「ボンネット」の記事一覧

「ボンネット」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

カーボンはカスタム好きの必需品! レースでも当たり前となっている定番素材のメリット・デメリット

この記事をまとめると モータースポーツ業界では当たり前の素材「カーボン」 チューニングカー向けにも多くのパーツが用意されている カーボンパーツのメリット・デメリットなどを解説

続きを読む...

「オラオラ顔」整形が一世を風靡! 「バッドフェイス」が「ハイエース」オーナーにウケる理由

ハイエースの定番カスタム「バッドフェイス」とは何か? 2004年に5代目モデルとして200系ハイエースがデビューすると、これまでさまざまなカスタム手法が登場してきた。当初、100系からの名残であるビレッドグリルをインスト...

続きを読む...

1990年代の貧乏チューン! 若かりし頃の「走り屋スタイル」を振り返る

金がなかった故の苦心メニューも多数 クルマのチューニングが今のように一般的じゃなく、アウトローな雰囲気すら漂っていた1990年代。当時の走り屋には『お約束』だったカスタムやグッズを、昔を懐かしみつつ紹介したい。流行は繰り...

続きを読む...

発売前の日産R35型GT-R用カーボンフードを初公開! 直系ワークス「NISMO」ならではの作り込みに注目【大阪オートメッセ2020】

2.8kgの軽量化とダウンフォース効果を実現 2月14日(金)〜16日(日)までの3日間、インテックス大阪で開催されている『大阪オートメッセ2020』の会場で、発売前の日産R35型GT-R用「NISMOカーボンフード」を...

続きを読む...

高級車に採用されたボンネット上のフードマスコットはなぜ消えた?

エンジンの状態を図る機能パーツが進化した 第二次世界大戦より前に生産されたクルマには、ボンネットの先端に立体的なエンブレムが装着されている。これはフードマスコットとかフードクレストマークと呼ばれるものだ。自動車メーカー…

続きを読む...

空気抵抗が増えるのになぜ? スポーツカーのボンネットに穴が空いているワケ

ハイパワー車では冷却性能を確保する スポーツカーでは、ボンネット(フロントフード、エンジンフ―ド)に穴(ダクト)が設けられている印象が強い。現行モデルでいえば、スバルWRX STIは大きなインテークが設けられているのがア...

続きを読む...

格好だけじゃない! エアロパーツの装着するメリットとは

操作性の向上につながるクルマをドレスアップするときに、エアロパーツやホイールは欠かせないもの。なかでもエアロパーツは、エクステリアのイメージを変える重要なパーツで、「フロントスポイラー」「サイドスカート」「リアスポイラ…

続きを読む...

1 / 212