「ドレスアップ」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

素晴らしきオタク文化! 日本が誇る自動車カルチャー「痛車」がブーム再燃なワケ

クルマというキャンバスに個性を込める アニメやゲームなどのキャラクターイラストをボディに貼ったクルマを「痛車(いたしゃ)」と呼ぶ。この痛車がいつ頃から始まったというのには諸説あるが、存在が目立ってきたのは2000年代前半...

続きを読む...

クルマを大胆イメチェン! 「塗装」と「ラッピング」それぞれのメリット&デメリットを知る

独創性とボディ保護が目的ならばラッピング 旧車のレストアだけでなく、愛車のイメージを激変させるカスタマイズとして、昔から高い人気を誇る「全塗装(オールペン)」。しかし、近年では印刷技術や素材の進化により、「ラッピング」…

続きを読む...

令和の自動車カスタマイズ、軽自動車ベースの旧車風スタイルが熱い理由

維持費が安くトラブル知らず パッと見はクラシックカーで中身は最新の軽自動車、そんなクルマを街中やクルマ関連のイベント会場で目にした人もいるはず。以前はコアなファンが支えていたカテゴリーだが、近年は裾野が大きく広がると同…

続きを読む...

愛犬との至福の時間を演出! ペットと飼い主に優しいキャンピングカーがブームに

限られた空間にさまざまな工夫を投入 犬好きにとって愛犬の存在はペットというより家族同然。家の中にかかわらず、お出かけの時も常に一緒にいたいというもの。でも実際、クルマで愛犬を連れての遠くへの移動や旅行などは正直ちょっと…

続きを読む...

    リスクが高すぎる「違法改造車」 保険、車検、乗って後悔すること5つ

    保険金が支払われず一生を棒に振ることも 合法のチューニングやドレスアップが当たり前となった今のご時世、違法改造車に乗ることは非常に大きなリスクが伴う。道路運送車両法違反の可能性だけじゃなく、修理/保険/車検/売却などカ…

    続きを読む...

    ハイドロ仕様のスズキ ジムニー! 他人と違うスタイルを追求して遊び尽くす男

    公認まで取得した異次元のカスタム文化 宮城県の白石スキー場で開催された旧車イベント「ミチノクレトロカーズセッション」。近年はカスタムが得意なプロショップの出展も多く、長野県からユーザーと一緒に参加した『カオスレーシング…

    続きを読む...

    どちらがお好み? トヨタRAV4 カスタマイズの2大巨頭を徹底比較してみた

    アーバンなモデリスタ、アクティブなTRD アウトドア派が注目するトヨタ「RAV4」が再び日本で販売された。トヨタにはハリアーがあり、SUV同士での差別化を視野に、より悪路走破性が高められているのが特徴だ。ま...

    続きを読む...

    1 / 44123...102030...»