アウトドア好きだけど「整理下手」「片付けられない」! だったら「隠し収納」が際立つクルマ6台がオススメ (1/2ページ)

noteで書く
アウトドア好きだけど「整理下手」「片付けられない」! だったら「隠し収納」が際立つクルマ6台がオススメ

この記事をまとめると

  • アウトドアを楽しむために出かけると意外と荷物が増える
  • ラゲッジなどに隠しスペースが充実したモデルがオススメ
  • SUVやミニバンを中心に収納スペースがたっぷりのモデルを紹介

後付け不要なほど収納がたっぷりなモデルがある!

 アウトドアに出かけるためのクルマは、もちろん走破性やラゲッジルームの容量にこだわりたいところだが、もし、車内で仮眠や車中泊ということになれば、車内のベッド化によって、身の回りの荷物やアウトドアグッズの置き場に困ることがある。ここではそんな場面にも対応できる、アウトドアギアなどをガツンと積める、アイデア満載のサブ収納を持つ国内外のクルマ、いやアウトドアカーを紹介したい。

トヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキー

 まず、身近なところでは、トヨタ・ライズ、ダイハツ・ロッキーの兄弟コンパクトSUVである。ラゲッジスペースは開口部地上高700mm、フロア奥行き755mm、フロア幅1000mm、最大天井高865mm(最小は740mm)と、コンパクトクラスとしては十分すぎる容量、荷物の積載力を持つ。

【関連記事】イマドキのキャンプなんてセダンでも行ける……と思ったが「やっぱりSUVでよかった」と感じたエピソード3つ

ロッキー&ライズ画像はこちら

 そのラゲッジルームのフロア下にも、ドーンと深い80Lもの(ガソリン2WD。HVは63L、4WDは42L)サブトランクスペースを持っている。アウトドアギアの一部をすっきりと、外から見えないところに収納できるというわけだ。

ライズのサブトランク画像はこちら

スズキ・ソリオ

 国産コンパクトカーのなかでも室内空間の広さ、ラゲッジルームの使い勝手の良さ、そしてアウトドアへのロングドライブにも適する走りの良さ、乗り心地、快適感でお薦めできるのが、意外かもしれないがスズキ・ソリオだ。

スズキ・ソリオの外観画像はこちら

 後席の広さ、車中泊にも対応できるシートアレンジ性、機内持ち込みサイズのキャリーバッグを定員ぶんの5個積めるラゲッジスペースの容量もさることながら、その床下にも機内持ち込みサイズのキャリーケース1個がすっぽり入るサブトランクを備えているのだ。アウトドア感は薄いクルマのキャラクターだが、「旅行」という観点からはかなり使えるコンパクトカーと断言できる。

ソリオのサブトランク画像はこちら

ルノー・カングー

 一方、輸入車にも日本車真っ青な使い勝手の良さ、サブ収納を持つクルマがある。例えばルノー・カングー。その現行型の横開きドアを持つラゲッジルームは、思い荷物の出し入れ性にかかわる開口部地上高が545mm(段差なし)、フロア奥行き780mm、フロア幅1165mm、天井高1230mmと、本国ではおもに働くクルマ、商用車として使われているだけに、ラゲッジルームの使い勝手や容量はプロ級である。

カングーの外観画像はこちら

 しかも、室内の天井部分にはオーバーヘッドコンソールと3連式オーバーヘッドボックスが備わり、室内高の高さを有効利用できる。ちょっとしたアウトドアグッズ、身の回り品をスッキリと収納できて超便利。オシャレ感とアウトドア感を見事にミックスした希少な輸入車と言っていい。

カングーの収納画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー