「デモカー」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

ホンダ・シビック タイプRの走りに磨きを掛ける 「無限」チューニングの真髄【試乗】

ホンダ車の個性を際立たせる開発コンセプト M-TEC(無限)はホンダ車専用のアフターパーツの製造販売のほか、ホンダとの共同プロジェクトとしてレース活動を実施。他のワークス系チューナー(TRD、ニスモ、STI)とは異なり、...

続きを読む...

マイチェン後トヨタC-HR用パーツが早くも登場! TRDとモデリスタを比較してみた

味付けの異なる直系ブランドのカスタマイズ 2016年にデビューし、SUVらしからぬアグレッシブなボディスタイルで人気のトヨタC-HR。10月18日にはマイナーチェンジが行われ、フロントのエアインテークを左右に広げ、さらに...

続きを読む...

旧い日産GT-Rを甦らせる! NISMOチューンドカーを試乗

サーキット走行も楽しめる快適なCRS 日産直系のスポーツブランド「NISMO(ニスモ)」は、R34型スカイラインGT-Rの生産終了後にリフレッシュと、ストリートからサーキット走行までを楽しめるエンジンを始めとするチューニ...

続きを読む...

「STI」調律のインプレッサスポーツ&フォレスター試乗! ニュル24時間レースで得た技術を市販パーツへ

強靱さとしなやかさを両立 SUBARU車のモータースポーツ&ワークスチューンを担う「STI(スバルテクニカインターナショナル)」。チューニングのテーマは体幹チューニング。最近よく耳にする”体幹”で...

続きを読む...

アウトドアイベントで発見! オートキャンプが楽しくなる自動車関連アイテム3選

カスタマイズやタイヤ、携帯冷蔵庫に注目 クルマでキャンプに行く旅ではお気に入りのスタイルをしたクルマだけでなく、道中を楽しめるアイテムが欲しいもの。そこで、キャンプイベント「GO OUT CAMP」(9月27日〜9月29...

続きを読む...

素晴らしきオタク文化! 日本が誇る自動車カルチャー「痛車」がブーム再燃なワケ

クルマというキャンバスに個性を込める アニメやゲームなどのキャラクターイラストをボディに貼ったクルマを「痛車(いたしゃ)」と呼ぶ。この痛車がいつ頃から始まったというのには諸説あるが、存在が目立ってきたのは2000年代前半...

続きを読む...

クルマを大胆イメチェン! 「塗装」と「ラッピング」それぞれのメリット&デメリットを知る

独創性とボディ保護が目的ならばラッピング 旧車のレストアだけでなく、愛車のイメージを激変させるカスタマイズとして、昔から高い人気を誇る「全塗装(オールペン)」。しかし、近年では印刷技術や素材の進化により、「ラッピング」…

続きを読む...

令和の自動車カスタマイズ、軽自動車ベースの旧車風スタイルが熱い理由

維持費が安くトラブル知らず パッと見はクラシックカーで中身は最新の軽自動車、そんなクルマを街中やクルマ関連のイベント会場で目にした人もいるはず。以前はコアなファンが支えていたカテゴリーだが、近年は裾野が大きく広がると同…

続きを読む...

1 / 65123...102030...»