「ホイール」の記事一覧 - 5ページ目

「ホイール」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

ホイールメーカーのワークが放つ「令和」幕開けにふさわしい期間限定モデル

スポークに”令和元年”を刻印 日本のホイールメーカー、ワークが『令和EDITION』を期間限定で販売することを発表した。ベースとなるホイールは「BACK LABEL ZEAST BST1/BST2...

続きを読む...

使わない穴は何のため? 10個もボルト穴があるホイールとは

ホール数やP.C.D.が異なっても装着できる クルマのホイールは、16インチや17インチといったホイール外径の他に、ナットのホール数で4穴や5穴、P.C.D.やインセットなど、車種ごとに見合った数値があります。ホイールを...

続きを読む...

ホイールメーカー「OZ」日本法人が創立30周年!新作モデルを続々発表

センターロック風デザインを採用 正真正銘、メイド イン イタリーのホイールブランド「OZ」。その日本法人となるOZジャパンが、今年で創立30周年を迎えるにあたり、東京都内にて記念パーティーが行われた。そこでお披露目された...

続きを読む...

トヨタ 新型RAV4を速攻カスタマイズ! クール&ワイルドの2スタイルを提案

純正パーツならではの高いフィット感 トヨタ車の純正カスタマイズパーツをリリースするモデリスタは、4月10日にフルモデルチェンジしたトヨタ新型RAV4の発売に伴い、先進感とワイルドなSUVスタイルを演出するカスタマイズアイ...

続きを読む...

美的センスを注入した鍛造ホイールブランド 「F ZERO」が衝撃デビュー

削り出し製法で高性能がより身近に 最新の技術力と高いデザイン性で多くの作品を生み出してきたホイールメーカー「Weds(ウェッズ)」。カスタマイズ&チューニングの各種シーンを網羅する幅広いシリーズ展開も魅力なのだが、同社は...

続きを読む...

古臭いデザインなのになぜ? クラシック系ホイールがブームになっているワケ

アフター業界に押し寄せる復刻ブーム 驚くほどの価格高騰を続ける旧車。そんな空前のブームを受けてか、カスタムを支えるホイールメーカーでは、クラシックなデザインへと回帰する逆転現象が巻き起こっている。例えば「ワーク」では19.…

続きを読む...

ホイールの大径化は見た目だけ? 「インチアップのメリットとデメリット」

プラス面とマイナス面をどう捉えるべきか ドレスアップの第一歩として多くのユーザーが実施するホイールの交換。ここでキーワードとなるのが、インチアップだ。純正で16インチサイズのホイールを履くクルマに、17インチや18インチ...

続きを読む...

5 / 28«...34567...»