3年ぶりに「キッズエンジニア」が帰ってきた! 各自動車メーカーのプログラムに見る「次世代に伝えたい」こととは? (1/2ページ)

3年ぶりに「キッズエンジニア」が帰ってきた! 各自動車メーカーのプログラムに見る「次世代に伝えたい」こととは?

体験を通してテクノロジーと「ものづくり」を学ぶ

 全国の小学生を対象に、自動車を中心とした様々な分野の科学技術やものづくりに興味を持ってもらう体験型学習イベント「キッズエンジニア」。2008年から毎回場所を変えて行われているこのイベント、過去には大阪や名古屋で開催されていたが、コロナ禍により3年ぶりの開催となった今回の「キッズエンジニア 2022」は、神奈川県のみなとみらいにあるパシフィコ横浜で2022年7月29日・30日に行われ、応募に当選した子供たちと保護者が、2720名来場した。昨年好評を博したWEBから参加できる「オンラインプログラム」も用意されていたが、リアル開催となった「横浜開催プログラム」現場からレポートをお届けしよう。

現役エンジニアが講師となってレクチャー

 パシフィコ横浜には、企業や大学で活躍している現役エンジニアが講師を務める「教室型プログラム」18種と、気軽に体験できる「体験型プログラム」4種の合計22種のプログラムが用意されていた。

 会場に入ってみると、応募に当選し全国から訪れた小学生とその保護者しか入場できないので、コロナ禍に対応したソーシャルディスタンスが保たれていて混雑した印象を受けない。体験型プログラムもひとりひとりにきちんと丁寧に教えられるような体制が整っていて、子供たちが理解を深めている様子が見られた。

 各プログラムはほぼ一斉にスタートし、1時間から2時間ほどで終了する内容となっていた。それぞれのプログラムはテーマこそ違えど、全体的に未来のクルマに通じる基礎が学べるような内容だと感じた。

【関連記事】「農道のポルシェ」をキャンプ仕様に! 富山にカスタム軽トラ大集合!! 個性的な軽自動車を一挙紹介します

パシフィコ横浜で開催された「キッズエンジニア 2022」

自動車業界でも今や必須のコンピュータプログラミング

 コンピュータプログラミング教育が必修化されている今、トヨタ、ダイハツ、日産、日立astemoの各ブースは、自分でプログラミングしてクルマを動かすプログラムであった。

 トヨタでは自動運転のミニカー作りを通して、障害物にぶつからないようにゴールするという課題にチャレンジ。子供たちは何度もパソコンとコースを行き交い、最適解を追究していた。ダイハツはミニカーを使用しマップの上を走らせる技術、日産はロボットカーを用いて最新技術や仕組み、日立astemoはラインに沿って自動で動くクルマを作るという内容だ。

 また、自動車技術会関東支部ブースでも、レゴキットカーを組み立てて、クルマの仕組みやプログラミングを学ぶ内容であった。さらにクルマに使われているファンをモチーフにかざぐるまの工作を体験する展示型プログラムも行っていた。どのブースでも実際に思い通りにミニカーを動かせたときの達成感は格別で、子供たちも見まもる保護者も共に喜んでいる場面が多く見受けられた。

 次ページでは、その他の国産メーカーの特徴がよく出ている、趣向を凝らしたプログラムを紹介しよう。