クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

ARIYA(アリア)

【2022年度グッドデザイン賞受賞】日産のEV「アリア」と「サクラ」はデザインも優れていた! 「リーフ」が金賞の過去も

日産自動車の電気自動車、クロスオーバーの「アリア」と軽自動車の「サクラ」が、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「2022年度グッドデザイン賞」を受賞。日産の積極的な電動化戦略の今を代表する2台はデザインやコンセプトでも評価されました。

日産新型EV「アリア」オーナーに朗報! 静かな車内で同乗者がテレビを楽しめるデータシステム「TV-KIT」が登場

日産が「新たなフラッグシップ」と位置づけるEV「アリア」。エンジンを持たないEVならではの圧倒的な静粛性も大きな魅力のひとつですが、走行中は同乗者がテレビを視聴できないのが純正ナビならではの悩み。データシステムから「TV-KIT」のアリア用が登場しました。

【1300km弾丸インプレ】日産「アリア」の実電費とは? 長距離試乗してわかった充電の現実と乗り心地をお教えします

日産が新たなフラッグシップと位置付けしたBEV(バッテリーEV)「アリア」。軽EV「サクラ」の好調からも分かるように、近所の足としてのEVはすでに受容されてきました。しかし、いまだEVでの長距離移動には不安を抱く人も多いので、長距離試乗して最新事情を探ってみました。
正式に「一般発売」が始まったばかりの日産アリア

後席もラゲッジも最高だけど電源がちょっと残念! 日産アリアをアウトドア目線で調べてみた

日産から登場した、EV専用プラットフォームを採用した大空間BEVが「アリア」。なんと言ってもその広大な室内空間が魅力。静かでスムースな走りでアウトドアに向かうドライブは安心かつ快適で爽快。アリアでのアウトドアは可能なのか? プロが解説していく。
2020年7月に発表され、今春ようやく納車が始まった「アリア」

どこまでも空走する「鬼コースティング」に驚愕! 「日産アリア」のスムースさが圧倒的だった

日産のフラッグシップEV「アリア」。試乗したのは「B6」で、66kWhのバッテリーと160kWのモーターで前輪を駆動する2WD仕様だ。新開発のe-4ORCEを採用した4WD仕様や、さらにバッテリー容量が大きい91kWhの「B9」は遅れての発売となる。
デートカー4台

現代版「デートカー」の意外な伏兵は「ベッド付き」! 令和女子に受けるデートカー3選+α

90年代に若者を熱狂させたひとつが、デートカー。その呼び名のとおり、カップル向けだったり手軽に購入できるスポーティなモデルだったりさまざまなクルマが誕生した。では、現代版のデートカーとはドレになるのか? 魅力的な3台を紹介していこう!

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

ranking

MEDIA CONTENTS