「サスペンション」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

独スプリングメーカー「Eibach」 新型BMW 3シリーズ用プロキット & スポーツライン発売

好みに合わせて選べるローダウンスプリング 阿部商会は、ドイツのスプリングメーカー「Eibach」(以下:アイバッハ)のBMW新型3シリーズ (G20型)用「プロキット」および「スポーツライン」を5月中旬より発売すると発表...

続きを読む...

トヨタのGAZOOってなに? 名前の由来とGRのラインアップに迫ってみた

自動車メーカー直系のチューニングカー 最近のトヨタはGR、GRMNといったスポーツシリーズを次々に投入してきているが、ブランドにどんな意味があるのか知っているのだろうか。今回は名称について簡単に整理してみたいと思う。 そ...

続きを読む...

クルマの車高を下げるドレスアップ術「ローダウンのメリットとデメリット」

過度な車高ダウンはデメリットを生む 愛車をカスタマイズしようとしたときに多くの人が思いつくのが、車両の車高を低くするローダウンだろう。ボディタイプにもよるが、多くのクルマのイメージスケッチはタイヤとボディの隙間が少なく…

続きを読む...

クルマの走りが変わる魔法の棒? ストラットタワーバーの持つ効果とは

車体のネジレを抑制し、ボディ剛性をアップ お手軽なチューニングパーツとして知られるストラットタワーバー。低コストでクルマのボディ剛性を高められ、かつ体感しやすいと言われるパーツの代表格だ。今昔も変わらず人気なのだが、そ…

続きを読む...

車体がフワフワしたら疑うべき? サスペンションのダンパーが抜ける原因と症状とは

クルマを安定させる減衰力を発揮できない 自動車に使われる「ダンパー」の仕事は大きく分けて二つある。ひとつは凸凹を通過したあと、いつまでも伸び縮みを繰り返そうとするスプリングの力を、オイルの抵抗力でそのエネルギーを吸収す…

続きを読む...

悪路もガンガン行ける!オフロードテイストを高めたジムニードレスアップ10選

大阪オートメッセ2019の注目デモカーに接近!ライトなリフトアップがトレンドに?「大阪オートメッセ2019」では、スズキ新型ジムニー(以下:JB64W )&ジムニーシエラ(同:JB74W)のカスタマイズデモカーが多く展示...

続きを読む...

筑波1分2秒台の激速マシン! ブリッツのシビック・タイプRは街中でも乗りやすい

ECU&吸排気チューンで360psを発生、チューニングメーカーの巧みな調律とは7代目となるホンダ シビック・タイプR(FK8)をチューニングパーツメーカーの「ブリッツ」がコーディネイト。吸排気系や足まわりのパーツ開発はほ...

続きを読む...

1 / 19123...10...»

ウィークリーランキング

  1. 令和で輝く90年代! 時が経っていい味がでてきたクルマ5選

    中古車相場上昇前に底値で手に入れたい  クルマも女房も若い年式の方がい...

  2. クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

    40代〜50代にとっては懐かしいはず? いまや見かけなくなった絶滅危惧...

  3. 信号待ちで「ライト消灯」はマナーではなくルール違反

    夜間は常時ヘッドライト点灯! 消しているほうが危険だ 信号待ちの際、...

  4. クルマ好きなら1度は読んだ「人気漫画の主人公が乗っていたクルマ6選」

    実社会にまで影響を与えた古き良きスポーツモデル 「三つ子の魂百まで」と...

  5. 大型トラックが追い越し車線をチンタラ走る理由とは

    トラックの速度超過による死亡事故が多発 平成15年より90km/hリミ...

  6. 消えたライバル!スズキ・ジムニーだけが生き残れた理由

    悪条件でも走りきれる絶対的な走破性  2018年7月、じつに20年ぶり...

  7. 予算100万円以下! いま乗るべき「90年代のスポーツカー」5選

    中高年、若者にも乗って欲しい「マニュアルミッション」 これから狙い目な...

  8. セリカLBやサバンナRX-3! クルマ好きを熱くさせた昭和を代表する国産スポーツカー3選

    70年代のヒーロートリオ  幕張メッセで4月7日(日曜日)まで開催され...

  9. 50万円以下で買える!走りが楽しいモータースポーツベース車両8選

    ドラテク磨きやモータスポーツ入門にオススメ  スポーツカー市場に冬の時...

  10. 100円からできる愛車リフレッシュ!「ヒューズ」交換で電通改善するメリットとは

    電子部品の作動や調子を左右する  平成以降のガソリン車やディーゼル車は...