「保安基準」の記事一覧

「保安基準」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

数値が高ければ高いほど明るくなるワケじゃない! LEDカスタムするなら正しく理解しておきたい「色温度」とは

この記事をまとめると 数値が高ければ明るいと勘違いしがちのLEDカスタム用語の色温度 LEDなどの明るさを示す単位は色温度じゃなくカンデラ数で決まる クールなLEDカスタムを実践するならば同じ色温度で揃えたい!

続きを読む...

「どシャコタン=違法改造」と決めつけないで! 保安基準を遵守する清く正しいローダウン事情

この記事をまとめると 最低地上高90mm以上が、公道を走るための大前提のルール イベント会場で完全着地させるにはエアサスが活躍 最低地上高にカウントされないエアロパーツもある

続きを読む...

なんと「保安基準適合品」でもNGの場合も! ディーラーが「入庫拒否」する「グレーゾーン」カスタムとは

グレーゾーンな怪しいクルマを基本的に断る 先日、とあるドライビングスクールの手伝いをしていたとき、参加者のクルマにトラブルが発生。エンジンが吹けなくなり、エアフロ系(吸入空気量を測定するセンサー)のトラブルが疑われたの…

続きを読む...

ニセ刻印まで存在! クルマのパーツで見かける「JWL」「JIS」「CE」などのマークが想像以上に重要だった

クルマの部品に付いているマークの意味 自動車の各部には純正部品はもとより、アフターパーツにもさまざまな規格のマークが付いていることをご存知だろうか? ブランドロゴのようなものからサイズ表記など、さらには意味不明のマーキ…

続きを読む...

シャコタンのクルマは要注意! 最低地上高9cm以上でも車検をパスできないことも

ホイールベースが長いクルマは下げすぎに注意 ドレスアップやチューニングでは定番ともいえるローダウン。車高調整式サスペンションキットの装着やスプリングを交換し、ノーマルよりも車高を落とすのが一般的。だが、ここで気をつけな…

続きを読む...

ホイール&タイヤ「はみ出し」の保安基準とは

サイズとインセットを攻めてホイールがハミ出し違法となるフェンダーとホイールの位置関係とは ホイールとボディがツライチは、ドレスアップの定番スタイル。 しかし、フェンダーからはみ出してしまっては違法となるのだが、はたして…

続きを読む...

車検をパスできる「最低地上高9cm」の計測ポイントとは

エアロパーツは最低地上高9cm未満でも灯火類が装着されていなければ保安基準適合クルマのカスタムで絶対に欠かせないのがローダウン。カーデザイナーが描くスケッチなどを見てもタイヤとボディの隙間がないというのがそれを物語ってい...

続きを読む...