「ソアラ」の記事一覧 - 2ページ目

「ソアラ」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

一世を風靡した「女子大生ホイホイ」! 昭和最強のデートカー「ソアラ」は何が凄かったのか

カタログで振り返る最新鋭スペシャリティカー バブル前夜、まるで時代を象徴するかのような高級クーペ、ソアラは誕生した。女子が助手席に乗りたがり、男子はその近未来的な最新機能に憧れた。クラウンの高級感とは違い「2ドアでなんか…

続きを読む...

火花が散るほどの「ド車高短」! ヤンチャ過ぎた「ドリフト黎明期」を振り返る

いかに白煙を演出するかが当時の基本 わざわざリヤを滑らせて、タイヤの出す白煙と角度と速さで競い合う。今でこそFIA競技にもなった「ドリフト」は、もともとストリートで生まれた「お遊び」だった。S13シルビアに180SX、マ...

続きを読む...

当時「女子大生」いま「旧車フリーク」に大人気! バブルの申し子「20ソアラ」が価格高騰中

ますます値上がり傾向にある高級2ドアクーペ、買うなら今!? 先進的な技術を数多く投入し、高級感を全面に押し出したトヨタの2ドアクーペと言えばソアラ。1981年にデビューし、2005年に日本国内でレクサスディーラーの開業に...

続きを読む...

バブル期「最強」のデートカー! 4代で消滅した「ソアラ」の華々しい歴史とは

日本を代表する「2ドア・ラグジュアリークーペ」 ミニバンや4ドアセダンが主流の現代において、実用性の希薄な2ドアクーペなんて愚の骨頂と思うかもしれない。でも、クルマ好きにとって高級2ドアクーペは憧れであり、所有することは...

続きを読む...

アラフォーが「クルマ好き」なのも納得! 80年代の「国産クーペ」が軒並みカッコ良すぎる

流麗なボディとパワフルなエンジンを併せ持った80年代のスポーツクーペ 強化された排気ガス規制への対応から“不遇”な1970年代を過ごしたクルマたちは、それが一段落した80年代に入ると、再びハイパワーを追求するようになりま...

続きを読む...

「ウソだろ? むかし数十万円で売っちゃった……」あまりの高騰ぶりに驚愕必至の国産旧車とその価格

この記事をまとめると スカイラインの人気車種は1000万円オーバーも! レパード、ソアラ、ランクル60も! ネオクラ世代も価格が高騰中 次に値上がりしそうな車種をあらかじめ狙っておきたい

続きを読む...

日産レパードの中古車が700万円! 新車時より価格が高くなった意外な国産車5選

スポーツカー以外も目立つ80〜90年代中古車の高騰 輸出需要も関連した国産スポーツモデルの中古車価の高騰が話題になっており、日産スカイラインGT-Rやトヨタ・スープラなどはその代表である。特に80〜90年代の「国産スポー...

続きを読む...

内装ワインレッド、外装ゴールド! 昭和の国産車がイケイケな色合いだったワケ

ハイソ時代は上質な色使いがモテた? 20世紀の後半まで、ホワイトはベーシックグレードの代表的なボディカラーだった。が、現在は高級ムードの演出に欠かせない”色”となっている。ホワイトといっても人気が...

続きを読む...

80年代のモテクルマ! 女子大生から支持されたハイソカーブームとは

スーパーホワイトが憧れのボディカラー ハイソカー。いまや死語となった自動車用語だが、50歳以上の方には懐かしい響きだろう。”ハイソ”とはハイソサエティの意味で、訳すと「上流階級」となる。現在で言う...

続きを読む...

昭和のナンパ師御用達!歴史に名を残すデートカー3選

今なお語り継がれるデートカー もはやモテるためにマストなアイテムではなくなりつつあるクルマ。しかし、昭和から平成初期まではクルマがないとナンパもままならないという時代だった。それどころか、オーナーがどういう人なのかより…

続きを読む...

2 / 3123