リモートワークが捗りすぎる「働き方改革」! 「車内ライフハック」快適ツール5選 (1/2ページ)

リモートワークが捗りすぎる「働き方改革」! 「車内ライフハック」快適ツール5選

クルマの車内スペースをオフィスに変えるには

 なかなか収まらないコロナ禍。なし崩し的に広まったリモートワークではありますが、自宅PCで仕事をしている人ばかりではありません。毎日クルマで仕事をしている人、あるいはクルマでリモートワークできるならそちらのほうが効率的だという人も少なくないのではないでしょうか。そこで、どのようなグッズやギアがリリースされているか調べてみました。

ハンドルに取り付け可能な「簡易デスク」

 スマホやタブレットを車内に装着するためのホルダーは多くの方が利用していると思いますが、仕事柄ノートPCを使うとなればやや大きめのテーブルが必須です。ノートPCですから膝の上でも使用できる便利さはありますが、安定したテーブルデスクがあればさらにキーボードタッチに揺るぎがないだけパソコンでの仕事は落ち着きます。

【関連記事】夏キャンプの前におさらい! プロが指南する「テント選びの極意」5つ

車載用ノートPCテーブル画像はこちら

 クルマのハンドルに取り付けできる折りたたみテーブル。角度調節、高さ調節が可能。ヘッドレストに取り付ければ後部座席でも使用できるもの「車載用ノートPCテーブル CAR-NPCT1」がサンワサプライから出ています。ハンドルではなくシートレールを利用してガッチリとボルト固定された「車載用ノートパソコン台 CAR-SPHLD1」もありました。自在に位置を変えられる簡易テーブルとしても使用可能です。ハンドルに取り付けるテーブル画像はこちら また星光産業からEXEA「EB-208折りたたみテーブル」というものもありました。こちらはいともたやすくハンドルに引っ掛けるだけ。値段もお手軽です。

バッテリー切れを回避する「給電設備」

 車内に充電できる環境があればパソコンなどのバッテリー残量を気にすることなく長時間の仕事が可能になります。最近キャンプでもよく使われているポータブル電源があればインカーワークに没頭してしまっても、クルマの電源バッテリー消耗に慌てることもないでしょう。ポータブル電源画像はこちら

 また12Vが主流の乗用車の車載バッテリーを交流に切り替えるインバーターも、パソコン使用の充電には高出力は不要ですので手軽なものが使えます。こちらはAC差込口だけでなく、USB電源ポートをいくつか搭載しているものが便利です。インバーター画像はこちら

 シガーソケットからスマホ、タブレットを急速充電でき、最大45Wの出力でノートPCの充電もできるさらにコンパクトな車載充電器「USB Power Delivery対応カーチャージャー」というものもありました。小さいながらも便利なカーチャージャー画像はこちら

薄暗い車内で重宝する「ワークライト」

 意外にクルマの中というのは薄暗く、駐車場所や時間帯によっては照明があったほうが良さそうです。そこで威力を発揮してくれるのが、明るく消費電力も少ない高輝度LEDワークライトでしょう。LEDライトもいろいろあります。車内での設置場所を選べるライトとしては、マグネット式も頼りになるでしょう。LEDライトも使い勝手あり画像はこちら

 また、バンやワンボックスタイプのクルマの後部スペースが広く活用できるなら、小さなテーブルをデスクにすることも考えられます。後部スペースをシート移動のアレンジでワーキングスペースにして、すんなりと納められる大きさのテーブルで、シートポジションにあった高さを選んで活用してみてはいかがでしょうか。小型テーブルも利用できる画像はこちら

画像ギャラリー