「ドレスアップ」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

電気自動車「リーフ」もリフトアップするとワイルドに!新感覚なアゲレシピ♪♪

足元は手軽のスプリングでちょいアゲし、オリジナルのテッチンでキメる電気自動車だから、エコカーだから、大人しく街乗り仕様で。そんな枠にとらわれていたら、楽しいクルマには出会えない。例えば「ESB」が手がけた日産リーフ。今後...

続きを読む...

AMG43GLE&クーペのフォルムを際立たせるホイールでコーデとは

個性的なクーペフォルムにはあえてシンプルデザインの24インチ大径ホイールでクルマのスタイルアップにアメリカの空気感を巧みに取り入れてカタチにするのが得意とするのが、香川県高松市にある「アビスオートブティック」。今回題材に.…

続きを読む...

フィアット500のボディ一面にマンガ!? じつはアバルトとの歴史が見え隠れ

インパクトバツグンのイラストはエンスー漫画家・田中むねよし氏直筆愛知県名古屋市でヨーロッパ車のコンパクトモデルのスタイルアップを得意とする「ユーロスタイルクラフト」では、エンスー系漫画家/田中むねよし氏がボディ面にイラ…

続きを読む...

脱定番カスタム!! プリウスの車高を上げてワイルドなオフロードスタイルに

プリウス・カスタムの名門が描く、“違和感こそが真の醍醐味”トヨタ・30/50系プリウスの各種パーツを手がける「スペジール」が発表した新シリーズ、『On/Off』。本来ならば同店はローダウンがカスタ...

続きを読む...

SUBARU XVを日常でワクワクできるオフロードスタイルへ

「好きな場所へ自由に、オシャレに」。クロスオーバーSUVの新しい楽しみ方本格的なキャンピングカーはいらないけれど、たまには家族や仲間を乗せて、キャンプやアウトドアも楽しみたい。兵庫県神戸市に店舗を構える「ダブルフット事業...

続きを読む...

古き佳きオールド・メルセデスを現代風カスタムでアレンジ

’70年式 250CEをローライダー仕上げにファントムトップルーフも必見のテク密かにムーブメントは起きつつある。クラシック・メルセデスのローライダーカスタムだ。ジャスティスが手がけた「JUSTICE 250C...

続きを読む...

希少なショートボディ・カブリオレ G320のシティオフローダースタイル

カジュアルに楽しむ小粋なハードメイクを「ボンドショップ東京」が提案新型登場で話題のメルセデス・ベンツ Gクラスだが、今ではすべてのモデルがいわゆるロングボディと呼ばれる5ドアに一本化されているが、かつてはこの”...

続きを読む...

メルセデス・ベンツ Gクラスの老舗が放つ「W463カスタマイズの最終形」

従来型Gクラスのカスタムシーンで一目置かれる都会派オフローダールックスへメルセデス・ベンツGクラスでのカスタマイズの老舗である「ゲレンデヴァーゲンファクトリー」が、W463における最終進化形を完成させた。Gクラスがクロー...

続きを読む...

1 / 41123...102030...»

ウィークリーランキング

  1. FC3S型 RX-7の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    日本を代表するスポーツカーに昇華したRX-7。 SA22Cの後継、FC...

  2. 「チームタイサン」がスカイラインGT-Rなど往年の名マシンをオークションに出展

    鈴鹿サーキットでオークションを開催 マニア垂涎のパーツやグッズも出展さ...

  3. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

    長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

  4. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  5. 広大な空間だからこそできる「ハイエースの内装活用テクニック」

    「ハイエーススタイルミーティング」で見た ユーザーカーのインテリアメイ...

  6. この1台で遊びが100倍楽しくなる!! アゲ系ハイエース『ニーズボックスWGT』の正体

    10人乗れて荷物も運べる新ジャンル 見た目もオシャレなトランポワゴンが...

  7. MAZDA RX-7 SA22C「ロータリー・エンジンを世に知らしめた初代モデル」

    サバンナの派生モデルを始祖に、 世界に冠たるスポーツカーに昇華したRX...

  8. 名車W124の魅力「コストを徹底的にかけた」と語り継がれるメルセデス・ベンツ

    派生モデルの誕生でラインアップも充実、 「最善か無か」の哲学で生まれた...

  9. FD3S型 RX-7 & RX-8の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    パワーよりもハンドリングにこだわった マツダのピュアスポーツモデルへ ...

  10. 車中泊と仮眠は大違い!道の駅やSA/PAに宿泊する無法者が増殖中

    駐車できるスペースならばどこでもOK?? 意外と知らていないタブーな場...