前年比「190%」を達成する店舗も! コロナ禍でキャンピングカー販売が「超追い風」な理由 (1/2ページ)

前年比「190%」を達成する店舗も! コロナ禍でキャンピングカー販売が「超追い風」な理由

イベントの規模縮小でもキャンピングカーは売れている!

 全世界的な不幸である新型コロナ感染の拡大。ワクチン接種が始まっても、その勢いは衰える事なく、これは最早、エイリアンの地球侵略にも匹敵するインパクトだと言っても過言ではありません。その不慮の事態の中で聞こえてくるのが、キャンピングカーに対する注目度のアップです。ウィネベーゴ・インダストリーズWGOのキャンピングトレーラー

 これもまた全世界的な傾向で、ロイターによるとアメリカでは、RV(レクリエーショナルビークル)メーカー、ウィネベーゴ・インダストリーズWGOの2020年6-8月期決算は約40%の増収。この他に、ドイツのドイツキャラバン産業工業会によればキャンピングカーとトレーラーの20年度新規登録は2020年11月時点で10万台を超えて年間新記録を達成し、キャンピングカーは前年度比4割増。フランスでは一年前にキャンピングカーの売り上げが4倍にも跳ね上がったとの情報もあります。

コロナ禍でも業績がアップしているキャンピングカー業界

 この傾向は日本でも見られます。日本RV協会では、2020年の大手ビルダーや販売店の業績がアップしたデータを公開していますが、これによると、「伸び率が150%」になっているビルダーや販売店が8%! なかには「190%」を達成しているところもあったようです。日本RV協会のキャンピングカーの販売伸び率

 ボリュームゾーン別には「伸び率110~119%」が32%と一番多く、100~109%が24%、120~129%が20%、130~139%が16%と、ほぼ100~139%ゾーンに固まっていて、前年割は0%という状況でした。これは、コロナ禍の影響で、軒並み、キャンピングカー関連イベントが中止、または規模縮小で開催されたという非常に厳しい状況下での結果と考えると、まさに驚異的数値に値します。
(日本RV協会会員大手ビルダー&販売店より調査:202012月)

画像ギャラリー