「アウトドア」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

キャンプの必須イベント! 焚き火に必要なアイテム選びと楽しみ方とは

暖をとれて調理も可能な「焚き火」のあれこれ キャンプの大きな楽しみに「焚き火(たきび)」がある。しかし、キャンプ場の多くは薪(まき)を直接地面に並べる「直火(じかび)」は禁止だ。そのため『焚き火台』というものを使うのだ…

続きを読む...

冬場のアウトドアやオートキャンプに便利なストーブとは

円筒形の灯油ストーブはランタン代わりにもなる 冬のキャンプは寒さとの戦い。とくに夜間や雪の中でのキャンプは、キャンピングカーなどのFFヒーター装着車の車内なら風雪を気にせずに快適に過ごせるが、オートキャンプなどでテント内.…

続きを読む...

くるま旅が身近になった!「明日にでも乗り換えられるキャンピングカー」5選

普通車感覚で運転できるので奥さまも納得!「ジャパンキャンピングカーショー2019」では、入場ゲートでは長蛇の列が駐車場までつながって、熱気むんむんの人気ぶり。昨年以上の来場者を集めるなど、キャンピングカーにおける注目度の...

続きを読む...

ドレスアップと車中泊が同時に楽しめる1台2役なミニバン・キャンパーの提案

アルパインスタイルとトイファクトリーが夢のコラボ 近年のブームもあって数多くのキャンピングカーが登場。なかでもベッドキットを使った軽自動車やミニバンの展示も多く、車内での快適な就寝を可能とする”車中泊R...

続きを読む...

40万円で愛車がキャンピングカーに早変わり!! 車中泊も可能とする「ルーフテント」とは

カンタン設置で極上の”車上泊”を楽しめる ルーフテントは、愛車の屋根の上にテントを設置してキャンピングカーに変身させるアイテム。室内スペースがタイトなコンパクトカーや、シートがフラットになりにくい...

続きを読む...

求む市販化! スズキ・ジムニーのピックアップモデルが登場

林道走行を前提にしたモデルも展示 2月9日から2月11日にインテックス大阪で開催中の大阪オートメッセ2019。スズキのブースで注目を集めているのは、ジムニーとジムニー シエラがベースの2台のコンセプトカー。1台は過酷な自...

続きを読む...

1 / 12123...10...»

ウィークリーランキング

  1. スマートキー車の盗難が増加!?「リレーアタック」から愛車を守る方法とは

    所有者を尾行してスマートキーの電波を傍受 電波を転送して盗難する「リレ...

  2. 自衛隊で活躍する最も身近な「高機動車」【働くクルマ】

    交通機動隊…の交機じゃない もう一つの“高機”に注目! 地域によって...

  3. ミニバン最強のブレーキ性能! 日産GT-R化されたエルグランドを披露

    注目はオレンジのボディカラーはGT-R専用色  2月9日からインテック...

  4. 「オイルの交換サイクル」が1万km以上に延びた理由

    メーカー推奨のオイル交換サイクルは ターボ車でも1万5000km毎にな...

  5. 大阪オートメッセ2019「キャンギャル&コンパニオン・その3 画像ギャラリー200枚」

    キュート系からセクシー系まで、彼女たちに大接近!  インテックス大阪で...

  6. 国産長寿モデル4種!モデルチェンジしないで20年超

    昭和に誕生してから平成まで 基本スタイルを変えずに生産 2017年1...

  7. 新しいアウトドアを楽しむ!驚きの今どきキャンピングカー5選

    クルマ旅こそベース車選びにもこだわりたい!!  3日間で6万7848人...

  8. 最高落札価格は3.6億円! レクサスLFAは新車価格の2倍以上で落札

    フォードGT40の"キッズカー"は328万円 海外オークションで有名な...

  9. 「流れるウインカー」が純正バルブと交換するだけで実現可能に

    独自の設計で保安基準にも適合、 トヨタ・アルファードやノアなどに設定 ...

  10. クルマ盗難の新手口「リレーアタック対策グッズをテスト」

    アルミホイルから専用ポーチまで徹底比較  クルマのドアノブに手を触れる...