「Tシャツ」「短パン」だけではダメな場合も! 夏キャンプを快適に過ごすために注意すべきポイントとは (1/2ページ)

「Tシャツ」「短パン」だけではダメな場合も! 夏キャンプを快適に過ごすために注意すべきポイントとは

暑いからといって油断してはダメ!

 季節によってキャンプの服装は大きく変わるもの。ウインターシーズンは気温の低さが快適性だけでなく「命」の危険にも直結することもあります。キャンパーたちは注意を払っているようですが、意外な落とし穴があるのが“夏キャン”と呼ばれるサマーシーズンのキャンプです。気温が高いから薄着で大丈夫……と思うのは早計。ここでは夏キャンの宿泊スタイルについて考えてみましょう。

夜には一気に気温が下がる可能性も

 夏のキャンプスタイルはTシャツ&ハーフパンツが定番です。しかし気温が高い日中は快適ですが、標高の高いキャンプ場では意外と紫外線が強いので日焼けに注意です。とくに女性キャンパーの場合、露出している部分に日焼けの跡が残ってしまい後悔することも……。標高の高いキャンプ場は日中と朝晩の気温差が大きく、薄着でいると体調を崩す原因にもなります。また、薄着のデメリットは防虫対策が劣ることでもあり、日焼け止めと同時に防虫スプレーを塗布しておくと良いでしょう。

【関連記事】“ギア”感たっぷり! スズキ「ハスラー」にダイハツ「タフト」などアウトドアが楽しくなるオススメ軽カーを紹介します

日焼け止め画像はこちら

 サマーシーズンに人気の高原や渓流のキャンプ場では日中と朝夕の気温差が大きいことは先にも述べましたが、その影響はテント泊で顕著に表れます。日中は気温が30度を越える場所でも、夜間の冷え込みで10度という場所も少なくありません。また、天候が悪化した場合にはさらに気温が下がることも考えられるので、夏キャンであってもテント泊対策をしっかりと準備しておきましょう。

山のキャンプイメージ画像はこちら

 ホテルや旅館の部屋は壁や床に断熱材が入れられ、快適さを維持する冷暖房が設備されています。ですが、テントはどの季節でも布一枚で外気に対峙する厳しい環境を強いられます。多くのキャンパーは冬のキャンプでは温かさを維持することに力を入れますが、夏のキャンプは「涼しさ」だけに注意がいきがち。しかし、気温差の大きな場所では夜間の冷え込みで寒い思いをしないよう、薄手のフリースやブランケットを用意しておきましょう。備えあれば憂いなしの諺ではありませんが、万が一のリスクに備えておくことがキャンパーの心得なのです。