いつも使うワケじゃないけど「あって助かった」な場面は必ずくる! 車載しておきたいキャンプのお助け小道具9選 (1/3ページ)

noteで書く
いつも使うワケじゃないけど「あって助かった」な場面は必ずくる! 車載しておきたいキャンプのお助け小道具9選

この記事をまとめると

  • 最悪キャンプができないこともある道具の積み忘れ問題
  • 積み忘れ対策としてつねに車載しておきたいアイテム10選
  • 万一のトラブル対策にも使えるアイテムも常備しておきたい

クルマに積んでおきたいキャンプで困ったときのお助けギア9選

 今回は「オートキャンプで持ってて良かったお助けギア」にスポットを当ててみようと思う。バックパックを背負ったソロキャンでは荷物を最小限にすることが求められるが、クルマという文明の利器を使ったオートキャンプの場合、「もしものとき」に役立つギアを搭載しておく用意周到さが鍵になる。荷物が多くなるというデメリットを差し引いても、万が一の時に味方になってくれる安心感は大きいはずだ。

アウトドアで車載して助かったアイテム01:
「ガムテープ(布テープ)」

 なかなかレアケースではあるが、テントやタープ、雨具の補修にも重宝するガムテープは必携アイテムとして車載しておこう。軽く丸めれば焚き火の着火剤にもなり、持ちづらい薪をまとめることもできる。骨折などのケガをしたときには、添え木を固定する包帯代わりとして使える万能選手だ。車載しておくのは勿論だが、持ち歩く場合にはガムテープの芯を抜き、平らにすることで携帯性がアップすることを覚えておこう。

【関連記事】最強の「仕事グルマ」は最良の「遊びクルマ」! 現行「ハイエース」がアウトドア好きに愛される5つの理由

ガムテープ画像はこちら

アウトドアで車載して助かったアイテム02:
「携帯トイレ/簡易トイレ」

 大型連休や行楽シーズンにオートキャンプを楽しむ場合、行き帰りの渋滞に巻き込まれるのは当たり前。高速道路で渋滞に巻き込まれ、次のPAやSAに辿り着けずにトイレが心配になった経験を持つ人も多いはず。とくに子どもを連れたファミリーキャンプの場合には「トイレを我慢できない」という緊急事態を想定し、携帯トイレや簡易トイレを車載しておくことをおすすめする。使用しないで済んだ場合には、防災時の備えとしても役立つので用意しておいても損はないはずだ。簡易トイレ画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー