合う「令和時代に履きたい最新ブラックホイール5選」

安全安心な品質と旬カラーを身近に

 ホイールといえば、自動車のカスタムでは切っても切れない関係。見た目のイメージが変わるのはもちろん、デザインだけでなく”色”によっても履いた時の印象が大きく変わります。そんなホイール交換において特に人気の車種といえば、SUVとハイエース。いまや数多くのホイールがラインアップされていますが、「どんな色がいいのか」「履いた時の印象はどうなのか」って想像しにくいですよね。

 前述のように”色”によって雰囲気は変わると言いましたが、例えばシルバー系はオーソドックスなイメージ。見た目も無難なので失敗する心配はないですが、編集部のオススメは”黒”のホイールです。ブラック系は引き締め効果が高く、足元がシュッとした印象を受けます。また、SUVやハイエースにふさわしいタフさだけでなく、オトナっぽく、高級感があるのも黒系ホイールの特徴。このように様々な表情を持つのもシルバー系にはない特徴といえるでしょう。

 というわけで、この記事ではSUV&トヨタ・ハイエースにオススメの黒系ホイールを紹介したいと思います。

 

【ナイトロパワー グレネード】

 まずはナイトロパワーの新作、「グレネード」。しっかりとした骨太なスポークや、本場アメリカンデューティーを連想させるセンターパッケージ、5段階のスポーク折れ角など、繊細なメッデュデザインをマッシブに演出。4WD車両専用として定評あるブランドだけに、今作でも車両の風格に負けないための仕掛けが与えられています。

マルカサービスのホイール、MIDのナイトロパワーとガルシア、RMP
セミグロスブラック+リム ヴァーティカルポリッシュ

 グレネードの特徴は他にもあります。それがインナーにアンダーカット形状を与えたリム部分。立体感は高く、ビードロック風な処理によって力強さはさらに加速しているのがわかると思います。注目の設定色はワイルドな「セミグロスブラック+リム ヴァーティカルポリッシュ」、スタイリッシュな「セミグロスブラック+フランジ ディスクポリッシュ」という2つの黒系を用意。

 ブランドの頭文字”N”のロゴがアイキャッチのセンターキャップには、オプションでレッド、ブルー、オレンジが選べるので、愛車のボディカラーとあわせてコーディネートしてみるのもいいかもしれません。

マルカサービスのホイール、MIDのナイトロパワーとガルシア、RMP
セミグロスブラック+フランジ ディスクポリッシュ

 

オススメの車種は?
マルカサービスのホイール、MIDのナイトロパワーとガルシア、RMP

 設定サイズは15〜17インチ。15インチは軽自動車全般、16インチは旬のスズキ・ジムニーやハイエース、そして三菱デリカD:5などに対応。17インチとなれば日産エクストレイルといった国産SUVをはじめ、アメリカの人気SUVであるジープ・ラングラーとのマッチングにもオススメです。

 

【ナイトロパワー ガジェット】

 5段階に折れ角を設けた6対のダブルスポークで構成。そのスポークにはサイドカービングで段差を設けたり、スポークの始点部分にはピアスボルトによって高級感を盛り上げたり、リムはドリルド加工によってビードロック風に演出するなど、しっかりと立体感や強靭さを潜ませています。

マルカサービスのホイール、MIDのナイトロパワーとガルシア、RMP
セミグロス+リムヴァーティカルポリッシュ(5Hデザイン)

 また、大きく深さを持たせたリムは新仕様の2トーンとするなど、ブラックとポリッシュとのコントラストで視覚的な深みをプラス。落とし込まれたセンターパートではセンターキャップを小型化することで、足の長さを強調してドレッシーな空気感をも香らせるなど、グレネードとは異なるスタイリッシュな一面を持つのも「ガジェット」の魅力といえるでしょう。

 設定色は、ブラックとポリッシュリムとのコントラストが絶妙な「セミグロス+リムヴァーティカルポリッシュ」と、ドレッシーなカラークリア仕立ての「ブラックポリッシュ+ブラッククリア」の2カラーです。

マルカサービスのホイール、MIDのナイトロパワーとガルシア、RMP
ブラックポリッシュ+ブラッククリア(6Hデザイン)

 

オススメの車種は?
マルカサービスのホイール、MIDのナイトロパワーとガルシア、RMP

 ガジェットのサイズは16、17、18、20インチ。16インチはハイエース、17インチは日産キャラバンやハイエースにくわえてトヨタのハイラックスやFJクルーザーにもオススメです。18インチは三菱のアウトランダー、エクリプスクロス、デリカD:5、スバル・フォレスター、トヨタRAV4など幅広い国産SUVに。20インチはトヨタ・ランドクルーザー・プラドやハイラックスなどで迫力の足元が奏でられます。マルカサービスのホイール、MIDのナイトロパワーとガルシア、RMP

 

【ナイトロパワー ジャベリン】

マルカサービスのホイール、MIDのナイトロパワーとガルシア、RMP
セミグロスブラック+ピアス&ミルド

 ナイトロパワーからトヨタ・ハイエース専用モデルとして新設定されたのが「ジャベリン」。15〜17インチと、ハードユースにも街乗りにも使える身近な設定サイズですが、同じインチでも大きく見えるように設計されています。

マルカサービスのホイール、MIDのナイトロパワーとガルシア、RMP
ブラックメタリックポリッシュ+ブラッククリアピアス&ミルド

 その秘密はリム付近で急激に幅をつけたツインセパレートの存在。ハイエース専用の6穴デザインにウェルバランスな2×6スポークは、ナットホールを始点に外周部にアイポイントを持たせたことで足の長さを強調、結果的に視覚的な大口径感を獲得しています。

 さらにツインセパレートスポークの先端部には、メッキ処理のピアスボルトを注入。他にスポークサイドへのリブ加工や逆反りのコンケーブフェイスなど、魅せるためのギミックが数多く投入されています。

 

オススメの車種は?
マルカサービスのホイール、MIDのナイトロパワーとガルシア、RMP

 言うまでもなくハイエースです。硬派な「セミグロスブラック+ピアス&ミルド」、エレガントな「ブラックメタリックポリッシュ+ブラッククリアピアス&ミルド」の2色が用意されているので、好みに合わせて選んでください。デモカーのようにホワイトレターのタイヤと組み合わせれば雰囲気は格段にアップ。なお、ランドクルーザー・プラドやハイラックス向けの17インチ(8.0J)も今後追加とのこと。

 

【RMPレーシング R05HC】

 こちらもハイエースに向けた新作モデルなのですが、オフロードテイストのジャベリンとは全く異なるスポーティな印象。それが2019年からの新生ブランド、RMPレーシングから設定された「R05HC」です。

マルカサービスのホイール、MIDのナイトロパワーとガルシア、RMP デザインは、じつにシンプルな5スポーク。大きく湾曲したフェイス断面や、無駄な肉を削ぎ落としたかのようなスポークサイド、縦壁を1段カットしたようなリム形状など、5スポークの単調さが見事に払拭されています。ブランド名を刻んだスポークへのマシニングロゴも好アクセント。設定色はブラック/リムポリッシュと、赤のラインでスポーツをより強調したブラック/リムヴァーティカルポリッシュレッドラインが用意されています。マルカサービスのホイール、MIDのナイトロパワーとガルシア、RMP

 
オススメの車種は?
マルカサービスのホイール、MIDのナイトロパワーとガルシア、RMP

 写真のとおり、ハイエースと5スポークのスポーツデザインって意外にもお似合いですね。リムのポリッシュ加工やスポークのロゴ処理、コンケーブディスクなど、スポーツ一辺倒ではない魅せるための最新技術が投入されているので、うまくバランス化されているのでしょう。サイズは16〜18インチ。16インチは乗り心地優先の仕事などタフに使いたい人向け。18インチはスポーティなドレスアップ派に、17インチはバランスに長けたサイズといえますね。

 

【ガルシア・シスコ】

マルカサービスのホイール、MIDのナイトロパワーとガルシア、RMP
セミグロスブラック+リムヴァーレイポリッシュ

 最後の1本は、これまでとはひと味もふた味も違うテイストを持つホイール「ガルシア・シスコ」。ラウンドしたディッシュ面の外周部にはスクエアな穴あけ加工を施し、フェイスに抑揚を持たせるとともに重たさを払拭。リムはシャープなステップ形状としたことで、奥行き感を主張しつつメリハリのあるスッキリとした印象に仕上げられました。

マルカサービスのホイール、MIDのナイトロパワーとガルシア、RMP
メタリックグレーポリッシュ

 そして、大型のロゴ入りセンターキャップはアルミをプレス形成したもの。黒の中で映えるメッキは、適度な緩さを表現し、アクセント効果を発揮してます。また、周辺に設けられたホールはボルト穴の数によって最適化され、ベストなデザインバランスが採用されています。

マルカサービスのホイール、MIDのナイトロパワーとガルシア、RMP
オールドイングリッシュホワイト+リムヴァーレイポリッシュ

 このセンターパートは、キャップレスでも十分にドレッシーですが、遊び心を加えるならば2タイプのセンターキャップの存在も忘れてはいけません。アルミパッケージは、シンプルでクラシカルな装いに。一方の樹脂パッケージは、ボルトや樹脂を多用することでオフロードなテイストに見せることができます。

オススメの車種は?
マルカサービスのホイール、MIDのナイトロパワーとガルシア、RMP

 雰囲気は古き良きアメリカンカントリー。クラシカルなのに最新のクルマにもマッチするディッシュ系は、軽自動車からジムニー、ハイエース、さらにはハイラックス、ランドクルーザー・プラドでも似合うこと確実でしょう。他とは違う、オシャレな路線に魅せたい人にはうってつけの1本です。

 

 いかがでしたか。どのモデルも都会的でありながらも力強いフォルムを感じさせるものでしたよね。素晴らしいデザインや配色も魅力ですが、今回のご紹介した新作は「MID」というコーポレートブランドでおなじみのマルカサービスのオリジナルホイールなのです。流行を積極的に採用したデザインから品質管理まで、すべて日本国内で実施。もちろん重要な品質チェックもMIDの特別チームのもとで行なわれるので、安全・安心に履けるのも魅力ですよ。それでいて価格も手頃に設定されていると聞くならば、選ばない手はないホイールといえるでしょう。

http://www.mid-wheels.com/


画像ギャラリー