クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • 初心者にはオススメできない? 過酷な「冬キャンプ」を避けるべき5つの理由
OUTDOOR
share:

初心者にはオススメできない? 過酷な「冬キャンプ」を避けるべき5つの理由

投稿日:

TEXT: 並木政孝 PHOTO: Auto Messe Web編集部/写真AC

  • 飲料水
  • 路面凍結
  • スノーシューズ
  • 焚き火
  • 結露で濡れたテント
  • 極寒の冬キャンプ
  • 防寒した女の子
  • テント設営
  • 雪中キャンプ
  • 冬キャンプ
  • SOTOシングルバーナー
  • スノーブーツ
  • 焚き火

初心者にとって厳し過ぎる想像の斜め上をいく極寒冬キャンプ

 キャンプ初心者がブームに乗り、いきなり「冬キャンプ」にチャレンジするのは大きなリスクを伴う危険な行為だ。冬のキャンプはもっとも過酷なシーズンであり、経験不足と準備不足が懸念される初心者にはハードルが高く、最悪の場合、命の危険があることを覚えておこう。ここでは冬キャンプが初心者に向かない5つの理由を掲げ、その理由を語ってみたいと思う。極寒の冬キャンプ

 日本は四季を持つ自然豊かな国。春/夏/秋/冬と大きく分けて4つのシーズンに区切られ、そのなかでも冬はもっとも厳しい自然環境へと変貌する。空気が澄み、冠雪した山々を見渡す風景は美しいものだが、キャンプ初心者にとって冬のキャンプは「寒さ」との戦いになる。疎かな防寒対策や冬ならではのキャンプ道具の使い方を誤れば、そこには「楽しさ」などは存在せず、厳しい修行のような時間を強いられてしまうのだ。

冬キャンプをオススメしない理由01:防寒対策のために必要な衣類が増える季節

 冬キャンプは寒さとの戦いであり、快適なキャンプを行うためには防寒対策は欠かせない。日々の生活を送る都市部とは異なり、キャンプ場は気温の寒暖差が大きいため、行動するためにはダウンジャケットなどの防寒着やヒートテックなどの冬用アンダーウエア、厚手の靴下などの衣類が必要になる。防寒した女の子

 通常のワークブーツやトレッキングシューズでは寒さに対応できず、スノーブーツが必要になる場合もあり、さらにはグローブや帽子、ネックウォーマーなども欠かせない。冬キャンプは防寒着を揃えるだけでも大きな出費が強いられるということだ。スノーブーツ

 また、過酷な冬キャンプではファストファッションの量販店で売られている防寒着は氷点下での使用に耐えることはできないものも多く、アウトドアで性能を発揮してくれるアイテムは決して安価ではない。もちろん、就寝時に使用するシュラフも限界使用温度/快適使用温度の表示を確認し、冬キャンプに対応できるものを用意しなければならない。

冬キャンプをオススメしない理由02:日照時間の短い冬は準備に時間がかかる

 キャンプでもっとも苦労するのがテントサイトの設営だ。地面を慣らしテントやタープを組み立てるのは初心者にとって簡単な作業ではない。とくに冬のキャンプは日照時間が短いこともあり、昼過ぎにキャンプ場に到着するようなスケジュールでは、アッという間に日没を迎え、暗くて寒い状況で設営をすることになる。テント設営

 昼間がもっとも短いとされる冬至では日の出から日の入りまでの時間は10時間にも満たず、この短い時間でキャンプサイトの設営を行うには経験が必要だ。日照時間の短い冬シーズンは設計図を見ながらテントを組み立てるようなキャンプ初心者には向いていない季節なのだ。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS