アウディからシビックまで! TCRで戦う世界最速のFF車レースマシンを知る (1/2ページ)

アウディからシビックまで! TCRで戦う世界最速のFF車レースマシンを知る

「TCRジャパンシリーズ」開幕

 TCRとはツーリングカーレースに定められた規格で、かつてのWTCC(世界ツーリングカー選手権)に使用されていた車両(TCN-1)より安価に設定されたTCN-2規定の車両。Cセグメントの市販車をベースにしたFF車で、現在はWTCCの他、世界各国のツーリングカーレースに採用されている。日本でも昨年からスーパー耐久のST-TCRクラスにも導入され、今年は国内でスプリントレースが開催。5月18〜19日、オープニングレースがオートポリスにて開催された。TCRレース

 TCR車両として公認されている車両は15車種ほどあるが、今回の開幕戦では4車種の15台が参戦。今後は20台前後に落ち着きそうだ。タイヤは横浜ゴムのワンメイクでミッションは6速シーケンシャル。車両により排気量が異なるが、車重など性能調整(BoP)を行なっている。TCRレース

 TCRジャパンシリーズは週末に2レースを行ない、今年は全5戦10レースを展開。セミ耐久や耐久レースと異なりスタンディングスタートが採用され、レース距離も50km前後のスプリントレースのため、30分ほどで勝負がつくシンプルなレース展開が魅力だ。TCRレース

 公認を受けた車両は、参戦した4車種以外に、オペル・アストラ、プジョー308、ルノー・メガーヌ、セアト・レオン、ラーダ・ベスタ、スバルWRX、ヒュンダイ i30、キア・シードなどがあり、来年以降にはマツダ3が登場するという噂もある。


画像ギャラリー