クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

2CV(2CV) 記事一覧

どうしてシトロエン「2CV」が2400万円も…!? エンジンを前後に2基搭載した「サハラ」は695台しか生産されなかった超レアモデルでした

2024年5月10日、RMサザビーズがモナコで開催したオークションにシトロエン「2CVサハラ」が出品されました。ファーストオーナーは医師で、レンジローバーに乗り換える1980年代まで、あらゆる天候であってもこのサハラを愛用し続けた履歴が残っています。走行距離は約4万kmと少ないのも魅力的です。

シトロエン「2CV」を引き継いで8年。シフトレバーが抜けてもなんとかなると笑うプロカメラマンが狙うのは「純正ルーフキャリア」

2023年10月に車山高原で初開催となったフランス車のイベント「アロンフランセ車山」では、生誕75周年を迎えたシトロエン2CVがフィーチャーされました。今回は、1988年式のフランス本国生産最後の2CVのオーナーを紹介します。

車名の「A110」「X1/9」「XYVYX」は何と呼ぶ? 今日から使える車名の読み方をお教えします

クルマの名前=車名もいろいろな呼び方があり、わかりづらいクルマもいくつか存在します。クルマ談義をした時にうっかり「あれ?」と思われる場合もあるかもしれません。今回は今日から使える通な呼び方をあらためておさらいします。

シトロエン「2CV」にエンジンを2基搭載した「サハラ」とは? 駆動方式はFFとRRを足した4WD!?

シトロエン「2CV」といえば多くの人に知られているフランスの国民車。FF車の2CVですが、少数ながら前後にエンジンを搭載した4WDモデル「サハラ」が存在したのをご存知でしょうか。2023年4月の「コッパディ小海2023」に参加したレポートをお届けします。

シトロエン「2CV」を7台も所有! 「シングルナンバー」の「2CV」が現オーナーの元にやってきた理由とは

2023年2月に行われた「CCJ(シトロエンクラブジャポン)関東地区新春ミーティング」。かわいい「2CV」の豪華仕様「AZAM」のシングルナンバー車と、2CVの商用バン仕様「フルゴネット」の2台で参加したオーナーに2CVの魅力を聞いてみました。

シトロエン「2CV」から乗り換えた「アミ8」の魅力とは? フランス小型大衆車を乗り続ける理由をオーナーに聞きました

2023年2月19日に埼玉県で行われた「CCJ(シトロエンクラブジャポン)関東地区新春ミーティング」。シトロエン車が新旧合わせて80台以上も集まったなか、たった1台だけの希少なコンパクトカー「アミ8」のオーナーに直撃してみました。

かわいい旧車「2CV」から最新EV「E-C4」まで80台以上が集合! シトロエンの集会はゆるくて自由な雰囲気でした

2023年2月19日(日)に埼玉県行田市にある古代蓮の里公園で行われた「CCJ(シトロエンクラブジャポン)関東地区新春ミーティング」は、クラブ会員のみならずシトロエンのオーナーなら誰でも参加OKなイベント。会場のシトロエン車を見てきました。

レトロ風「顔面変更」が欧州で流行!? シトロエン「ベルランゴ」の「2CV」顔をパリサロンで直撃してきました

2022年秋口から話題になっていた、シトロエン「ベルランゴ」の「2CVフルゴネット」風コンバージョン。プロデュースしたのはイタリアの「カセラーニ」社で、シトロエン本社が公認ライセンシーを与えています。パリサロンの会場で直撃してきました。

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS