『HIACE style』

月払いサービスでおトクに買いましょう! 750円で手に入る!! 次号を予約すると50%OFF 購読キャンペーン実施中

リフトアップでハイエース人気が浮上? 注目度と実用性を両立するアゲSTYLE

イケてるアゲ系ハイエースから攻略ポイントを総チェック!!最近よく耳にする“アゲ系”や“ちょい上げ”といったスタイル。実用性もあって目立つと、気になっている人も多いハズ。そこでトヨタ・ハイエースの『アゲスタイル』をクローズ...

続きを読む...

こだわりの足回りを追求するショップが作った、3台のハイエース

ローフォルムにこだわるオーナーカー拝見定番のローダウンにくわえ、ハイドロリスクサスペンションにもこだわりを持つショップ、「DRスタイル」。そこに集まるトヨタ・ハイエースのオーナーも、ツワモノ揃い。低さを求めてカスタムした.…

続きを読む...

ハイエースの車高を瞬時に変えられる「エアサスペンション」に新ブランド登場

ハイドロに勝るとも劣らない上下幅と乗り心地の良さをボルトオンで完成させるトヨタ・ハイエースでスタイリッシュなカスタマイズを目指したり、カスタムしたハイエースを仕事でも使いたいというオーナーにとって、車高を瞬時に変えられ…

続きを読む...

ハイエースで見た目のカッコよさで勝負できる、お手軽なブレーキキット

装着時のビジュアルを重点的に開発、キャリパーカバーからのステップアップに!重量のあるトヨタ・ハイエースの場合、純正ブレーキではどうしても性能不足。 そのため、大径ブレーキ化となれば性能重視となるのだが、今回紹介する「41...

続きを読む...

待望の新作発売!ハイエースリアドラムブレーキ用キャリパー登場!【大阪オートメッセ2018】

え? リアドラム用の赤ブレーキキャリパー!?これ、長年のリクエストに応える、ハイエース乗り必見ネタ! ブレーキキャリパーカバーといえば、ドレスアップ派に愛好者が多いテクニックのひとつ。ホイールの隙間から奥に覗く...

続きを読む...

『415コブラ』怒涛の新作ラッシュ。ハイエースカスタムでは目が離せない!【大阪オートメッセ2018】

415コブラから“ブレーキパーツ”を始め、新型パーツが続々登場!「大阪オートメッセ2018」に出展しているエアロパーツやホイールなど、ハイエース用のドレスアップパーツで人気の「415コブラ」。その「415コブラ」から、4...

続きを読む...

ハイドロ&エアサスのハイブリッド仕様でハイエースの車高を自在にコントロール

スタイリッシュなフォルムはもちろん安心して使える足回りの秀作トヨタ・ハイエースに強い実力店「キッツレーシング」が提案する新サスキットは、仕事現場に難なく行ける実用性と、上げたい時に上げ、下げたい時に下げられる利便性を両…

続きを読む...

見た目も性能もグレイトだぜ!ハイエースのディスクブレーキ化に挑戦!!

ハイエースの貧弱なリアドラムブレーキが4ポット&6ポットの高性能ブレーキに変身荷物を積んだり、室内を豪華にコンプリートすると車重が大きく影響し、ブレーキの効きが悪くなるトヨタ・ハイエース。場合によっては貧弱な純正ブレーキ.…

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 日産スカイラインGT-Rが蝕まれていく恐怖「過走行トラブルと劣化のポイント」

    貴重な愛車と向き合うための秘訣とは? 20万km/...

  2. 大切なホイールをガード!! 複雑な造形に対応する「スプレー式プロテクションフィルム」

    ボディコーティング&内装リペアのプロが施工、 複雑な曲面のホイールやボ...

  3. 90年代の国産スポーツカーがアメリカで大ブームな理由

    90年代のジャパニーズスポーツが 全米最大のカスタムカーショーを席巻!...

  4. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

    長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

  5. 「チームタイサン」がスカイラインGT-Rなど往年の名マシンをオークションに出展

    鈴鹿サーキットでオークションを開催 マニア垂涎のパーツやグッズも出展さ...

  6. 【歴代ジムニー大全・3代目 JB23編】大ヒットとなった新規格のロングセラーモデル

    軽自動車規格の改定に伴ってモデルチェンジ、 ボディと室内の寸法が大きく...

  7. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  8. トヨタの高級セダン「初代セルシオ」が80万円以下で買える【旧車セダン購入ガイド】

    発表された29年前の新車価格は約670万円! 欧米でブレイクした日本が...

  9. キャンプライフを「家電と日常品」で快適度アップ!

    家庭と同じ100VのACコンセントを配置した「電源サイト」を用意している...

  10. 【歴代ジムニー大全・2代目編】18年間の積み重ねで乗用車としての質を向上させた

    オンロード性能を両立させてファンを獲得、 2代目は快適性が大きくアップ...