「タグ: ホイール」の記事一覧

ホイールの大径化は見た目だけ? 「インチアップのメリットとデメリット」

プラス面とマイナス面をどう捉えるべきか ドレスアップの第一歩として多くのユーザーが実施するホイールの交換。ここでキーワードとなるのが、インチアップだ。純正で16インチサイズのホイールを履くクルマに、17インチや18インチ...

続きを読む...

ホイール汚れの原因「頑固なブレーキダスト」の除去方法と予防策

鉄粉を放っておくのは危険行為 クルマ好きならば気になるのがホイールの汚れ。いくらボディをキレイにしてもホイールが汚いと全体のイメージは美しいと言えない。今回はキレイに保つ方法だけでなく、汚れの原因となる「ダスト」そのも…

続きを読む...

クルマの運動性能にも影響する? アルミホイール「鍛造と鋳造」の違いとは

コスト優先か、性能優先か アルミホイールには「鍛造」と「鋳造」という2つの製法がある。クルマ好きならばご存知かと思うけど、このふたつは具体的に何が違うんだろう。一般的には鍛造のほうが強度に優れるうえに軽量、つまり高性能と…

続きを読む...

独創性に富んだアルミホイール、似て非なるスポークとディッシュの新作2モデル

意外な関係性を持つグノーシスの新作2モデル!日本のホイールメーカー、WORKの「GNOSIS(グノーシス)」ブランドから、『CVX』と『CVD』という注目すべき2本のホイールが登場した。大まかに言うと、基本デザインは同一...

続きを読む...

ミニバン最強のブレーキ性能! 日産GT-R化されたエルグランドを披露

注目はオレンジのボディカラーはGT-R専用色 2月9日からインテックス大阪を会場に開催されている大阪オートメッセ2019。日産自動車のブースには、同社のイメージリーダーでもある電気自動車(EV)が中心に据えられている。 ...

続きを読む...

カローラスポーツがスポーティに変身! TOM`Sが提案するカスタムエアロ車両3台

若者が興味を引きそうなルックスで登場トヨタ車向けのアフターパーツの開発・販売を手掛け、セミワークスチームとしてモータースポーツでも活躍する「TOM’S(トムス)」は、「東京オートサロン2019」でカスタマイズ車両3台の展...

続きを読む...

カスタム効果はテキメン!! ホイールのリムをブラックに変えると風格は倍増しに

マルチピースだからこその注目アレンジ「ブラックリム」の効果は想像以上だったホイールメーカー「ウェッズ」は、ホイールを構成するリム部分をカラー変更できるオプションメニューを提案。千葉県・幕張で行なわれている「東京オートサ…

続きを読む...

アメリカ製鍛造ホイールでメルセデスGクラスのセレブ感をアップ!

繊細な形状と高品質を両立する鍛造ホイール アメリカのセレブの間で流行っているのが、高級車にアメリカ製のパーツを装着するドレスアップだ。 その文化・感覚を日本で展開しているのが香川県の「アビスオートブティック」。メルセデ…

続きを読む...

1 / 23123...1020...»

ウィークリーランキング

  1. 40万円で愛車がキャンピングカーに早変わり!! 車中泊も可能とする「ルーフテント」とは

    カンタン設置で極上の"車上泊"を楽しめる  ルーフテントは、愛車の屋根...

  2. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  3. プロが教える「車中泊が快適に生まれ変わるアイテム10選」

    キャンプや冬場に大活躍なアイテムも必見! 「車中泊が快適になるものだっ...

  4. 南極観測隊も使用した暖房器具「FFヒーター」で冬場の車中泊が快適に

    エンジン停止中でも使用OK!! 換気不要で後付けもできる  キャンピ...

  5. 実力はスペック以上!280馬力自主規制でパワーダウンを余儀なくされた国産車5選

    日本車だけ設定された上限280馬力の壁  日本のお役所、お役人は、何か...

  6. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  7. 国産長寿モデル4種!モデルチェンジしないで20年超

    昭和に誕生してから平成まで 基本スタイルを変えずに生産 2017年1...

  8. 90年代国産車が海外に流出! 高値で取り引きされるスポーツモデル4選

    北米輸出が加速する「25年ルール」  国外からの中古車の輸入が厳しく制...

  9. 「ATFは2万キロ毎の交換、過走行車はトラブルが多い」はホントなのか

    フルードの選び方もポイントとなる、 ATFに関する疑問のアレコレ い...

  10. 1200馬力の魔改造なフェラーリ! 日産GT-Rエンジン搭載で暴れ馬へと変貌

    高級グランツーリスモが右ハン仕様のドリフトマシンへ  大阪オートメッセ...