3列シートクロスオーバーSUV「CX-8」が受注予約開始へ


マツダの国内フラッグシップSUV
価格は3,196,800円から

9月14日(水)、マツダは新型3列シートクロスオーバーSUV『マツダ CX-8』の予約受注を開始し、12月14日に発売することを発表した。

新型の『マツダ CX-8』は、マツダの国内向けSUVラインアップにおける最上位モデル。多人数乗用が可能な3列シートクロスオーバーSUVに、新たな選択肢が増えたというわけだ。「SKYACTIV技術」とデザインテーマである「魂動」を全面的に採用。上質かつ洗練されたデザインと、街乗りから高速走行まで余裕のある走り、3列目を含むすべての乗員が楽しめる快適性と静粛性を持たせている。マツダ CX-8 新型

3列シートSUVとしての使いやすさを追求したパッケージングは、「人間中心」の設計思想のもとに開発。
3種類の2列目シートを設定し、最大で6人または7人が乗車可能なうえ、さまざまな積載物に対応できる多彩なシートアレンジ機能も備わる。マツダ mazda CX-8 新型

また、ドライバーの認知・判断・操作をサポートする先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備。
さらに、駐車時や狭い路地でのすれ違いなど、さまざまな運転状況において安心と安全をサポートする新開発「360°ビュー・モニター」も設定された。マツダ mazda CX-8 新型

新型『CX-8』では、進化したクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」を採用。2012年の導入以降で最も大きな改良を加えることにより、3列シート車の想像を超える、力強いパフォーマンスと優れた環境性能を実現した。
また、マツダ独自の技術「G-ベクタリングコントロール」を搭載するなど、ドライバーとともに乗員全員が街乗りから長距離ドライブまで楽しめる。マツダ mazda CX-8 新型

デザインは、「魂動」をより高い次元へと深化。
伸びやかさや水平基調を軸にデザインを磨き上げ、力強い剛性感あふれる造形の中に、大人の落ち着き、そして上品で凛としたたたずまいを感じさせる、新しいSUVスタイルを実現した。
マツダ mazda CX-8 新型マツダ mazda CX-8 新型

ボディカラーは「マシーングレープレミアムメタリック」をはじめ、デザインテーマ「魂動」のイメージカラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」など、全7色を設定。

メーカー希望小売価格は消費税込みで3,196,800円~4,190,400円、月間販売台数は1,200台を計画している。
マツダ mazda CX-8 新型

 

マツダ・公式ホームページ