「ダイハツ」の記事一覧

「ダイハツ」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

「農道」最速確実! 三連横出しマフラーにディフューザーまで付けた「屋根切り軽トラ」が熱すぎる

見た目遊んでいても中身は本気! 細部にまでデザイナーの想いが込められる オンライン版東京オートサロン「バーチャルオートサロン」内にブースを出展、デモカーを展示中のダイハツ。AMWではタフトベースの「クロスフィールドVer...

続きを読む...

往年の軽トラファン感涙! 「レトロ」な「最新ハイゼット」のアウトドア仕様がオシャレすぎた

生誕60周年を迎えたアニバーサリーなコンセプトカーをオンラインにて展示中 ダイハツは現在「バーチャルオートサロン」内にてブースを出展しデモカーを展示中。AMWではこれまで2回にわたり展示車両となるタフトベースの「クロスフ...

続きを読む...

不便だがそれがいい! コペンの「クラシックカー」スタイルがおしゃれすぎる

「コペンのタブー」に挑戦! 担当デザイナーも「会心の出来」と太鼓判 毎年年初に開催される日本最大の自動車アフターパーツの祭典「東京オートサロン」。今年はコロナウィルスの影響で開催が見送られたが、オンライン版「バーチャル…

続きを読む...

ジムニーのガチライバル誕生! 超絶ワイルド化したタフトの「コンセプトカー」の市販を熱望

メーカー自らが「超本気」で仕上げた2021年仕様のカスタマイズ軽自動車 現在開催中の「バーチャルオートサロン2021」。これは毎年多くのギャラリーを集めている、年初お馴染みの自動車カスタマイズカーショー「東京オートサロン...

続きを読む...

「立体ウサギ」に「大阪城」! 驚きの「エンブレム」を装着した国産旧車6選

クルマの存在感をより引き立たせる、エンブレムに纏わるエピソード 『いつかはクラウン』のキャッチコピーで知られるクラウンは、初代モデルが1955年(昭和30年)に登場した、国内で最も長い歴史を誇るクルマ(ブランド)です。初...

続きを読む...

古く見えなくとも20年落ちの立派な旧車! 初代コペンの中古の現状と注意点

いろいろな古き良き……が残された軽スポーツを代表する一台 2代目コペン(LA400系)が発売開始されたのが2014年のこと。つい最近の出来事だと思いきや、2021年の6月で丸7年を迎えようとしている。そう聞くと現行のコペ...

続きを読む...

「軽トラ」で「ワーケーション」の時代遂に到来!? メーカーと自治体がタッグを組み実証実験中の「モバイルワークステーション」とは

軽トラックに搭載可能なワーケーション用オフィスの実証実験~新潟県妙高市の大自然を満喫しながらワーケーション~ 新潟県妙高市(以下、妙高市)とダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ)、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、青...

続きを読む...

いま「軽ハッチバック」の中古が人気! 「走る」も「イジる」もアリの50万円以下のクルマ6選

見た目も走りも楽しめる「軽ハッチバック」 アルトやミラをはじめとした、いわゆる「軽ハッチバック」と呼ばれているカテゴリーがここ最近アツい。しかもカスタマイズだけでなく、サーキット走行のベース車としても非常に人気だ。 ま…

続きを読む...

1 / 712345...»