「冬キャン」がもっと楽しくなる! 初心者が意外と知らない「キャンプ向けストーブ」のウンチク (2/2ページ)

手軽に使える石油ストーブがおすすめだが使用には注意!

 持ち運ぶのに多少の不便さはあるものの、オートキャンプでもっとも頼りになるのが石油を使ったストーブということになる。石油ストーブは火力も強く、日本全国のガソリンスタンドでも入手できる灯油は購入の手軽さと燃料コストが安いのも大きな魅力となる。

【関連記事】アウトドアで使い倒せる軽自動車は「ジムニー」ではない!? 必要なのは荷室の広さとフルフラット展開できるシートアレンジ

ストーブの炎画像はこちら テント内でも手軽に使える石油ストーブだが、火傷に注意するのはもちろんだが換気にも注意を払うこと。不完全燃焼による一酸化炭素中毒の死亡事故が頻発しているので、念のため一酸化炭素警報器(計測器)を備えておくと安心だ。そして化学繊維でできているテント生地にダメージを与えない距離を保つことも忘れないでほしい。

全方位を暖めてくれる対流型ストーブがキャンプには最適

 キャンプに石油ストーブが最適なことがご理解頂けたと思うが、石油ストーブにも色々なタイプが存在する。一般的な家庭で使われている箱型ストーブ(反射型)をアウトドアに流用しても問題はないのだが、箱型のストーブのデメリットは反射板が正面を向いているために裏側には熱が放出されない。そう考えるとキャンプでは対流型と呼ばれる筒型のストーブがおすすめだ。テントサイトの石油ストーブ画像はこちら 対流式ストーブをテントの中心に置けば全方位に熱を放出してくれる。メーカーとしては信頼性の高いトヨトミやコロナの人気が高く、雰囲気を楽しみたいマニアはアラジンを指名することが多い。小窓から見える炎のゆらぎが照明のひとつとなり、とくにアラジンの青い炎は独特の雰囲気を醸し出してくれる。気になる燃焼時間は7~10時間程度のストーブが多いのだが、購入する場合にはデザインだけでなく燃焼時間もしっかりと確認するべし。

 また、カートリッジ式の燃料タンクが主流の箱型(反射型)とは違い、対流型は本体自体に燃料を注ぐタイプが多い。給油の際には火を消し、テントの外に本体を運び出してから灯油を入れること。火事や事故を防ぐためにも火が着いたままテント内で給油をするのは厳禁だ。秋キャンプとモダンクラシカルなテント画像はこちら 気温が下がる秋から冬のキャンプで石油ストーブは強い味方になる。寒さに震える修行のようなキャンプから解放され、暖かなテントでのんびりと過ごす時間は珠玉のひと時になるはずだ。

画像ギャラリー