「タイプR」の記事一覧

「タイプR」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

R33GT-Rはなぜ不人気だったのか?「偉大すぎた初代」のせいで泣かず飛ばずの「2代目スポーツカー」3選+α

この記事をまとめると クルマ好きが注目するスポーツカー 初代のインパクトが大きいと2代目への期待値も上がる 中身は進化していても苦戦してしまった3台を紹介

続きを読む...

    「F1やめます」「エンジンもやめます」! そんなホンダが「新型シビックタイプR」を開発する理由とは?

    この記事をまとめると ホンダは2040年までにすべてEVもしくは燃料電池化すると宣言 NSXやS660、F1など走りの象徴がどんどん終了に タイプRは電動化でも走る楽しさをアピールする絶好のブランド

    続きを読む...

      クルマから降りたくなくなる! マニアも唸るかけ心地バツグンの絶品「純正シート」3選

      形状や材質にこだわったシートが増えてきた! クルマを選ぶ基準というのは数多くあるが、なかでもクルマ全体の評価を左右するほど重要な部分がシートではないだろうか? クルマに乗っている限り、つねに身体に触れる部分でもあり、ス…

      続きを読む...

      2022年にまさかの復活! 日本導入も期待したい「インテグラ」の歴史をプレイバック

      歴代モデルでスポーティさを追求してきた S660や2代目NSXの販売終了など、スポーツのホンダのイメージが薄れていくのは悲しい限り。脱炭素は仕方がないことで、今後もこの流れは続くのだろう。そこで、今回は忘れちゃいけないス...

      続きを読む...

      中古車価格爆上がりの「初代インテグラタイプR」! 庶民も買えた「下町のスーパーカー」を振り返る

      NSXに続いてインテグラに「タイプR」が登場! 今でこそ、そのスペシャルな存在は多くの人に知られているところだが、1995年8月にホンダがインテグラタイプRを発表したときの衝撃といったらなかった。 たしかにホンダ自身がサ...

      続きを読む...

        新型シビックはどちらを向いている? 欧米を意識したグローバルカーならでは「悩み」とは

        日本のファンには進化の過程がわかりにくい? ホンダは2021年6月24日、新型シビックをオンラインでワールドプレミアした。すでにアメリカではセダンが公開されており、今回はハッチバックである。ネット上では、新型シビックに対...

        続きを読む...

        GT-R用をロードスターに流用! 今人気の「着回し」純正ホイール4選

        近年はデザインも性能も高いものが多い! 純正ホイールといえば、ひと昔前まではデザインもイマイチでオフセットも甘かったため、クルマ好きからしてみれば真っ先に交換したくなる部分であった。しかし、最近ではデザインやオフセット…

        続きを読む...

        新型には目もくれない! カスタム界でシビックといえば今も昔も「グランド」「スポーツ」「ミラクル」な理由

        もはやコンパクトカーと呼べない⁉ デカくなりすぎた10代目シビック ホンダで最も歴史のあるコンパクトカーであるシビック。現行型で10代目となるが、主要マーケットであるアメリカでは未だ人気&販売台数を含めて高い評価...

        続きを読む...

        1 / 3123