レクサスの新型フラッグシップクーペ「LC」登場 (4/4ページ)

『LC』は、レクサスのFRラインアップの基礎となる新開発GA-Lプラットフォームを採用。
ボディの高剛性・軽量化に徹底的にこだわって開発。
フロントミッドシップレイアウトを採用し、エンジンなどの重量物を車両中心近くに配置。
さらにCFRPやアルミ部材を積極的に投入し、重心高を下げるとともに、慣性モーメントを低減。
優れた慣性諸元を追求。回頭性に優れた素直なハンドリングを実現している。

【関連記事】【動画】マシンの限界に挑む!「NSX」「CBR1000RR-R」「ウラカン・ペルフォルマンテ」真剣勝負の勝者はドレだ!

画像はこちら画像はこちら

ボディは、高い剛性を確保することに加え、走行中の入力や変形特性にも着目。
フレーム全体のねじれ特性を均一化している。画像はこちら

サスペンションは、フロント・リヤともに新開発。フロントのハイマウントマルチリンクサスペンションは、運転操作や路面からの入力に対し、より細かな動きをコントロールできるダブルジョイント式上下4本アーム構造を採用する。画像はこちらアーム配置の最適化で、21インチタイヤ装着や低いフード高の実現にも寄与している。
リヤのマルチリンクサスペンションは、フロントと同様にジオメトリーの最適化や摩擦低減により、安定性と乗り心地を両立する。画像はこちら

タイヤは、20インチと21インチを設定。
万が一のパンク時にも走行可能なランフラットタイヤとし、スペアタイヤレスとしたことで軽量化にも寄与している。また、タイヤの剛性を最適化することで、従来のランフラットタイヤと比較して乗り心地を向上させている。画像はこちら

“S package”は標準装備のレクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム(LDH)に、トルセンLSDを組み合わせ、旋回中の加速性能をアップ。
ダイナミックリヤステアリング(DRS)の制御を進化させたアンダーステア/オーバーステア制御や、VGRS、アクティブリヤスポイラーなどの先進技術を積極的に採用する。画像はこちら 画像はこちら

メーカー希望小売価格
LC500エンジントランスミッション駆動価格
(消費税込み)
“S package”2UR-GSE
(5L V型8気筒)
Direct Shift-10AT2WD(FR)¥14,000,000
“L package”¥13,000,000
¥13,000,000
 LC500hエンジントランスミッション駆動価格
(消費税込み)
“S package”8GR-FXS
(3.5L V型6気筒)
マルチステージハイブリッド
トランスミッション
2WD(FR)¥14,500,000
“L package”¥13,500,000
¥13,500,000

画像はこちら

レクサス http://lexus.jp/

【関連記事】

画像ギャラリー