『VIP STYLE』

期間限定! VIPSTYLE 半額キャンペーン 〜 3号連続 50%OFF、4号目以降も25%OFF!! 購読キャンペーン実施中

昭和の最後を飾った高級車!トヨタ8代目クラウンが100万円以下で買える【旧車セダン購入ガイド】

程度の良い個体が多いのは平成以降の後期型 セダンのドレスアップジャンルが誕生する前から、いろいろなドレスアップカーを乗ってきた若者が落ち着きを求めて愛していたのがトヨタ13系クラウンだった。8代目となるこのモデルは、19...

続きを読む...

バブルの象徴だった日産「初代シーマ」中古車のチェックポイントは?【旧車セダン購入ガイド】

幅広い層に愛されるY31型シーマは、30年を得て100万前後の高値をキープバブル時代のトレンドが再び注目され、「バブルの象徴」としてテレビでも取り上げられる機会が増えているのが、日産の初代シーマ(Y31型)だ。デビューは...

続きを読む...

トヨタの高級セダン「初代セルシオ」が80万円以下で買える【旧車セダン購入ガイド】

発表された29年前の新車価格は約670万円!欧米でブレイクした日本が誇る高級車セダンの世界基準を変えたとも言われた1989年に登場した初代トヨタ・セルシオ。一説には、その車内静粛性の高さに驚いたメルセデス・ベンツが発表直...

続きを読む...

エアサスで乗り心地と走行性を向上すべく「倒立式」を採用

3年間を費やして待望のデビューへローダウン乗りのリスクも回避できる豊富なラインアップに、優れたコストパフォーマンス。他にも品質と性能、耐久性の高さなど、「イデアル」の製品がカスタムユーザーに選ばれる理由は数多くあるが、「…

続きを読む...

アメ車専門店「マッスルトリップ」が作った”芸者クラウン”ってなんだ!?

アメリカ人が日本流VIPカーを作ったら…?北の大地で異彩を放つ渾身の1台マッスルカーを専門に取り扱う北海道の「マッスルトリップ」。ちなみにマッスルカーとは、主にダッチ・チャージャーやプリムス・ロードランナーなど、2ドア仕...

続きを読む...

「ブラックパールコンプリート」を愛するオーナーが作り出すUS VIPスタイル

カリフォルニア発の気鋭プロショップが3台のレクサスとNSXに着手Mike Vo氏。現在はショップの代表であるが、元々はどこにでもいるカスタムカー乗りだった。その氏が「いつか自分もVIP系メイクをプロデュースしたい」と始め...

続きを読む...

アメリカの職人が作り上げた、レクサスISから240SXまで「VIPな日本車カスタム・後編」

USを代表するショップ渾身の作品は、ボディメイク&足回りで個性全開の6台足回りのスペシャリストとして「TディメンドUSA」としても活躍。アメリカを代表するボディメイクのスペシャリスト、Sam Hagenが率いるショップ「...

続きを読む...

レクサスLCへ捧ぐ、3Dモデリングの造形美を与えたボディキット

エイムゲインのアンダーフラップにはコンマ1mm単位のこだわりが宿っていたアンダーフラップ系のスポイラーには何かと利点が多い。レーシングカーに使われるようなカタチが分かりやすくスポーティに演出できるし、薄型設計なのでロード...

続きを読む...

アメリカの職人が作り上げる、90年代セダンから最新モデルまで「VIPな日本車カスタム・前編」

LS460、Q45、LEXUS LCも!名門が作り上げるアメリカンなVIP事情VIPカーを作るために必要な技術となる、板金、電装などの加工はもちろん、足回りのスペシャリストとして「TディメンドUSA」としても活躍。オレン...

続きを読む...

奇抜さは要らない、レクサスLSを上品に仕立てられる稀有なボディキット

「レクソン」から先代LS後期に向けてジェントルに奏でる4点をリリース新型LSの登場に沸き立つセダンのカスタム業界だが、現実的なベースとして、盛り上がりを見せるのが先代モデルの後期型だろう。今まで雲上の存在だった国産最高級...

続きを読む...

1 / 28123...1020...»

ウィークリーランキング

  1. 令和で輝く90年代! 時が経っていい味がでてきたクルマ5選

    中古車相場上昇前に底値で手に入れたい  クルマも女房も若い年式の方がい...

  2. クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

    40代〜50代にとっては懐かしいはず? いまや見かけなくなった絶滅危惧...

  3. 信号待ちで「ライト消灯」はマナーではなくルール違反

    夜間は常時ヘッドライト点灯! 消しているほうが危険だ 信号待ちの際、...

  4. クルマ好きなら1度は読んだ「人気漫画の主人公が乗っていたクルマ6選」

    実社会にまで影響を与えた古き良きスポーツモデル 「三つ子の魂百まで」と...

  5. 大型トラックが追い越し車線をチンタラ走る理由とは

    トラックの速度超過による死亡事故が多発 平成15年より90km/hリミ...

  6. 消えたライバル!スズキ・ジムニーだけが生き残れた理由

    悪条件でも走りきれる絶対的な走破性  2018年7月、じつに20年ぶり...

  7. 予算100万円以下! いま乗るべき「90年代のスポーツカー」5選

    中高年、若者にも乗って欲しい「マニュアルミッション」 これから狙い目な...

  8. セリカLBやサバンナRX-3! クルマ好きを熱くさせた昭和を代表する国産スポーツカー3選

    70年代のヒーロートリオ  幕張メッセで4月7日(日曜日)まで開催され...

  9. 50万円以下で買える!走りが楽しいモータースポーツベース車両8選

    ドラテク磨きやモータスポーツ入門にオススメ  スポーツカー市場に冬の時...

  10. 100円からできる愛車リフレッシュ!「ヒューズ」交換で電通改善するメリットとは

    電子部品の作動や調子を左右する  平成以降のガソリン車やディーゼル車は...