クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • CARトップ編集部
  • CARトップ編集部
著者一覧 >

「ドリキン」のホンダ「NSX-R」を忠実再現! 1/64スケールの伝説のマシンを書斎に飾ろう〈PR〉

さまざまなクルマを乗り継いできた“ドリキン”こと土屋圭市氏の愛車のなかでも、ファンの間で伝説となっているホンダ「NSX‒R」(NA2型)が、ダイキャストカーになりました。スケールは1/64サイズで、土屋氏絶賛の仕上がりです。

3年ぶりに「キッズエンジニア」が帰ってきた! 各自動車メーカーのプログラムに見る「次世代に伝えたい」こととは?

全国の小学生を対象に、自動車を中心とした様々な分野の科学技術やものづくりに興味を持ってもらう体験型学習イベント「キッズエンジニア」。2022年はパシフィコ横浜で7月29日・30日に行われ、応募に当選した子供たちと保護者が、2720名来場した。

これは完売必至! 京商とCARトップがコラボした「MINI CARトップ」の気になる中身を大公開

 京商とCARトップがタッグを組んで誕生したのが「MINI CARトップ」シリーズ。第2弾となるスズキ・ジムニーが12月21日に発売。またミニカーのほかにCARトップ特別編集の小冊子も付いてくる。そこで今回はその小冊子の中身とミニカーの詳細と購入方法をご紹介する。

チョイ足しアイテムで使いやすく&スタイリッシュに! ファンクテリアからレヴォーグオーナー必見の「新作アイテム」登場

スバル車専用パーツを手掛ける新ブランド「ファンクテリア」から、現行レヴォーグ用の新作パーツが登場。それがACCを使用時の右足の疲労軽減用のフットレストとパドルシフトエクステンションだ。ここでは既存モデルとともに魅力的なアイテムを紹介していこう。
テレビキット使用したイメージ

人気のテレビキットがさらに進化! データシステム「TV-KIT NTV427」が登場

純正装着のカーナビやディスプレイオーディオに搭載されているテレビ機能。安全のために走行中は画面が映らないのだが、渋滞中など同乗者は退屈しのぎにテレビを見たいと思う人も多いだろう。そんな願いを解決してくれるデータシステムのテレビキットに、新作が登場した。
クリスタリン90のイメージ

灼熱の夏ドライブを助ける救世主! ウインドウフィルム「クリスタリン90」で酷暑を乗り切れ

夏のドライブで気になるのが、やはり車内の暑さ。夏空の下に止めておいて、車内に戻ったときのムワッとするような熱気は誰もが嫌だろう。しかし、そんな嫌な熱気やジリジリするような熱さを解消してくれるのが、3Mのクリスタリン90だ。その魅力を紹介していこう。

スカイラインは永遠に不滅です!「ドリキン土屋圭市」入魂のハイブリッドスポーツセダン対決

国産プレミアムスポーツセダンといえば日産のスカイライン。最近報道で消滅するという噂も流れたが、日産は即座に否定。ファンにとって同車は伝統ある、なくてはならないモデルなのだ。今回、ドリキンこと土屋圭市がレクサスISとともにスカイラインをワインディングでチェック! 高級セダンにとって必要な「資質」とは何か
1981年製のデロリアンDMC-12をEV化してしまったオーナー

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に憧れて!「デロリアン」を自力でEV化した「ド文系」オーナーの夢とは

バック・トゥ・ザ・フューチャーでドクがタイムマシーンにしてしまったデロリアンに憧れて電気自動車「EV」に自作してしまったオーナー。沢山の仲間たちのサポートによって2009年3月に完成したあとも2回の改良を施し、今では急速充電も備えている
share:

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

ranking

MEDIA CONTENTS