「タグ: Kブレイク」の記事一覧

「VIPスタイル我流ファイルVol.2」車高極低レクサスGS&ワイドボディクラウンの妙技

車高調の生足で超低空ボディ「レクサスGS」VSワイドボディ加工の妙技「トヨタ・クラウン」一切エアサスを使わず限りなく低空車高を実現させた19型「レクサスGS」、一方はオリジナルのオーバーフェンダーで見事なワイドルックを作...

続きを読む...

レクサスLSの肢体を優美にスポーティに仕上げる『Kブレイク』【大阪オートメッセ2018】

Kブレイクが手掛けたLS中期に注目過去最高のアグレッシブなデザイン「大阪オートメッセ2018(2月10〜12日・大阪・南港インテックス大阪で開催)」の4号館はセダンで埋め尽くされている。その中でも一際注目度が高いのが、「...

続きを読む...

スーパーカー用ブランドの新星「バカラスピード」、大阪にてウラカンのボディキットを初披露!【大阪オートメッセ2018】

ワイドフェンダーや直線的リヤウイングで、ランボルギーニ・ウラカンがアグレッシブに蘇る!2月10日〜12日、大阪府・インテックス大阪で開催されている「大阪オートメッセ2018」で、一際目を引いていたのが「バカラスピード」の...

続きを読む...

懐かしさと新鮮さを醸し出す、’80〜’90年代VIP創世記セダン×3台【大阪オートメッセ2018】

当時ものパーツが満載の「Y31シーマ」に「131クラウン」、「10セルシオ」が競演高級セダンをドレスアップするのがご存じVIPカー。その創世記である80年代後半〜90年代初頭に活躍したクルマたちが、「大阪オートメッセ20...

続きを読む...

最新モデルをイチ早く!! ドレスアップ系ホイール情報【2017年12月号】

国産車スタイルアップに最適なホイールへ2018年モデルが続々とお披露目に!クルマのドレスアップに欠かせないアイテム、ホイール。この時期になると、気になるのが来年度に向けた新作ホイールの数々だ。通常では、年明けに開催される...

続きを読む...

「これだけでこんなに変わる!」を実感。身近になった30プリウスをちょい足しで遊ぶ

最旬のフラップスタイルがちょうどいいスポーツを構築いま密かに流行しているエアロの形状といえば、フラップスタイル。薄型のリップスポイラーは、ビギナーからスポーツ派、シャコタン仕様まで幅広く使えるスタイルなのだが、そのひと…

続きを読む...

岸和田だんじりから生まれた『玉ふさ』の新作! 優雅なシルエットがインテリアに映える

ウインド越しに見える玉ふさのシルエットがたまらない起源を遡ると、だんじりの鳴り物を吹く人の持つ笛に付いていた同形状のふさをクルマのミラーに掛けるようになった…のがその由来。車内に見えるその姿が、岸和田でだんじりを引いてい…

続きを読む...

1 / 212

ウィークリーランキング

  1. 令和で輝く90年代! 時が経っていい味がでてきたクルマ5選

    中古車相場上昇前に底値で手に入れたい  クルマも女房も若い年式の方がい...

  2. クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

    40代〜50代にとっては懐かしいはず? いまや見かけなくなった絶滅危惧...

  3. 信号待ちで「ライト消灯」はマナーではなくルール違反

    夜間は常時ヘッドライト点灯! 消しているほうが危険だ 信号待ちの際、...

  4. 「松本走りをやめろ」は本当に正しいのか? 道路事情を無視した市長の発言に疑問

    インフラの不整備が無理な右折を発生させる  長野県の松本市...

  5. 大型トラックが追い越し車線をチンタラ走る理由とは

    トラックの速度超過による死亡事故が多発 平成15年より90km/hリミ...

  6. クルマ好きなら1度は読んだ「人気漫画の主人公が乗っていたクルマ6選」

    実社会にまで影響を与えた古き良きスポーツモデル 「三つ子の魂百まで」と...

  7. 消えたライバル!スズキ・ジムニーだけが生き残れた理由

    悪条件でも走りきれる絶対的な走破性  2018年7月、じつに20年ぶり...

  8. 予算100万円以下! いま乗るべき「90年代のスポーツカー」5選

    中高年、若者にも乗って欲しい「マニュアルミッション」 これから狙い目な...

  9. 50万円以下で買える!走りが楽しいモータースポーツベース車両8選

    ドラテク磨きやモータスポーツ入門にオススメ  スポーツカー市場に冬の時...

  10. 100円からできる愛車リフレッシュ!「ヒューズ」交換で電通改善するメリットとは

    電子部品の作動や調子を左右する  平成以降のガソリン車やディーゼル車は...