オーディオからの音楽を車外に漏らさず最良のサウンドを手に入れる!

オーディオからの音楽を車外に漏らさず最良のサウンドを手に入れる!

エンクロージュア(ボックス)構造で
ドアのビビリや音楽のこもり音を低減

「ソニックデザイン」がリリースする『ソニックプラス』は、スピーカーの背面を「エンクロージュア」と呼ばれるボックスで覆う構造を採用している。
カーオーディオとしてはソニックデザイン独自となっているが、じつは一般的なホームオーディオ用スピーカーも同じ構造でスピーカーボックスなどと呼ばれている。
スピーカー後方の出ている音をしっかり制御できるから、正確で良質な音楽再生を実現しているのだ。ソニックプラス

純正スピーカーをはじめ、一般的なカーオーディオ用スピーカーは、スピーカーを装着するドア自体をエンクロージュアとして利用する設計になっている。
しかし、一般的なスピーカーユニット(下の写真で左側)は背面が剥き出しになっており、背面からの音がドア内部に共振して音がこもったり、また音がドアを通じて外に漏れたりする。
そのためカーオーディオショップなどでは、サービスホールを塞いだり、制振材を張り付けたりといった、いわゆる〝デッドニング〞によって〝箱〞を作り出し、共鳴・共振を抑制している。
しかし、ここで問題になるのがデッドニングの技術だ。施工者によって、その出来はまちまちであり、それがスピーカーの奏でる音にも影響を及ぼしてしまう。

純正スピーカーは電話の通話も
ドアから車外に漏れている

ソニックプラスのようにエンクロージュア(スピーカーボックス)を持っている構造なら、ドア施工者の技術力の優劣によって再生されるサウンドが左右されることはない。メーカーが設計した音が、確実にユーザーの手元に届けられるのだ。ソニックプラス

さらにエンクロージュア構造は、車外への音漏れ対策にも有効だ。
車内にいる人は気が付かないが、信号待ちや駐車場などで車内から漏れてくる音は意外に大きく、周囲の迷惑にもなる。音楽だけならまだしも、ハンズフリー通話の内容がすべて漏れているとしたら。
一般的に、通話に使う周波数帯域は走行中の車内で聞き取りにくいこともあり、音楽よりも大きい音量に設定されているケースが多いそうだ。つまり、信号待ちなどでは通話内容が丸聞こえという可能性も……決して否定できない。

そういう点でも『ソニックプラス』であれば、スピーカー背面からの音をエンクロージュアが大幅にカットしてくれるので、音漏れの心配はなし。車内でそこそこの大音量で聞いていても、外部への音漏れはほとんどないので、思う存分、好きな音楽が楽しめるのだ。ソニックプラス

最も音漏れが気になるのは車体から1mの距離(駐車場で並ぶ隣のクルマとの距離くらい)で、実際に測定してみると純正スピーカーとの比較ではなんと音漏れは約4分の1に低減された。

またエンクロージュア構造では、スピーカーコードを接続する端子部が外部に露出しないので、ドア内部に侵入してくる雨水などで端子が腐食する心配もない。端子の腐食は音質の低下を招くだけでなく、接触不良や断線などの恐れもある。湿気やホコリからの影響も防げるため、スピーカーの耐久性も向上し、長く使えるのも嬉しいところだ。ソニックプラス

車種別専用設計も特徴のひとつ。車体やドアトリムの加工が一切不要のカプラーオン設計なので、スマートにインストールできるだけでなく、取り付けに掛かる作業時間を大幅に短縮できるというメリットもある。
しかも、純正スピーカーは背面がむき出しなのに対し、ソニックプラスはトゥイーターまでエンクロージャー構造を採用している(上の写真)。

ちなみに、エンクロージュアの容量は低音に影響するが、車種別専用設計ということで、ドア内部のスペースやウインドウ位置も考慮したうえで最大限のサイズに設計。さらに低音を増強する効果のある穴(バスレフポート)も備えることで、77mmという小径の振動板ながら、量感のある低音でバランスのよいサウンドを再現してくれる。

ちなみに、車種専用設計とはいえ、そのラインアップはメルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、MINIといったドイツ車、トヨタ、スバルなど幅広いメーカーのクルマに対応。ソニックプラスセンター以外に、カーディーラーでも購入・取り付けを行っている。

ソニックデザイン TEL043-209-1777
https://www.sonic-design.co.jp/


第23回 CAR&CUSTOMIZE MOTOR SHOW 大阪オートメッセ2019 2019 2/9(土)、10(日)、11(月・祝) 9:00〜18:00 in インテックス大阪 〜 チケット好評発売中!