「FOOT WORK>スポーツ」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

クルマのフロア下中央に装着するだけで剛性アップする「CPMロワレインフォースメント」

ドイツ車で鍛えあげたノウハウをトヨタ86&スバルBRZ用に投入ボディ中央下部に装着する、大きなベルトのバックルのような形状のパーツ。これがCPMロワレインフォースである。クルマのボディ下前後に装着して補強パーツは、比較的...

続きを読む...

整備不良で捕まらない「正しい車高ダウンの基準とは」

1995年の規制緩和でサス交換が認可申請なしで車高を変更できるようになった合法的な車高は最低地上高が90mm。しかし、この高さはどの部分を測定した数字なのか?じつはバンパーや足まわりの可動するロアアームなどは、この数値を...

続きを読む...

【LSD】クルマの走りを激変させる駆動系セッティングの重要ポイント

ワイルド&シャープに愛車の動きを激変させるL.S.Dの基本的働きは以前紹介した。今回はそこから一歩踏み込んでL.S.D(リミテッド・スリップ・デフ)の選び方やセッティング方法をリポート。セッティングによって変化するL.S...

続きを読む...

車高調の基礎知識「全長調整、減衰力、バネレートってなに?」

用語を知っておけば選び方も変わる!車高調に関する7つの基本をおさらい「車高調」は、乗り心地重視の街乗り仕様からサーキットスペックまで、豊富なバリエーションで販売されている。カスタマイズ派や走りにこだわる人にとっては欠かせ…

続きを読む...

SUBARUマニア格付け検定対策「”サ行”で始まるスバル用語辞典Vol.4」

スペックB、スマートパス、スポーツシフト…、機能から車名までSUBARUに関するマメ知識 好評な「SUBARU用語」。今回は「サ」行から始まる用語をズラリと並べてみた。機能的なことから懐かしのスバル360まで知...

続きを読む...

コーナーをスムーズに曲がれるようになる「LSD」ってなんだ?

LSD(リミテッド・スリップ・デフ)は駆動差を抑制してパワーを路面に伝達スポーツ走行には欠かすことができないLSD。なぜ不可欠なのかといったら、よりクルマが曲がるようになるからだ。しかし、なぜ曲がるようになるのか? LS...

続きを読む...

サーキット走行における「上手なブレーキング術とは?」

ブレーキングは目的に応じて3つに別れるサーキットでスポーツ走行を行う上で最も重要なポイントとなるのがブレーキング。ドライビングテクニックの差はこのブレーキの使い方が特に大きく影響する。そこで、今回はこのブレーキングにつ…

続きを読む...

1 / 9123...»

ウィークリーランキング

  1. FC3S型 RX-7の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    日本を代表するスポーツカーに昇華したRX-7。 SA22Cの後継、FC...

  2. 日産スカイラインGT-Rが蝕まれていく恐怖「過走行トラブルと劣化のポイント」

    貴重な愛車と向き合うための秘訣とは? 20万km/...

  3. 大切なホイールをガード!! 複雑な造形に対応する「スプレー式プロテクションフィルム」

    ボディコーティング&内装リペアのプロが施工、 複雑な曲面のホイールやボ...

  4. 「チームタイサン」がスカイラインGT-Rなど往年の名マシンをオークションに出展

    鈴鹿サーキットでオークションを開催 マニア垂涎のパーツやグッズも出展さ...

  5. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

    長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

  6. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  7. 【歴代ジムニー大全・2代目編】18年間の積み重ねで乗用車としての質を向上させた

    オンロード性能を両立させてファンを獲得、 2代目は快適性が大きくアップ...

  8. 【歴代ジムニー大全・3代目 JB23編】大ヒットとなった新規格のロングセラーモデル

    軽自動車規格の改定に伴ってモデルチェンジ、 ボディと室内の寸法が大きく...

  9. 車中泊と仮眠は大違い!道の駅やSA/PAに宿泊する無法者が増殖中

    駐車できるスペースならばどこでもOK?? 意外と知らていないタブーな場...

  10. FD3S型 RX-7 & RX-8の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    パワーよりもハンドリングにこだわった マツダのピュアスポーツモデルへ ...