「デモカー」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

トヨタ新型「GRスープラ」ドリフト仕様を公開! 斎藤太吾がマシンの手応えを語る

3.4リッターの800psを発揮するモンスターへ モンスターエナジーがサポートするドリフトドライバー斎藤太吾は、トヨタの新型「GRスープラ」でD1グランプリに参戦することを発表した。 新型スープラといえば、TOYOTA ...

続きを読む...

自衛隊の高機動車「和製ハマー」と言われたトヨタ・メガクルーザーってどんなクルマ

民間人も買えた陸上自衛隊向けの多目的車両自衛隊で働くクルマとして、三菱・パジェロをベースにした「73式小型トラック」を紹介したが、今回は高機動車として活躍するトヨタ『メガクルーザー』をクローズアップしたい。そもそも高機動.…

続きを読む...

カスタマイズされた「新車コンプリートカー」を買うメリットとデメリットとは

ドレスアップや保安基準について、知識のあるショップ選びが重要 カスタマイズを前提に新車を購入する場合、「ディーラーで新車購入+カスタムショップで自分仕様にドレスアップ」というケースがほとんど。しかし、最近では「新車購入…

続きを読む...

ハイエース&キャラバンでアウトドアを楽しむ! いま注目の箱車カスタマイズ6選

車高アップで海や山でアクティブに!“遊び”がテーマだった大阪オートメッセ2019のトヨタ・ハイエース&日産・キャラバンゾーン。各メーカーが取り組んできたスタイリングは、アウトドアはもちろん、街中で...

続きを読む...

悪路もガンガン行ける!オフロードテイストを高めたジムニードレスアップ10選

大阪オートメッセ2019の注目デモカーに接近!ライトなリフトアップがトレンドに?「大阪オートメッセ2019」では、スズキ新型ジムニー(以下:JB64W )&ジムニーシエラ(同:JB74W)のカスタマイズデモカーが多く展示...

続きを読む...

自動車業界のトップも驚愕! 50年以上前のランボルギーニが新車レベルに復活

レストア事業にも意欲を見せる ランボルギーニ社が社内に設けたレストアの部署で、修復された「ミウラSV(1972年式)」が公開された。場所は、2月6日から10日の間パリで開催された「レトロモビル」というクラシックカーのイベ...

続きを読む...

新型ジムニー&シエラを輸入SUVルックなどにカスタマイズ!注目ドレスアップ10選

エアロパーツも続々!!  インテックス大阪で開催された「大阪オートメッセ2019」には、数多くのカスタマイズ車両が展示されていた。なかでも最も勢いを感じさせる車種といえば、スズキ新型ジムニー&ジムニー シエラ(以下:JB...

続きを読む...

1 / 63123...102030...»

ウィークリーランキング

  1. 40万円で愛車がキャンピングカーに早変わり!! 車中泊も可能とする「ルーフテント」とは

    カンタン設置で極上の"車上泊"を楽しめる  ルーフテントは、愛車の屋根...

  2. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  3. プロが教える「車中泊が快適に生まれ変わるアイテム10選」

    キャンプや冬場に大活躍なアイテムも必見! 「車中泊が快適になるものだっ...

  4. 南極観測隊も使用した暖房器具「FFヒーター」で冬場の車中泊が快適に

    エンジン停止中でも使用OK!! 換気不要で後付けもできる  キャンピ...

  5. 実力はスペック以上!280馬力自主規制でパワーダウンを余儀なくされた国産車5選

    日本車だけ設定された上限280馬力の壁  日本のお役所、お役人は、何か...

  6. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  7. 国産長寿モデル4種!モデルチェンジしないで20年超

    昭和に誕生してから平成まで 基本スタイルを変えずに生産 2017年1...

  8. 90年代国産車が海外に流出! 高値で取り引きされるスポーツモデル4選

    北米輸出が加速する「25年ルール」  国外からの中古車の輸入が厳しく制...

  9. 「ATFは2万キロ毎の交換、過走行車はトラブルが多い」はホントなのか

    フルードの選び方もポイントとなる、 ATFに関する疑問のアレコレ い...

  10. 1200馬力の魔改造なフェラーリ! 日産GT-Rエンジン搭載で暴れ馬へと変貌

    高級グランツーリスモが右ハン仕様のドリフトマシンへ  大阪オートメッセ...